< div class="fb-quote">

今朝8時の気温2.5℃2017年04月11日 15時44分

[パプリカ] ブログ村キーワード

*********** プリムラ ***********
 朝から雨が降り続いています。気温が上がらず、夕方になって冷え込んできました。このまま降り続けば雪に変わるかもしれません。
 プリムラが雨に打たれて花弁に傷がつきそうです。
 この花は毎年咲いています。昨年までプランターに植えていました。株が少しずつ小さくなっていたので昨年プラ鉢に植え替えました。このプラ鉢では小さすぎたようで、中央が盛り上がっています。
画像1(プリムラ)

画像2(プリムラ)

*********** 木瓜のつぼみ ***********
 地植えの木瓜のつぼみが膨らんできました。この木瓜は何年か前に家の裏の土手に捨てられていたのを拾ってきて植木鉢に植えました。園芸用で鉢植えにしてあったようです。根がカラカラに乾いていて、植えても根付くかどうか心配でしたが、元々地植えで育つ木なので、植えた翌年には花が咲くようになりました。最初の数年は鉢植えにしていましたが、鉢底から根が出てくるようになり、庭に下ろしました。
 観賞用の園芸品種で、一株から枝変わりした赤色と白色の花が咲きます。
 毎年、新しい枝が伸びてくるので、剪定して大きくならないようにしています。
画像3(木瓜のつぼみ)

画像4(木瓜のつぼみ)

*********** 芝生「高麗芝」と「西洋芝」 ***********
 芝生の中に雑草が目立ち始めました。芝が伸びてくる前に草取りをする方が取りやすいです。
 雑草に見間違えられやすいのが西洋芝です。我が家の芝生は高麗芝と西洋芝の両方を植えています。最初は高麗芝だけ張っていましたが、晩秋から冬の間、芝が枯れてしまうので、真冬でも青々した芝にしたいと思って、西洋芝の種を何度か蒔きました。
 西洋芝の品種は”ケンタッキーグリーングラス”です。高麗芝に比べると葉の幅があり、繊細さに欠けます。見た感じでは雑草のようです。真冬のグリーンを期待していましたが、寒くなりすぎると西洋芝も枯れてしまいます。
 下の画像で緑に見えるところが西洋芝です。
画像5(芝生)

*********** 接ぎ木したパプリカ ***********
 一週間前に接ぎ木をしたパプリカです。ピーマンより大きく、肉厚なものをパプリカと呼ぶようです。接ぎ木に使う台木はピーマンと同じベルホープで良いだろうと思います。
 ピーマンやシシトウ、パプリカは茎が固いので、茎が細くてもしっかり立っています。台木と穂木の切断面がぴったり合っていれば、ほぼ100%活着してくれます。
 パプリカは実が生って、緑、黄、赤の順で完熟し、収穫するまでに時間がかかります。家庭菜園を始めた頃、一度、パプリカを栽培したことがありますが、8月に実が生ってから、赤く色付くまでに2ヶ月近くかかりました。その間、害虫による被害にあったりして、収穫できたのは数個でした。
画像6(接ぎ木をしたパプリカ)

*********** キュウリの台木と穂木 ***********
 昨日、1本、キュウリの呼び接ぎをしました。今朝見ると台木の茎が伸びていたので、もう1本接ぎ木をすることにしました。穂木のキュウリの方は先月種を蒔いて育てている苗です。茎の太さを比べると、この時点でも台木の方が太いです。
画像7(キュウリの台木と穂木)

*********** 室内温室内の育苗中の苗 ***********
 育苗トレイは、接ぎ木をする前は5個ありましたが、接ぎ木後の現在は3個になりました。2階と1階を往復する回数が減っています。今日のように気温が低い場合は、1階へ運ばないで2階の温室内に置いています。畑に定植するまで、3週間を切りました。もう暫く、室内で世話をしなければなりません。
画像8(温室内の苗)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ