気温の上がり下がりが激しいです!!2017年04月10日 16時13分

[接ぎ木苗] ブログ村キーワード

*********** ユキヤナギと花桃 ***********
 昨日の春の陽気が嘘のような冷たい北風が吹いています。気温は昨日に比べると10度ほど低いです。 
画像1(ユキヤナギ)

 綾部から帰ってきた一昨日、花桃が咲き始めていました。日ごとに花の数が増えています。
画像2(花桃)

 先日草取りをした玉ねぎの脇からスギナが伸びていて気になっていますが、寒くて畑に出るのが億劫になっています。キャベツやレタスの植え付け準備もしなければと思いつつ、今日も戸外での活動は何もしませんでした。
画像3(花桃)

画像4(花桃)

*********** ポリポットに白いカビのようなものが... ***********
 ここ数日、ポリポットの土の表面に白いカビのようなものが現れてきました。
 トマトの苗の根元付近から茎の方へ広がって行きそうな気配です。
画像5(白カビのトマト苗)

 ピーマンも白いカビが土の表面を覆い尽くしています。
画6(白カビのピーマン苗)

 下の画像は茄子苗です。
 今年使用した種まき用の培養土は、昨年までと違うものでした。タキイの種まき培養土を毎年使っていましたが、値段が高いので一ランク安い、メーカー品でないものにしました。そのためかどうかは分かりませんが、培養土の表面やポリポットの内側に白いカビのようなものが発生しています。
 培養土が足りなくなって、再度購入したのはタキイの種まき培養土でした。これをキュウリの呼び接ぎの時に使いましたが、こちらの方は白いカビは発生していません。
画像7(白カビの茄子苗)

*********** ポット苗の植え替え ***********
 夏野菜の苗の植え付けまで3週間あるので、植え替えをすることにしました。野菜用の培養土(種まき用ではありません)を買ってきて、ポリポットも新しい物に変えて、植え直しました。
 トマトの接ぎ木苗は台木の茎が少し伸びていたので、植え直すときに少し土の中に入れて、地表から出ている部分を短くしておきました。台木の茎はまだ細く、弱々しい苗です。畑でもプランターでも使える培養土なので、今後3週間で根を張って丈夫な苗になってくれればと期待しています。
画像8(植え替えをしたトマト苗)

 植え替えをしたピーマンの苗です。根土を崩さないようにして植え替えていますが、根土の中にもカビの菌糸があるかもしれません。定植まで3週間なので、カビが現れるよりも根を張らせる方を優先したいと思います。
画像9(植え替えをしたピーマン苗)

 植え替えをした茄子苗です。
 茄子の挿し接ぎは、私にとっては成功率が高いです。台木と穂木の茎がある程度太ければ、挿し接ぎは簡単で失敗が少ないです。接ぎ木後の生育が悪いのは、接ぎ木によるダメージもありますが、培養土にカビが生えて養分が取られてしまうことにも原因があるのではと思っています。
画像10(植え替えをした茄子苗)

*********** 台木から脇芽が... ***********
 植え替えをしていて、茄子の台木から脇芽が伸びているのに気がつきました。この苗(下の画像左)の場合は、台木の葉が2枚出ていました。穂木の茎を切り落とさないように慎重に台木の脇茎を切断しました。
画像11(茄子苗)

*********** キュウリの呼び接ぎ再挑戦 ***********
 今月2日にキュウリの台木「黒だね南瓜」の種を3ポット蒔きました。播種後5日目あたりから発芽を始めていました。3ポットのうち、1ポットは子葉が大きくなり、胚軸も伸びてきたので、接ぎ木をしました。
 穂木の方のキュウリは先月種を蒔いた苗です。すでに本葉も何枚か出ています。台木と穂木の茎の太さが同じくらいになっているので、接ぎ木がしやすいと思います。
 台木の方を上から下に、穂木の方を下から上に、斜めに切れ込みを入れて合わせました。穂木のキュウリの切れ込みが深くなりすぎてグラグラして今に切断してしまいそうでしたが、強引に台木と合わせてクリップで固定しました。
画像12(キュウリの寄せ接ぎ)

 台木用の残りの2ポットは少し遅れています。数日後には接ぎ木が出来るようになると思います。キュウリの呼び接ぎは失敗続きで、何度も繰り返し挑戦しています。最終的には数本接ぎ木苗、残りは接ぎ木しない苗を定植する予定です。
画像13(キュウリの台木)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ