資材置き場づくり2017年02月16日 17時10分


*********** コンクリートの流し込み ***********
 気温が上がり、風もなく穏やかな日でした。
 中断していた畑の資材置き場づくりに取りかかりました。今日は石垣の側面にコンクリートを流し込む作業です。
 野菜屑置き場の隣で、野菜屑置き場の方は、以前、コンクリートを石垣に張り付けてあります。つなぎ目になるので、少し多めにコンクリートを入れました。
画像1(石垣の間にコンクリート)

 コンクリートは、既に砂、砂利、セメントが混ぜてあるインスタントセメントを使用しました。砂、砂利、セメントを混ぜる方が安く仕上がるかと思いますが、面倒なのでインスタントセメントにしました。水を入れるだけですが、混ぜ合わせるのには結構力が必要です。混ぜ方が雑だと、セメントが解けずにパサパサになってしまいます。
画像2(インスタントコンクリート)

 石垣の側面に生コンを入れた後、ブロックの隙間を埋めました。ブロックとブロックの間に単管を差し込んでいます。単管だけではグラグラするので隙間をコンクリートで埋めてグラつきをなくしました。
画像3(ブロックの隙間を埋める)

 石垣の側面、ブロックの隙間に使ったインスタントセメントは合計12袋、重さにすると275kgです。(25kg×7袋+20kg×5袋)
 一日経てば固まると思うので、明日は羽目板を外して生コンが十分に入っていない箇所などを直す予定です。
画像4(生コンの流し込み完了)

*********** 古いビデオのデジタル化 ***********
 子供のビデオをデジタル化して保存しています。
 デジタル化したファイルを再生してみると、テープやビデオデッキのヘッドの汚れやカビなどがあるためか、画像が乱れたり、画質が悪かったりしています。
 少しでも改善されるようにと、再びダビングを始めています。ダビングしながら、子育てをしていた頃を思い出して、仮面を見入ってしまい作業がなかなか進みません。
 私たち夫婦には3人の子供がいます。それぞれ独立し、親元を離れています。
 今日は長男の高校2年、3年のときのマリンバ発表会の演奏を紹介します。トリミングして上半身をカットしてあるので演奏の様子が分かりにくいかもしれません。
 長男は小学校に入学したとき、たまたま、担任になった先生が近所に住んでいて、自宅でマリンバを教えていました。小学校に上がる前、散歩に連れ出して先生の家から聞こえてくるマリンバの音色に興味があり、担任の先生だったこともあって、習い始めました。
 先生は、その後、教員を辞めて、自宅で音楽活動をされるようになりました。
 週に1回、先生のお宅に行って教わっていました。高校3年の夏まで、12年間、習っていました。高校生になってからは、通学で往復3時間近くかかっていましたが、マリンバの練習や先生のところへ行くのも欠かしたことはありません。
 マリンバを習いたいと言い始めたときに、「一旦、始めたら途中で嫌になって止めるということはダメだよ」と、私と約束していたので最後までやり通しました。次男も、末娘もマリンバを習いましたが、長男同様、どの子供も高校3年までやり通しました。
長男高校2年・マリンバ発表会 モンティ作曲「チャールダーシュ(csárdás )」

長男高校3年・マリンバ発表会 バッハ作曲「バイオリン協奏曲第一番イ短調第一楽章」



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック