夏野菜の苗の成長2017年04月09日 16時50分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** ユキヤナギ ***********
 丸2日、家を空けている間に、草花や畑の野菜、夏野菜のポット苗など、一回り大きくなっています。毎日眺めていると気がつかないですが、花も野菜も、いつもと違って見えます。
 出かける前は、チラホラと咲いていたユキヤナギでしたが、今朝は多くの花が咲いていて、名前通りの雪のようです。
画像1(ユキヤナギ)

 現在咲いているのは南側に面したところだけで、北側は蕾の状態です。北側が咲くと電車からも眺めることが出来ます。
画像2(ユキヤナギ)

画像3(ユキヤナギ)

*********** ムスリカ ***********
 ムスカリも出かける前には咲いていませんでした。丈夫な草花で、どこにでも顔を出してきます。ムスカリとハナニラを同じ花壇に植えておくと、ムスカリの青紫とハナニラの白のコントラストがイイです。
画像14(ムスリカ)

*********** ポット苗の成長 ***********
 出かける前にたっぷり水やりをして、2階の室内温室の中に入れておきました。保温用の電気マットの電源は安全のためと土が乾きすぎないようにするため切っておきました。
 この2日間に、後から蒔いたキュウリ台木用の「黒だね南瓜」、「ユウガオ」が発芽していました。
 下の画像はカボチャと落花生のポット苗です。どちらも茎を伸ばし葉が大きくなっています。畑に定植出来るほどの大きな苗です。畑に出すには、まだ、外の気温が低いので無理です。もう少しポットの状態で世話をしなければなりません。
画像7(カボチャ・落花生)

 こちらはキュウリと茄子です。
 キュウリの呼び接ぎは4本残っていますが、まだ、不完全な状態です。穂木用の苗は何本かあるので、台木用の苗が出来上がれば、呼び接ぎの再挑戦をします。
 茄子の方は、挿し接ぎが上手くいっているようで、定植用の苗は十分確保出来ています。台木の本葉一枚を残して子葉の上で真横にカットして茎に穂木を差し込んだだけです。今日の段階では、穂木がしっかりと台木の茎に留まっていて、穂木に新しい葉が出てきています。同時に、台木の脇から新しい芽が伸びていたので切り落としておきました。、
画像8(キュウリ・茄子)

 トマトの接ぎ木も順調です。ただ、若干徒長気味なので、一回り大きなポットに植え替えをしておくつもりです。
画像9(トマト)

 今回の接ぎ木で最も成功率が高かったのがピーマンです。ピーマンだけでなくシシトウやパプリカも接ぎ木をしました。ピーマン類は接ぎ木をしなくても十分育つと聞いていますが、昨年、1株が青枯れ病に罹ってしまいました。細菌による病気で薬剤での根治が出来ないそうです。周りの株に広がらないようにするため根も一緒に取り除いてしまいます。接ぎ木をすることで苗自体が丈夫になり、病気に罹りにくくなるのではと思っています。
画像10(ピーマン・パプリカ・シシトウ)

 今年はハ-ブ類もポットで栽培しました。ルッコラ、コリアンダー、コーンサラダとマリーゴールドです。ハーブ類は低温でも育つと思うので、畑の隅に植え付けても良いのですが、夏野菜の植え付けが終わらなければ場所を決めることが出来ません。しばらくポットの状態で育て続けます。
画像11(ハーブ)

 朝一番の仕事は、育苗トレイを2階から1階のリビング前のサンルームに移動させることです。接ぎ木をしたので4往復で済みます。接ぎ木前は6往復でした。
 トレイを置いているすぐ隣で、我が家の老猫が寝ています。今日のような曇り空でも、部屋の中よりサンルームの中の方が暖かいです。老猫なのでポットの苗には興味を示しません。若い猫だとポット苗に悪戯すると思いますが、全く関心を示さないので、安心して置いています。
画像15(猫)

*********** 畑の野菜の成長 ***********
 畑の野菜も、この2日間で様変わりしていました。
 冬菜に蕾がつき始めています。寒さが続いた後、急激に気温が上がり、それが数日続いているのでトウ立ちを始めたようです。
画像5(冬菜)

 ツボミの付いた茎を収穫し、脇芽が出るようにしました。冬菜のトウ立ちが4月上旬に始まるのは珍しいです。
画像6(冬菜)

 玉ねぎの畝の端の空いていたところにニンニクを植えています。玉ねぎの植え付け後で時期が遅かったため葉が小さく高さもありません。我が家のあたりでは9月中旬から下旬頃にニンニクの植え付けをします。昨年は1ヶ月遅れの10月下旬に植え付けました。
画像12(ニンニク)

 今年になって種を蒔いた長ネギです。覆っていたビニールシートや新聞紙を外してあります。陽に当たるようになって苗が伸びてきました。
 ネギを種から収穫まで通して育てたことがないので、このあとどうすれば良いのか調べて見ます。
画像13(ネギ)

*********** ミニヒマワリ苗の移植 ***********
 ハーブの種を蒔いたときに、ミニヒマワリの種も蒔きました。早生のミニヒマワリと種袋に書いてありました。まだ子葉が出ているだけで本葉が見えませんが、ポットからプランターに移植しました。このまま戸外に置くのは心配なので、庭の温室の中に入れてました。もう少し暖かくなるのを待って、戸外に出します。
画像4(早生ミニヒマワリ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ