ブログ「毎日が日曜日」内の検索

玉ねぎの追加移植2017年01月06日 16時32分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** 蘭 シンビジウム・オンシジウム ***********
 数年前、甲州市の蘭栽培農家から買ってきたシンビジウムです。毎年、数本花茎が伸びて花が咲きます。暮れあたりからつぼみが膨らみ始めました。
 シンビジウムは咲いている期間が1ヶ月以上あるので長く花を楽しむことが出来ます。花が終わった後は花茎を切り、春に植え替えをした後、夏の間庭木の下の半日陰になる場所に置いています。11月に入ると家の中の日当たりが良い窓際に置きます。特に管理をしなくても育ってくれます。
画像1(シンビジウム)

 オンシジウムも多くのつぼみを付けました。一般のオンシジウムと比べると花が小さいです。
画像2(オンシジウム)

 デンドロビウムの仲間のギンギアナムです。
 キンギアナムは最低気温が5~10℃の低温にさらされ、水が切れると花芽をつけます。我が家のあたりでは11月中旬から下旬にかけて最低気温が5~10℃になるので、室内に入れるのは11月末から12月上旬頃です。他のデンドロビウムも同じ頃室内に入れています。
画像3(ギンギアナム)

*********** 玉ねぎの移植 ***********
 玉ねぎの生育が良すぎるので、今年は防寒のためのビニールトンネルをしないことにしました。
画像4(玉ねぎ)

 その一方で、苗が枯れたり消えてしまった箇所が数十カ所あります。予備苗を移植しましたが、予備苗が足りなくなってしまいました。今年は600本の苗を植え付けてあるので、20~30本ダメでも十分な収穫になると思います。
画像5(玉ねぎ)

*********** ニンニクの防寒 ***********
 18箇所の内、半分の8箇所から芽が出ています。植えた時期が遅く、芽の伸び方が悪いです。少し暖めた方が良いのではないかと思って、ビニールトンネルにしてみました。
画像6(ニンニク)

*********** 冬菜の移植との防寒 ***********
 昨日に引き続き、冬菜の間引きと移植をしました。この時期の畑は収穫が終わった場所が空いているので、冬菜を植えることが出来ます。今日はほうれん草の種を蒔く予定だったところに冬菜を移植しました。日陰になりやすい場所なので、籾殻を敷き、ビニールトンネルにしました。
画像7(冬菜)

画像8(冬菜)

*********** 自転車用ヘルメット ***********
 自転車用のヘルメットを昨夜、amazonnで注文しました。あれこれ迷ったのですが、ロード用のヘルメットでは派手すぎるので、フリーライド用で地味なヘルメットにしました。
 日本製なので日本人の頭に合っているだろうと思って海外製品にはしませんでした。サイズはMで”頭の周りが58センチで丁度良い”と、コメントがありました。若干きついかなと思いましたが、かぶってみるとサイズはピッタリでした。
 頭の大きさに合わせて調整出来るアジャスターが付いていて3段階変えられます。また、後頭部にも前後を合わせるダイヤル式のつまみが付いているので、58センチ以下の頭でもフィットさせることが出来ます。
 このヘルメットは後頭部までカバーしているので頭を保護するには良さそうです。
画像9(自転車用ヘルメット)

 バイザーの突起2箇所をヘルメットに差し込んで取り付けます。かなりしっかりと固定されるので走行中に外れることはなさそうです。
画像10(自転車用ヘルメット)

 自転車走行中の事故は学生時代から気になっていました。
 私はこれまで事故を起こしたことはありませんが、後輩の中には何人か事故に遭っています。
 前を走っていた車が道路の左側に寄せて停車した右脇を通り抜けようとしたときに、運転手が下りるためにドアを開けたところに衝突しました。自転車は転倒し、後続の車が自転車の前輪に乗り上げてしまいました。前輪はグシャグシャに壊れましたが、自転車に乗っていた後輩は幸い命に別状はなく打撲程度で済みました。この事故があってから、サークル内でヘルメットをかぶろうということになりました。当時はロード用のヘルメットはなく、カスク(カスクと呼んでいましたが、カスクはメーカーの名称です)という縦に厚いベルトのようなものが数本付いたヘッドギアをロードレーサーが使っていました。ランドナーでのサイクリングが主なので、登山用のヘルメットを買って暫く使っていました。しかし、当時はヘルメットをかぶって自転車に乗っている人はいなくて、また、登山用のヘルメットは重く、輪行時にかさばるので、ヘルメットをかぶるのを止めてしまいました。
 私は帽子をかぶるのも似合わないので好きではありません。しかし、最近はロードバイクが主流で、ヘルメットをかぶるのが当たり前になってきます。学生の頃と比べれば道路事情も変わっているので、サイクリング程度でゆっくり安全走行していても、事故に遭う可能性は否定出来ません。自転車用のヘルメットのデザインも気に入らないですが、事故に遭ってからでは遅いので、これからはヘルメットをかぶることにしようかと思っています。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

雪が降る前に収穫を2017年01月07日 15時30分

[ほうれん草] ブログ村キーワード

*********** オンシジウムの開花 ***********
 つぼみが膨らんでいたオンシジウムが、今朝開花しました。
 花が開いたのは、まだ2つですが、これから次々と咲きそうです。
画像1(オンシジウムの開花)

*********** 白菜の収穫 ***********
 日曜日(8日)から月曜日(9日)にかけて、南岸低気圧が進む予報になっています。太平洋側を北上する低気圧や太平洋側と日本海側を同時に北上する低気圧は春先の2月頃に発生することが多く、この低気圧によって太平洋側で大雪になることがあります。
 今回の南岸低気圧では山梨県の標高500m以上のところでは雪になる予報です。
 大月駅から河口湖駅までの富士急行線各駅には標高が示されています。各駅の標高は下のようになっています。(太字は都留市内にある駅)
 大月駅・上大月駅358m、田野倉駅392m、禾生駅421m、赤坂駅445m、都留市駅467m、谷村町駅484m、都留文科大学前駅503m、十日市場駅520m、東桂駅561m、三つ峠駅616m、寿駅710m、葭池温泉前駅739m、下吉田駅753m、月江寺駅776m、富士山駅809m、富士急ハイランド駅829m、河口湖駅857m
 同じ都留市内でも、大月寄りの田野倉と富士吉田寄りの東桂では150mの標高差があります。我が家は市内の南よりにあり、東桂駅に近く、標高は550m位です。よく利用する都留文科大学前駅が503mなので、この駅あたりから富士山寄りの地域は雪になる可能性が高いです。
 雪が積もれば、しばらく畑の野菜の収穫が出来なくなるので、その前に収穫することにしました。

 畑の白菜は周りの葉が枯れています。外葉で包んで仲間で凍らないようにしてありますが、寒さが厳しくなると凍った葉を取り除かないとなりません。
画像2(畑の白菜)

 枯れた外葉を取り除き、内側の凍った葉を数枚取ると、真っ白な白菜が現れてきました。
画像3(収穫した白菜)

*********** 大根の収穫 ***********
 大根は土寄せを繰り返し行っていますが、数日経つと上に伸びて出てきます。土がかかっていたいところは緑色になるだけでなく、冷気で凍る可能性があります。
画像4(畑の大根)

 長大根(”総太り”ではなさそうです)と聖護院大根をそれぞれ1本収穫しました。
画像5(収穫した大根)

*********** ほうれん草の収穫 ***********
 2回目の種まきをしたほうれん草は、その後、間引きをしていないので、畝を覆うようにビッシリ葉を広げています。少し株間を空けないと大きく育ちません。
画像6(畑のほうれん草)

 間引きを兼ねて収穫をしました。土が見えないくらい密集していて、一株一株取ることが出来ません。土が直接冷気に触れていませんが土が凍っていて、根元を持って引き抜こうとすると葉がポキポキと折れてしまいます。指先を土の中に押し込んで根を起こしてから引き抜きました。
画像7(収穫したほうれん草)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

今季、2度目の雪2017年01月09日 15時50分

[雪かき] ブログ村キーワード

 昨日午後から降り出した雪は夜半には止みました。天気予報では今朝9時頃まで雪が降るとのことでしたが、大雪にならずに済みました。天気予報も当たらないことがありますね。結果としては良かったですが...。
 今朝は三つ峠や付近の山、畑など、一面真っ白になっていました。
画像1(三つ峠)

 今回の雪は重く湿っています。春先の雪のようです。
画像2(三つ峠)

 昨日、雪が降り出す前の畑と今朝の雪が積もった畑です。雪で覆われると、景色が一変します。
画像3(畑)

 周囲の風景も雪が降っているときは寒々しです。今日の午前中は曇り空でしたが、次第に晴れてきました。気温も10℃近くまで上がり、雪が溶け始めました。
画像4(近くの風景)

画像5(ハナミズキ)

 屋根の雪は雪止めがありますが、溶けるのが早くドサッと音を立てて落ちてきます。
画像6(雪解け)

 午前中2時間ほどかけて家の前の道路や庭の雪かきをしました。今年に入ってから体を動かすことがなかったので、良い運動になりました。
画像7(庭の雪かき)

画像8(庭の雪かき)

 雪かきをするときには長靴を履きますが、今回の積雪は20センチほどだったので短い靴を履きました。この靴は昨年秋に開店したホームセンターで980円で売っていました。この値段で売ることが出来るとは、原価は一体幾らなんでしょうか?1,2度履いて駄目になっても仕方がないと思っていますが、結構、履き心地も良く、2、3足買っておいても良さそうです。
画像9(980円の靴)

 室内に入れているブーゲンビリアに新しい芽が伸びてきました。窓際に置いてあるので日中は暖かですが、夜間は10℃以下に下がっているはずです。
画像10(ブーゲンビリア)

画像11(ブーゲンビリア)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

温室内の片付け2017年01月10日 17時01分

[オンシジウム] ブログ村キーワード

*********** オンシジウム ***********
 3日前に咲き始めたオンシジウムは、日ごとに花が多くなっています。
 花の重みで花茎が垂れ下がっていて、写真を撮るのが難しいです。今日は三脚を使ってF値を大きくして撮ってみました。絞りすぎたきらいがあり、また、ピント合わせがヘタなので、ピントのあまい写真になってしまいました。ピント合わせは若い頃から苦手で、以前はファインダーに拡大鏡を付けて撮っていました。
画像1(オンシジウム)

画像2(オンシジウム)

画像3(オンシジウム)

*********** 温室内の片付け ***********
 昨年、秋に自転車にデジカメを取り付ける台を製作し、その後、パーゴラの周りや家の窓にポリカボネートを張ったりしていたので、作業場所の温室の中がそのままの状態で片付いていませんでした。
画像4(温室内の片付け)

 温室が物置になってしまっています。下に散らばっていたものを片付け、棚に整理して置きました。
 数年前、温室のガラスの内側に発泡スチロールの板を張り付けて寒さを防いでいました。直射日光が当たるので、発泡スチロールが脆くなり触ると白い粉のようなものが付着します。この発泡スチロールを剥がして片付けてしまいました。
画像5(温室内の片付け)

 温室内は少し片付いただけですが、中で作業出来る空間を確保出来ました。
画像6(温室内の片付け)

*********** 山梨県「郡内織物」の新聞記事 ***********
 今日の朝日新聞県内版に「郡内織物」の記事がありました。山梨県は西側の甲府盆地を”国中”、御坂山塊から東側(富士北麓地域、都留市、大月市、上野原市、道志村など)を”郡内”と呼んでいます。
 江戸時代から高級絹織物の「甲斐絹(かいき)」の産地として知られています。隣町の槙田商店は傘を生地から縫製までをしている会社で斬新なデザインの傘を販売しています。
画像7(郡内織物)

 昨年、この笠屋さんで余り布を買ってきて、自転車用のバッグ類を製作しました。
画像8(自転車用バッグ)

 自転車を運ぶ輪行袋(ポンチョにもなります)も傘の生地で作りました。
 傘の生地は防水加工がしてあるので野外で使うバッグなどに向いています。余り切れでも、生地が薄いものから厚いものまで色々あるので、用途に応じて手に入れることが出来ます。
画像9(ポンチョ兼用輪行袋)

*********** 新聞記事「AI時代」 ***********
 今日は、もう一つ気になる記事がありました。”波聞く風問”の「AI時代」です。
 人工知能の「東ロボくん」プロジェクトのことが書いてありました。東大二次試験で数学(理系)で偏差値76だそうです。大論述を含む世界史では学生平均を上回る成績。センター試験模試ではMARH,関関同立レベルの難関私立大学の合格可能性が80%以上。
 しかし、子どもでもわかる「靴紐がほどける」→「歩きにくい」というような常識が通じないとのこと。
 「東ロボくん」が得意とする分野の多くが大学入試の試験問題であるとすれば、国公立・私立を問わず、難関大学に合格するために受験勉強をすることは余りにむなしい努力と云えます。昨年、大学生や医者の卵など、彼らが在籍したい大学は有名で難関といわれる大学ですが、人間性を疑うような重大な事件を起こしています。
 AI時代がすぐそこまでやって来ています。人が人間としての尊厳を持ち、この記事を書いている原真人氏が言う、AIには永久に達成出来ない領域があることを意識して、創造的、意欲的な思考と行動が大事なのかと思えます。
画像10(新聞記事「AI時代」)




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ