ブログ「毎日が日曜日」内の検索

そら豆の収穫2016年06月09日 15時49分

[そら豆] ブログ村キーワード

*********** チェリーセージ ***********
 シソ科のチェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)です。チェリーセージは赤い色ですが、日本で普及している品種は赤色と白色のホットリップスです。この花は今は白と赤ですが、次第に白が消え赤色だけになってしまいます。夏の暑さがストレスになるのかもしれません。
 葉に触れるとフルーツのような香りがします。ハーブティーやポプリに利用できるそうです。
画像1(チェリーセージ)

画像2(チェリーセージ)

*********** バラ 「ビオレッタ」 ***********
 花弁がバイオレットなので一般にビオレッタと呼ばれています。正式名称は”インターナショナル ヘラルド トレビューン”という長ったらしい名前です。強健で四季咲きなので、春から秋まで花が咲き続けます。
画像3(ビオレッタ)

画像4(ビオレッタ)

*********** バラ 「リバプールエコー」 ***********
 半つる性のバラです。サーモンピンクのきれいな花です。棘が少なく育てやすいので初心者向きだそうです。
画像5(リバプールエコー)

画像6(リバプールエコー)

*********** そら豆の収穫 ***********
 午前中、雨が降らなかったので、ソラマメの収穫をしました。
 鞘が下を向き、中には萎れて黒くなっているものもあります。収穫が遅くなりすぎると鞘の中の豆が固くなります。
 週末に子供たちのところに届くように、今日のうちに収穫をして、昨日採った玉ねぎと一緒に送る予定です。
画像7(そら豆の畝)

 今年のそら豆は大成功です。一つの茎に鈴生りです。しかも鞘が大きく、従って中に入っている豆も大きいです。一つの鞘に3粒入っているものより、2粒入っている方が豆が大きくなっています。
画像8(鈴生りのそら豆)

 8株ほどあるそら豆を収穫すると、かごから溢れるほどになってしまいました。
画像9(収穫したそら豆)

 まだ、鞘が緑色で上を向いているそら豆を、少しだけ畑に残しました。これらも2,3日後には収穫できると思います。
画像10(畑に残したそら豆)

 そら豆を栽培して3年目です。最初の内はアブラムシにやられ、実が大きくならずに収穫できませんでした。今年になってようやく、そら豆の栽培のコツがわかってきました。
 ・花が咲く頃までは虫よけのトンネルで栽培すること。
 ・新芽にアブラムシが付くので、早めに摘心と茎の整理をして、風通しを良くすること。
 ・小さい鞘ができ始めた頃に、アブラムシが鞘に付くので、見つけ次第退治すること。
などです。
 アブラムシが付かないようにするためには、注意深く観察して、少しでも見つけたら、鞘が肥大する前に殺虫剤を散布して退治しておくと良いようです。鞘がある程度大きくなると、アブラムシが鞘に付くことが少ないです。若い、柔らかい鞘や新芽に取り付くので、その時期は、特に注意して見守る必要があります。
画像11(畑に残したそら豆)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ