< div class="fb-quote">

雨の一日2016年09月13日 15時55分

[ネコ] ブログ村キーワード

*********** 和ラン ***********
 朝から雨が降り続いています。午前中、一時、雨脚が強くなりました。午後になって小雨に変わっています。
 少し地味な色合いの和ランが咲きました。
 花茎が3本伸びて蕾がそれぞれについていましたが、戸外に出した途端、アメリカシロヒトリに1本食べられてしまいました。残った2本のうち1本も一部蕾が無くなっていました。

 この和ランは、数年前、笛吹市塩山のラン専門に栽培している方のところへ行った際にいただいてきました。ランは一般に育てにくいですが、このランは、冬場、室内に入れるだけで、ほとんど世話をしていません。
 名前が分からないので、我が家では”和ラン”と呼んでいます。
画像1(和ラン)

*********** 水滴 ***********
 一眼レフカメラを買ってから、カメラの操作に慣れるためにいろいろな場面で撮っています。カメラは絞り、シャッタースピードの組み合わせにより、幾通りもの撮影が出来ます。ほとんどのカメラが、ピント合わせを含め、センサーでこれらの値を読み取り自動で設定してくれるので、スナップ写真を撮るだけなら、カメラに任せれば失敗することはありません。
 一眼レフカメラを買ったので、マニュアルでの撮影をすることが多いです。フィルムカメラと違って、その場で画像を確かめることが出来き、失敗した画像は削除も出来るので、便利になった反面、写真の撮り方が安易になってしまいがちです。
画像2(水滴)

*********** ネコの顔を洗う ***********
 いつものように新聞を読んで、朝食を食べた後、洗面所で歯を磨いていました。そこへ家内がやって来て、”ミーちゃんの顔を洗う”と云いながら洗面器に湯をためていました。”ミーちゃん”とは、我が家の老猫の”みなみ”のことです。
 人間でいえば80歳を過ぎたネコです。最近、目の周りに目やにがついていて、特に、朝は目やにが乾いてカサカサになっています。ネコだけでなく、人間も年を取ると涙腺が緩むのか目やにが付きやすいです。
 家内は、テーブルの上にお湯を入れた洗面器を置いて、ネコをだっこしながら目の周りを洗ってやっています。ネコの方はなされるまま大人しくしています。顔洗いが終わると、手(前足)をお湯の中に入れて洗っていますが、肉球や爪の間などをゴシゴシ洗っていても、嫌がって暴れることがありません。家内との信頼関係が出来上がっているためで、私が同じことをしても、多分、大人しくやらせてはくれないと思います。極端に狭いことを”ネコの額”といいますが、少ない脳みそでも、自分の味方が誰なのか分かっているようです。
画像3(猫)

 昔から、”猫が顔を洗うと雨が降る”と云われています。これは迷信ではなく、根拠のあることだということを聞いたことがあります。ネコには長いヒゲがあり、このヒゲがセンサーの役目をして危険を察知したり、風の向きや湿度を感じ取ったりしています。雨が降る前は湿度が上がり、猫のヒゲが湿気で重くなり、センサーの感度が鈍るので、前足で顔、つまりヒゲについた湿気を落としているということだそうです。
画像4(猫)

*********** インゲン ***********
 2回目播種のインゲンです。1回目播種のインゲンはすでに片付けてしまい、現在、2回目播種のインゲンが収穫時期を迎えました。
 第3弾の、3回目播種のインゲンもツルが伸び花が咲き始めているので、これから先10月始め頃まで連続して収穫が出来そうです。
画像5(畑)

画像6(インゲンの棚)

画像7(インゲンとゴーヤ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ