< div class="fb-quote">

キャベツ・レタスの定植2017年04月16日 18時04分

[キャベツ] ブログ村キーワード

*********** 庭の草花 ***********
 今日は初夏を通り越して真夏の暑さです。気温は25℃近くまで上がっていました。
 朝、チューリップが開きかけていました。この暑さで昼頃には花が全開になっていました。
画像1(チューリップ)

 ハナニラとムスリカも、次々と咲いています。花壇の手前にハナニラ、ムスリカ、奥には水仙、チューリップ、背景にユキヤナギと賑やかです。
画像2(ハナニラとムスリカ)

 花桃も全開です。
 富士吉田のソメイヨシノが満開になったようです。
 平地では葉桜になっているようですね。東京で桜が散る頃に、我が家のあたりで満開になり、開花前線が次第に高地へ移っています。月末には富士北麓の”中の茶屋”付近のフジザクラが満開になるのではないでしょうか。
画像3(花桃)

*********** 半日陰に植えてあるタイツリソウ ***********
 私のブログをご覧頂いている方がタイツリソウを見て、育てることになったとおっしゃっていました。タイツリソウの栽培方法を知りたいとのことなので、参考になるか分かりませんが、我が家のタイツリソウについて紹介させていただきます。
 タイツリソウは多年草で、春から夏にかけて花が咲きます。冬になると地表から消えてしまいますが、翌年春先になると芽が伸びてきます。比較的寒さに強く、我が家では地植えにしています。
 植えてある場所は、家の東側の花壇で、ハナミズキの木の根元です。(下の画像上側の丸印、下側の矢印)ハナミズキの右側に50センチくらいの高さのバラ、ハナミズキの根元には菊を植えています。左側の緑の葉の中に赤く見えているのは木瓜の花です。木瓜の東隣(画像では上)に柚の木や山椒の木がありますが、タイツリソウの日よけにはなっていません。夏場はハナミズキやバラが日陰を作ってくれています。
 朝日が当たり、昼前頃まで陽が当たっていて、その後は日陰になっています。冬の寒さで土が凍ることもあるので籾殻を敷いています。同じ花壇の北側に福寿草を植えていて、冬の寒さで土が凍っても春先には芽が出てくるので、タイツリソウも少々土が凍っても大丈夫ではないかと思っています。
画像4(タイツリソウ)

*********** 土筆、ヨモギ ***********
 家裏の土手に土筆がいっぱい出ていました。家や畑の周辺はスギナが多く、スギナ取りが大変です。
 子供の頃、土筆を取ってきてフライパンで煎って食べた記憶があります。山梨では土筆を食べる習慣がないのか、誰も土筆を取ろうとしません。山梨生まれの山梨育ちである家内も食べたことがないようです。土筆を食べるのは関西だけなんでしょうか?
画像5(土筆)

 畑で作業をしていたら、家内がやって来て、畑の北側の空き地でヨモギを摘み始めました。線路側の三角形をした私有地で、以前は畑になっていましたが、現在は草が生い茂っています。スギナも多く、ここから我が家の畑の方へスギナの地茎が伸びてきます。
画像6(ヨモギ摘み)

 一足先にヨモギを摘んで家に戻った家内が、摘んできたヨモギでよもぎ餅を作り始めました。
画像7(ヨモギ餅)

 数日前、冷凍庫に保存してあった昨年のヨモギを捨てました。ヨモギで虫除けの液を作ろうかと考えたのですが、冷凍のヨモギはあく抜きをしてあったので、虫除けの効果がないだろうと思って、捨ててしまいました。
画像8(冷凍してあったヨモギ)

*********** キュウリ・レタスの定植 ***********
 今日のメイン作業は、キャベツとレタスの定植です。
 ポリポットに種を蒔いて室内で育てていた苗です。
画像9(キャベツとレタスの苗)

 先日作った40cm幅の畝に植えることにしました。畝の長さが約9mで、40センチ間隔でマルチに穴を空け、穴に水を入れました。
画像10(40cm間隔の穴開けと水入れ)

 穴の数は全部で24個になったので、キャベツを13苗、レタスを11苗植えることにしました。
画像11(穴に横に並べたポット苗)

 キャベツの根がポリポットの底に回っています。本葉が2枚ほど出ているだけで小さな苗ですが、根回りがしっかりしているようです。
画像12(キャベツの根回り)

 気温が高く、風が強く吹いていました。植え付け作業には快適な陽気ですが、植え付けた苗が風であおられています。
画像13(キャベツ・レタスの定植)

 一昨年まで、キャベツとレタスを交互に植えていました。モンシロチョウがキャベツにやってくるのを防ぐためです。モンシロチョウはキャベツの葉とレタスの葉の見分けが出来るようで、交互に植えてカモフラージュしても、あまり効果がありませんでした。昨年から同じ畝に植えることに変わりはありませんが、交互に植えないでキャベツを13本続けて植えた後、畝の半分にレタスを11本植えるようにしました。モンシロチョウがやってくるのは植え方で変わらないことが分かったので、虫除けネットのトンネルを作って防いでいます。ネットのトンネルは風よけにもなっています。
画像14(キャベツ・レタスの風・虫除けのネット)

*********** ハーブの定植 ***********
 今年は新たにハーブを3種(コリアンダー、ルッコラ、コーンサラダ)栽培することにしました。ポットに種を蒔いて室内で育ててきました。ハーブは野菜との混植で虫除けや成長の促進などが目的で、ハーブそのものを食べることを目的としていません。
画像15(ハーブ3種のポット苗)

 ルッコラはエンドウなどの豆科の野菜と一緒に植えると、互いに成長を促進するそうです。スナップエンドウとそら豆を植えている畝にルッコラを植えました。
画像16(ルッコラとスナップエンドウ)

 コリアンダーはトマトを植え付ける畝の端に植えました。コリアンダーは移植を嫌うため、根が崩れないようにポットから出して植えています。
画像17(コリアンダー)

 コーンサラダと相性の良い野菜が何なのか知りません。2ポットあったのでネギ苗の横の空いているところに仮植えしておきました。
画像18(コーンサラダ)

 マリーゴールドは、夏野菜を定植するときに種を蒔く予定ですが、ポットにも種を蒔いていたので、その苗を茄子の畝になるところに植えました。草丈の低いフレンチ・マリーゴールドです。
画像19(フレンチマリーゴールド)

 畑のあちこちにジャーマンカモミールが生えています。昨年咲いた花から種がこぼれて発芽しています。ジャーマンカモミールの種は極小で風に乗って広がって行きます。花の中央に黄色い蕊があってリンゴの香りがします。
画像23(ジャーマンカモミール)

*********** メークイン ***********
 ジャガイモのメークイーンは、ほぼ芽が出そろいました。同じ時に植え付けた北あかりとシンシアは、まだ、芽が出てきません。浴光催芽をして芽を出して植え付けたので、条件は同じはずですが...。
画像20(メークイン)

*********** キュウリの接ぎ木苗 ***********
 キュウリの呼び接ぎは、今年も成功率が30%弱で、3苗だけにりました。
画像21(キュウリの接ぎ木苗)

 穂木の茎は4,5日前に切断しています。穂木が萎れず、新たらしい葉が出て、茎も伸びています。接合箇所は、まだ、少し不安定で穂木が伸びると接合部が外れてしまいそうです。
画像22(キュウリの接ぎ木苗)

*********** 朝日新聞記事「日曜に想う」 ***********
 朝日新聞の朝刊2面に「日曜に想う」という記事が載っています。毎回、興味深く読んでします。
 チャップリンの映画「独裁者」のラストシーンでの台詞、
 ヒットラーが自殺直前に語ったという言葉
 ヒットラーの不気味な予言が日本だけでなく世界に現実味を帯びてきていますが、映画「独裁者」のラストシーンの演説のような世界になることを強く望んでいます。
画像24(朝日新聞「日曜に想う」)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-04-17 05:36

ykitaさん、おはようございます。富士みち方面も色とりどりの花で満開ですね。庭のチュウリップも一気に全開、いろいろな種類の花が植わってにぎやかですね。スギナは嫌いですが、土筆は?内の嫁さんは岐阜ですが、孫が小さいとき土筆を採ってきて、フライパンで食べたことがありました、味は?タイツリソウ やはり、半日陰ですか、一応、地植えにします、陰になる草木を考えます、画像などありがとうございました。キャベツの苗、ちょうど良く根が回っていますね。センターで買ってくる苗は根が茶色になって、まさに、老化苗にこれじゃ育たないです。ジャガイモ、芽が出たんですね、やはりマルチは早いかな?こちらも、昨日当たりから、ジャガイモ入れるところが多くなってきました。自分の所は、まだ入れていません。
キュウリの呼び接ぎ30%ですか、、、、、ykitaさん昨日、真似事しました、一本目、切ちゃった、、、2本目、切りすぎ、、、3本目、南瓜の切り目と、キュウリの切り目の合わせが見えない
いらいらして、クリップでとめたが自信がない、結局、普通に入れる苗が残り少なくなって、今回は止めにした。やはり、歳にはどうしようもない、指先が震えるや、老眼鏡でもダメです、疲れました。
ヒトラーの最後の言葉で人間が、この地球を壊すか、それとも、50億年後には、太陽が消滅してこの星が無くなるか、どちらが先か?ですね。

_ ykita ― 2017-04-17 18:19

くんぱんさん、こんにちは
 岐阜あたりでも土筆を食べということは、日本列島の西側に多いのかもしれませんね。長野、山梨あたりだと山菜の方がたくさんあって、また、美味しいので苦みと独特の味がある土筆を食べなくなったと云えそうですね。
 タイツリソウを植える場所で半日陰を作ることが出来ると思います。例えば、家の西側、東側だと、半日陽が当たっているだけなので木陰でなくても半日陰になりそうです。
 いつもキャベツ、レタスは種から苗作りをしています。ホームセンターで5本苗を買う値段で種が買えるので安上がりです。野菜作りのために堆肥や化成肥料、トンネルの支柱やネットなどを買っているため、結構高い野菜になってしまいます。店から野菜を買った方が安い場合もありますが、自分で育てた野菜だと安心して食べられることや子供や近所に差し上げて喜ばれるのが、野菜作りの良いところかと思っています。
 ジャガイモは先月末に植え付けをしたので、2週間あまりで発芽です。マルチで土が暖かいので芽が伸びるのが早いですね。芽が早く出ても遅霜の心配があるので、来月に入るまでは気が抜けません。
 キュウリの呼び接ぎは難しいですね。穂木の茎を切ってしまうと繋がらないようです。私は近眼なのでめがねを外して接ぎ木をしています。老眼鏡は焦点深度が浅いので焦点が合わせにくいのでしょうね。2本目、3本目が上手く行くとイイですね。3本中2本でも60%以上の成功率ですから。
 人間って、つくづく愚かな生き物だと思います。他の動物は、同じ種同士で争っても殺し合いにはなりませんが、人間は地球上に現れてから現在まで、戦争ばかりしてきたように思います。宇宙の誕生から現在までの長い時間の中で、地球上に人類が存在している時間はほんの一瞬ですね。やがては地球上から人類が消えてしまい、新たに高等な生物が地球上に現れるのか、その前に地球が無くなるのか、そんなことを考えると、なんとなく虚しくなってきます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック