スイートバジル・フレンチマリーゴールドの採種2016年09月05日 15時51分

[バジル] ブログ村キーワード

*********** 高砂ユリ ***********
 庭に生えている高砂ユリの花が増えてきました。フェンスの向こう側は小さな公園ですが、その中にも高砂ユリが咲いています。
画像1(高砂ユリ)

 野生の花なので、カサブランカのように大きな花ではありません。花はそれなりに綺麗です。花が終わると種がこぼれて、あちこちに出てくるので困ることもあります。
画像2(高砂ユリ)

画像3(高砂ユリ)

*********** アフリカンマリーゴールドの刈り込み ***********
 庭から一段下がったところに畑があるので、庭と畑との行き来のためコンクリートの坂を作ってあります。その坂の北側で空き地との境に少しばかりの土地があります。トウモロコシを植えたり、花を植えたりしています。今年はアフリカンマリーゴールドの種を蒔きました。
 種を蒔いただけで間引きもしていないので、伸び放題になっています。先日の台風で、空き地側に倒れてしまいました。
画像4(マリーゴールドの刈り込み)

 空き地には草が茂っていて、マリーゴールドがその上に倒れているため、空き地との境目が分かりません。蛇が苦手で、草むらの中にいるような気がして、なかなか刈り込めませんでしたが、今日、思い切って刈ってみました。
画像5(マリーゴールドの刈り込み)

*********** スイートバジルの採種 ***********
 先週土曜日に花殻を採ったバジルの種取りをしました。
 種の大きさは、玉ねぎの種と同じくらいです。土のフルイとして使った出汁取り用の金網の目が丁度合うので、これに花殻を入れて、手で揉むようにしながら種を取りました。
 花殻が完全に乾いていれば全て取り切れますが、まだ、乾ききっていないので花殻の中に種が残っています。フルイにかけた花殻を捨てないで、もう少し乾燥させてから2度目の種取りをするつもりです。
画像6(スイートバジルの採種)

 1度目で取れた種です。これだけでも、来年蒔くのに十分な量です。
画像7(スイートバジルの種)

*********** フレンチマリーゴールドの採種 ***********
 フレンチマリーゴールドの花殻は、アフリカンマリーゴールドに比べると細くて小さいです。そのため乾くのも早いので、種を採ることにしました。
画像8(フレンチマリーゴールドの花殻)

 マリーゴールドの花殻は、花が終わりかけた頃(下の画像左側)から花が完全に終わって花弁が紡錘状になって枯れてしまった状態(下の画像右側)まで、いくつかの段階があります。
画像9(フレンチマリーゴールドの花殻2種)

 どちらの場合も種を取るために、花弁とガクの境目で、花弁を切り落とします。額を割って広げると種が現れてきます。ガクの根元近くの黒い部分が種です。花殻を早く取り過ぎると種の部分が黒くなっていないです。
 ガクを広げて種を抜き取ります。ガクの根元付近に種が付いているので引き抜くのですが、完全に枯れた状態だと、ガクを広げただけで種が外れてこぼれます。
画像10(花殻の花弁部位の切断)

 花殻から種を分ける作業は単純ですが、花殻が多いと、結構、めんどな作業です。昨年は花殻の状態で乾燥させ、今年の春、花殻から種を取りながら蒔きました。この場合は、花殻を十分に乾燥させないと、保存している間にカビが生えてきます。
画像11(花殻と種に分離)

*********** ルコウソウ・アサガオの採種 ***********
 ルコウソウのこぼれ種が鉢の上に落ち、芽が出ていました。来年のために種取りをしました。
 下の画像の左から、ルコウソウ、大輪のアサガオ、半つる性のアサガオの種です。
 大輪のアサガオは、濃い紫に白色の班が入ったアサガオの種です。他のアサガオは種の殻が緑色をしているので採種出来ません。
画像12(ルコウソウとアサガオの種)

*********** 朝日新聞「折々のことば」より ***********
 朝食前に新聞を読んでいます。最初に目を通すのは県内版の”おくやみ欄”です。次に、”天声人語”、”折々のことば”を読み終えた後、おもむろに一面から順に読んで行きます。株式欄とスポーツ欄は表題のみで読み飛ばしています。広告欄が多く、1時間もあれば読み切ってしまいます。
 今日の”折々のことば”は、写真家 植田正治氏の”私の写真作法”からの一文です。一度読んだだけでは、”何のこと??”と思ってしまいますが、鷲田清一氏の解説を読んで、もう一度、植田氏の一文を読むと、ジワッと心の中にしみこんできます。
 バジルやマリーゴールドの種採りをしながら、今朝の”折々のことば”を思い返していました。就職して間もない20代の頃、念願だった一眼レフカメラを買いました。職場にもカメラを持って行き、毎日36枚撮りフイルム1~2本、撮っていました。当時は白黒写真が主流でした。引き伸ばし機を買って、下宿の部屋の隣にあった2畳ほどの物置部屋を改造して暗室を作りました。大家さんはお婆さんで下宿人は私一人だったので、部屋を自由に使わせて貰っていました。撮りためたフィルムは休日に現像、引き伸ばしして、部屋中広げて乾かしていました。
 カメラ雑誌に投稿し、掲載されたこともあります。40代の頃までカメラは、いつも、私のそばにありました。撮る対象が自然から子供の成長記録など家族写真へ代わりました。50代は責任を伴う仕事が多くなり、カメラを手にすることが少なくなりましたが、退職後は、再び、趣味として、カメラを持ち歩くことが習慣となっています。
 写真雑誌によく投稿していたアマチュア写真家がなぜ「かくもたあいなく消えてしまう」のかと、記されていますが、アマチュアだからこそ、執着心が無いのかもしれません、しかし、写真に打ちこんだほどの重さをもっていた人は、その後も、対象が異なっても、必ず、夢中になっているものがあるのではないかと思っています。
画像13(朝日新聞「折々のことば」)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

マリーゴールドを畑に漉き込む2016年09月06日 22時26分

[マリーゴールド] ブログ村キーワード


*********** 朝と夕方の雲 ***********
 季節の変わり目の雲は、様々な顔を見せてくれます。
 今朝の東の空は太陽が雲に遮られ雲の縁が輝いていました。
画像1(朝の雲)

 日中は気温が上がり蒸し暑かったですが、夕方になると涼しくなってきました。
 夕方も太陽は雲に遮られて夕日は見えませんが、遠くの雲に西日があたり茜色に染まっていました。
画像2(夕方の雲)

*********** アゲハチョウ ***********
 キアゲハやクロアゲハが庭にやって来ます。ハイビスカスやブーゲンビリアの花の間を行ったり来たりしています。時々、芝生の上に降りてきて、しばらく動かないときがあります。芝生に付いた水を吸っているのかもしれません。こういうときは、驚かせないでソッと近づけば、アップの写真を撮ることが出来ます。
画像3(アゲハチョウ)

 ニンジンの葉に黒い芋虫がいました。アゲハチョウの幼虫だと思います。キアゲハの幼虫は黄色と黒の派手な模様があり、突くと角を出して威嚇します。まだ、小さいので、特徴を見つけることが出来ませんでした。アゲハの幼虫がニンジンの葉に付くと、葉が全て無くなるまで食べられてしまいます。ニンジンの畝に3匹いました。
画像4(アゲハチョウの幼虫)

*********** ダイコンの発芽の進み具合 ***********
 ダイコンが発芽を始めています。現在発芽しているのは”総太り”と”おでん娘”の一部です。聖護院大根は、全く発芽していません。
画像5(ダイコンの発芽)

 蒔いた種が古いためだと思われるので、新しい種を、再度、蒔きました。
画像6(種袋ダイコン)

*********** 畑の準備 ***********
 夏の間、玉ねぎの跡地に黒マルチを敷いていました。地中の害虫を太陽の熱で退治するためです。殺菌の効果もあると思います。
画像7(夏の間黒マルチを敷いていた畑)

 畑の準備をするためマルチを剥がしました。マルチを敷いていたため雑草が生えていません。
画像8(黒マルチを剥がす)

 サツマイモの周りに植えているマリーゴールドが、準備をする畑の方へ倒れていたので刈り取りました。刈り取ったマリーゴールドを10センチほどの長さに切ってマルチを剥がしたところにばらまきました。
画像9(短く切ったマリーゴールド)

 マリーゴールドを畑に漉き込みます。堆肥になるほど多くはありませんが、茎の切り口から出る液は地中のセンチュウなどの虫が嫌うので、それなりの効果があるのではと思っています。
 花も一緒に漉き込んだので、多分、芽が出てくると思います。以前、ジャーマンカモミールを漉き込んだことがあります。ジャーマンカモミールの種は極小で、一つの花から多量にできます。漉き込んだ後、毎年、畑のあちこちにジャーマンカモミールが発芽しています。一カ所にまとめて植えたいので、必要のない場所に出てきたジャーマンカモミールは雑草として取っています。マリーゴールドも漉き込めば芽が出てきますが、ジャーマンカモミールのように畑に広がることはありません。
画像10(マリーゴールドの漉き込み)

 マリーゴールドを漉き込んだ後、苦土石灰を撒いて耕しました。
画像11(苦土石灰)

 マリーゴールドを漉き込み、更に、苦土石灰を入れて耕したので、マリーゴールドは土の中に入り込んで見えなくなっています。
画像12(耕耘)

画像13(耕耘後の畑)

*********** サザエをいただく ***********
 夕食を食べ終わった頃に、近所のMさんの奥さんがやって来ました。発泡スチロールの箱にサザエを入れて持ってきてくれました。ご主人と息子さんが仕事で伊豆の大島へ行っていたとのこと。
 大人の手のひらほどの大きなサザエ2個と普通サイズのサザエ2個です。
画像14(活きサザエ)

 サザエは壺焼きが有名ですが、新鮮なら刺身で食べても美味しいです。
 夏場でも3~4日は活きた状態で保存が出来るそうですが、大島からの長旅でやって来たサザエなので、茹でてから保存することにしました。
画像15(サザエを茹でる)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アフリカン・マリーゴールドの採種2016年09月07日 16時44分

[マリーゴールド] ブログ村キーワード


*********** 夏の雲 ***********
 今朝は雨が降っていました。日中は晴れて夏の暑さです。真っ青な空に白い雲、真夏の空です。
 台風が近づいているので天気が不安定です。明日は台風接近に備えなければなりません。東寄りを通れば大雨に、西寄りを通れば強風にさらされます。どちらにして心配ですが、山梨付近に到達する前に温帯低気圧に変われば、台風の勢力が少し弱まるのではと期待していますが...。
画像1(夏の空)

***** バラ「ピエール・ドゥ・ロンサール」 *****
 5月に咲いていたバラ「ピエール・ドゥ・ロンサール」は、今も一つ二つと数は少ないですが咲いています。この時期に咲く花は花弁の色が白っぽくなります。
画像2(バラ)

*********** コキア ***********
 プランターに植えたコキアが大きくなってきました。下の葉は赤みが出てきています。もう少し涼しくなると、全体が赤くなります。
 昨年、河口湖の大石公園で開催されていたハーブフェスティバルに行きました。6月頃はラベンダーが咲き乱れます。公園の外れに枯れたコキアが残されていました。遊歩道のすぐ近くだったので、手を伸ばして種を取り、持ち帰ってきました。
画像3(コキア)

画像4(コキア)

*********** イワシャジン ***********
 イワシャジンはキキョウ科で、別名”イワツリガネソウ”といいます。日本原産で、中部地域の渓谷や沢などの岩場に自生しています。
 山梨県の笛吹市にある”ハーブ庭園”で見つけ、買ってきました。
画像6(イワシャジン)

画像5(イワシャジン)

*********** メドーセージ ***********

画像7(メドーセージ)

画像8(メドーセージ)

*********** ランタナ ***********

画像9(ランタナ)

画像10(ランタナ)

画像11(ランタナ)

*********** トンボ ***********

画像12(トンボ)

画像13(トンボ)

画像14(トンボ)

*********** ニラの花 ***********
 ニラの種を蒔いたのは、今から7,8年前です。それ以後、畑の隅など、邪魔にならない場所に植え替えをしながら育てています。収穫して食べることはほとんどなく、夏野菜などの虫除けとして利用しています。
 ニラは花が咲くと、品質が落ちるので花芽は刈り取った方が良いそうです。
画像15(ニラの花)

画像16(ニラの花)

*********** アフリカン・マリーゴールドの採種 ***********
 先日花殻を摘んだアフリカン・マリーゴールドの種取りをしました。花殻が半乾きの状態のものもありましたが、ガクで包まれているよりも種の状態の方が早く乾燥させられます。
画像17(アフリカン・マリーゴールドの種)

*********** 収穫した野菜 ***********
 トマトはほぼ収穫を終えました。花が少し咲いているだけで、これから後はほとんど収穫出来ないだろうと思います。
画像18(収穫した野菜)

*********** サンマの値段 ***********
 昨日、夕飯にサンマを食べました。市内のスーパで北海道産のサンマが1匹198円で売っています。
 昨日の朝日新聞「天声人語」に北海道産サンマが1匹298円と書いてありました。昨年の漁獲が約11万トンで39年振りの記録的な不漁だったそうです。今年は更に下回りそうだということなので、小売値が上がっています。
 facebookでつながっているM氏が綾部では北海道産が1匹198円の高値安定だと紹介されていました。我が家でもサンマを買ってきたところだったので、早速、コメントを書いたところ、M氏からの返信が「やっぱり、おなじですか。」でした。
 やっぱりとは、同じように高値ですねという意味だと思います。私は、この返信から、全く別のことを考えていました。天声人語の東京での値段が1匹298円で、綾部や山梨では198円だということです。この違いはどこから生じるのかという疑問です。
 7・8月、家内が八王子に出かけることが数回ありました。帰りに電車の待ち時間があると、駅ビルの地下の生鮮食料品売り場で時間つぶしをしていました。家内の話ではデパ地下の野菜は、山梨で買うよりも値段が高いと話していました。一般に、生鮮食料品だけでなく、東京は物価が高いと思います。
 東京のサンマは山梨や綾部などの地方の値段の約1.5倍です。山梨のスーパーに並ぶサンマは築地から甲府の中央卸売り市場へ運ばれてから店頭に並ぶのではないかと思います。築地の仲買から仕入れているとすれば、東京、山梨のスーパーや小売店の仕入れ値はさほど変わらないはずです。単純に考えれば、山梨まで運ぶ運送料の分だけ、山梨の方が高くなるように思われます。にもかかわらず、東京よりも山梨で買う方が安いのです。また、東京の人口を考えれば消費者は山梨のそれよりはるかに多く、サンマの売れ行きも桁が違うはずです。だとすると、東京のスーパーや小売店が不当に利益を上げているということになってしまいます。
 何故、1.5培もの値段を付けなければならないのか。素人的に考えると、土地や店舗などの不動産に原因があると想像しています。貸店舗だけでなく持ち家の店であっても、固定資産税が地方に比べればはるかに高いです。商品価値としては同じなはずです。東京に住んでいる人は、土地事情や人件費などのため、298円のサンマを買って、100円を余分に支払っていると考えるのは、少し乱暴すぎるでしょうか?
画像19(昨日の天声人語)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

撮りためた画像の保存2016年09月08日 17時10分

*********** 台風13号 ***********
 未明に温帯低気圧になった台風13号は、厚い雨雲を伴って北上しています。
 時折激しく雨が降っています。午後、少し空が明るくなりましたが、夕方から雨脚が強くなってきました。
*********** 撮りためた画像の保存 ***********
 雨のため、外での作業が出来ません。一日、家の中で過ごしました。
 毎日カメラを持ち歩いているので、撮りためた画像がハードディスクの中にたまってきました。
 画像データは、ハードディスク内だけでは心許ないので、DVDに焼いて保存しています。今日は、3年前からのデータをDVDに保存しました。
 年ごとに分けて保存していますが、最近の画像データはサイズが大きいので、DVDだと4~6枚くらいになります。
画像1(2014年から2015年の画像ディスク)

 画像ファイルは、全てに年月日と画像の内容を示す名前を付けてあります。例えば、平成28年9月8日の雲の画像だと、”H28-09-08雲”となり、同じ種類の画像の場合には、その後ろに連番が付きます。画像ファイルのプロパティを調べれば撮影日は分かりますが、画像を探し出すときにプロパティーを調べるのは面倒です。
 ファイルに名前を付けた後、カテゴリー毎にフォルダに入れて保存します。
 畑、花のフォルダの他に自然・風景、パソコン、自転車、猫など、普段写真を撮る対象をフォルダ名にしてあります。
画像2(2010年から2015年の畑の画像ディスク)

 DVDのレーベルには、その年の画像の中から適当に選んで背景としています。
 ブログを開始した当時から作成しているので、DVDの枚数が増えてきました。枚数を減らすためにはブルーレイディスクに変えた方が良さそうです。BDだと25ギガあるので1年分のデータが1枚に収まると思います。
画像3(画像ディスク)

 撮影した全画像データを保存しています。特に、畑に関する過去のデータは、種まきや植え付け準備をするときに役立っています。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ