< div class="fb-quote">

初夏の陽気、庭の花2016年05月01日 17時06分

[モッコウバラ] ブログ村キーワード

*********** 庭の花 ***********
 今日から5月。気温が上がり、初夏の陽気になってきました。
 我が家の庭も、花が次々と咲き、にぎやかになってきました。
 アルメリアも満開です。和名はハナカンザシと云い、花茎の先に丸くなって花が咲きます。
画像1(アルメリア)

画像2(アルメリア)

画像3(モッコウバラ)

 今日はグングン気温が上がり、モッコウバラが一気に咲き始めました。まだ、満開とはいえませんが、遠くからでも咲いているのが分かるようになってきました。
画像4(モッコウバラ)

 モッコウバラは草勢が強く、蔓がすぐに伸びてきます。放置しておくと、まとまらないで広がってしまうので、冬になる前まで、年に何回も蔓を切っています。
画像5(モッコウバラ)

*********** 冬菜 ***********
 畑の冬菜は、そろそろ終わりを迎えています。脇芽が細くなり、茎が固くなってきました。次に採るのが今季、最後になると思います。
画像6(冬菜)

*********** ゴボウ ***********
 ゴボウの本葉が少し大きくなってきました。葉が大きくなってくると、アブラムシが付くので、風通しを良くしてやらなければなりません。
画像7(ゴボウ)

*********** ヤマイモ ***********
 ヤマイモの蔓が支柱に絡まり始めました。ヤマイモの隣にキュウリ棚があるので、蔓が伸びてきたらキュウリ棚のネットに絡ませようと思っています。
画像8(山芋)

*********** 夏野菜のポット苗 ***********
 夏野菜(トマト、ナス、キュウリなど)のポット苗を畑に出しました。昨年まで4月中に抵触していましたが、今年は苗が小さく、まだ、定植させていません。気温が上がり、畝の準備もできているので、明日にでも定植させるつもりです。
画像9(ポット苗)

 キュウリ棚の下に、苗を置きました。茎が細く、かぜで倒れやすいので、周りをネットで囲って風よけにしました。
画像10(ポット苗の風よけ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

夏野菜(ポット苗)の定植2016年05月02日 17時17分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** マルチの穴あけ器 ***********
 先日、キャベツとレタスの定植をするときに、マルチに穴をあけました。その時、穴あけ器の取っ手の部分が壊れてしましました。今日は夏野菜の定植をするので、穴あけ器が必要です。取っ手の部分にリベットを打って直しました。
画像3(マルチの穴あけ器)

*********** ナス・ピーマンの定植 ***********
 午前中、最初に取り掛かったのは、ナス、ピーマン、シシトウ、落花生の定植です。
 ナスは、千両二号と本長ナスの2種類です。接ぎ木ができた苗もあります。2種類の苗を各3本植えtけました。
画像1(茄子・ピーマンの定植)

 ピーマン、シシトウは各2本、落花生は6です。落花生はピーマンやシシトウとの混植です。
画像2(茄子・ピーマンの定植)

*********** トマトの定植 ***********
 トマトは、
    大玉は、麗夏4、ルネッサンス2、桃太郎ゴールド2
    中玉は、レッドオーレ4
    ミニは、アイコ2、イエローアイコ3
 合計17本植えました。
画像4(トマトの定植)

画像5(トマトの定植)

*********** キュウリ・ゴーヤ・しろうりの定植 ***********
 キュウリは夏秋キュウリ2、フリーダム1が接ぎ木苗です。
 接ぎ木苗を含め合計8本定植しました。
 キュウリの畝の続きに、しろうり3本植えました。
 キュウリ棚の片側にはゴーヤ3本定植しました。
画像6(キュウリ・ゴーヤ・しろうりの定植)

 定植したゴーヤの横が空いていますが、ここにはインゲンを蒔く予定です。
画像7(キュウリ・ゴーヤ・しろうりの定植)

*********** カボチャ・ユウガオの定植 ***********
 カボチャとユウガオは、畑の南東側の隅に定植しました。内訳は、カボチャ「雪化粧」3、「栗えびす」2、ユウガオ2です。カボチャもユウガオも草勢が強く、蔓が遠くまで伸びるので、この場所に植えました。蔓は空地側へ伸ばしてみるつもりです。
画像8(カボチャ・ユウガオの定植)

*********** 夏野菜の定植一覧表 ***********
 今日、定植した夏野菜を一覧にまとめてみました。全部で55ポットの苗を定植したことになります。定植時には、しばらく風よけのためビニール袋を行灯仕立てにして被せています。これに使う竹の棒が一つに着き4本必要です。55苗なので220本の竹になります。隣の畑のKさんが、高齢のため今年から野菜作りを止めたので多量の竹の棒をいただきました。今年は、この竹を使って行灯を作りました。
 今日一日かけて定植をしたので、かなり日焼けをしました。顔や首筋が火照っています。この分だと夏本番までに真っ黒になりそうです。
画像9(定植したポット苗の一覧表)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ショウガの植え付け2016年05月03日 17時08分

[ショウガ] ブログ村キーワード

*********** クジャクサボテン ***********
 冬の間室内に入れていたクジャクサボテンです。4月中旬に外に出しました。外に出す前からつぼみが出来ていて、今にも咲きそうだったのですが、気温が上がらず、今朝になって花が開きました。
画像1(クジャクサボテン)

*********** ジャーマンアイリス ***********
 畑の南側に植えてあるジャーマンアイリスです。薄青色の花が咲きました。
 植える場所が狭いので、年々増える株を隣の空き地に移しています。肥料も何もやっていなく、草が生い茂る場所ですが、毎年、空地にのジャーマンアイリスが咲きます。
画像2(ジャーマンアイリス)

*********** ショウガの植え付け ***********
 3月30日にスーパーから買ってきたショウガを保存しておきました。湿らせた。新聞紙に包んでビニール袋に入れ、それを発泡スチロールの箱に入れて、物置に置いていました。
 今日、植え付けをするため、取り出してみました。買った時と変わらず、しっかりとしたショウガです。芽がいくつか出てきていました。
画像3(保存してあった種ショウガ)

 ショウガを植え付ける場所はキュウリ棚の内側です。キュウリやゴーヤ、インゲンなどの蔓性の野菜をキュウリ棚に這わせると、内側が日陰になります。ショウガは湿気と温度が必要なので、この場所が最適かと考えました。キュウリ棚の内側なので畝幅は狭くなります。
画像4(種ショウガの植え付け)

 種ショウガを植え付け、土か乾かないようにもみ殻を敷きました。畝のサイドは敷き藁にしてあります。たっぷり水をやって、植え付け完了です。
画像5(種ショウガの植え付け)

*********** レタスが全滅 ***********
 先月29日にキャベツとレタスのポット苗を植え付けました。レタスは苗が小さかったため、植え付けた苗全部が枯れてしまいました。
 元々、レタスの苗が少なかったこともあり、もう一度、種を蒔いて育て直すことにしました。直播きなので、種の小さいレタスの場合、風で飛ばされてしまいます。発芽後も苗が弱いので、ネットで囲って風よけをしました。
画像6(レタスの種まきと風よけ)

*********** トウモロコシ・インゲンの播種 ***********
 トウモロコシ、インゲン、オクラの種まきをしました。
 トウモロコシは点蒔きで一か所に2粒、オクラは一か所に3粒、インゲンは1か所に2粒、種を蒔きました。
 トウモロコシは畑の東側、カボチャやユウガオの隣に蒔いてあります。オクラはトマトの畝の続きが開いていたので、底に4か所蒔きました。インゲンはキュウリ棚で、キュウリを植えた場所と反対側です。10か所マルチに穴をあけましたが、そのうち6か所に種を蒔きました。インゲンは収穫が始まるってしばらく経つと実ができなくなります。少し遅れて、残っている4か所に種を蒔いて、連続して収穫ができるようにしたいと思っています。
画像7(種袋 トウモロコシとインゲン)

*********** スナックエンドウ ***********
 スナックエンドウの鞘が膨らんできました。実が大きくなってきています。あと数日経てば、収穫できそうです。
画像8(スナックエンドウ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

冬菜の撤収 & 里芋の植え付け2016年05月04日 16時07分

[サトイモ] ブログ村キーワード

*********** 昨夜からの強風で・・・・ ***********
 昨夜から強風が吹き荒れていました。
 朝、入口のモッコウバラの垣根が斜めに傾いていたり、鉢植えがひっくり返っていたりしました。
 畑では、風車の羽が外れ、隣の畑まで飛ばされていました。スナックエンドウの棚は、蔓が棚から外れ、蔓が畝の間まで広がっていました。新たにしちゅうを4本立てて、スナックエンドウの棚全体を紐で囲っておきました。
画像1(スナックエンドウの棚)

 種取り用の冬菜も倒れていたので、紐で囲って立て直しました。
 日中になっても風が強く吹いていましたが、気温が高めで、真夏のような暑さでした。午後になって、風が少し収まってきています。
画像2(種取り用冬菜)

*********** 冬菜の撤収 ***********
 最後まで残っていた冬菜を片付けることにしました。脇から伸びてくる茎が細くなり、葉も少なく、花が咲き始めています。昨年10月頃に種を蒔いて冬を越し、4月に入ってしばらく経ってから収穫できるようになったので、栽培期間6か月、収穫期間2週間ほどです。野菜作りは栽培している期間が長いですが、収穫は一瞬です。
画像3(畑に残っている冬菜)

 畝の長さ2.8m、畝幅50cmのところに植えてあった冬菜をすべて片づけました。
画像4(冬菜の撤収)

 野菜屑置き場に積み上げた冬菜です。これだけ多くの冬菜が、わずか1.4平米の広さのところに植わっていました。元は1mmにも満たない小さな種です。太陽の光と水、それに地中の養分を吸い上げて、大きくなります。多分、冬菜はほとんどが水分だろうと思います。
画像5(片づけた冬菜の山)

*********** 畝作り ***********
 冬菜を片付けた跡地に有機石灰を撒いて耕しました。雨で酸性に傾いた土を中和します。
画像6(有機石灰)

 有機石灰を畑に漉き込んだ後、牛糞堆肥、油粕、化成肥料を入れて、よく耕しました。有機石灰は、穏やかな効き目なので、有機石灰を漉き込んだ後、すぐに堆肥などを入れても大丈夫です。
画像7(堆肥・油粕・化成肥料)

 冬菜が植わっていた時と同じ、畝幅50cm、畝長2.8mの畝を作りました。
画像8(畝立て)

*********** 里芋の植え付け ***********
 畝立てが終わり、本来なら1週間ほど間をあけてから植え付けをするのですが、天気も良く、作業の続きで里芋の植え付けをしてしまいました。
 種芋は地中保存してあった里芋です。芽が少し出かかっているものもありました。種芋は全部で10個です。畝の長さが2.8mなので、30cm弱の間隔で植え付けなければなりません。感覚が若干狭いですが、畝に合わせるしか方法がないので、仕方ありません。
画像9(里芋の植え付け)

 畝に穴をあけて直接里芋を置くと肥料焼けを起こすと思うので、別の場所の退避や肥料が入っていない土を持って来て、穴の中に入れ、里芋の上からも、同じ土をかけました。
画像10(里芋の植え付け)

 里芋は、ショウガと同じく、暖かい地域の作物で湿気がないと上手く育ちません。乾燥させないように敷き藁をして、上からたっぷり水をかけておきました。
画像11(敷き藁)

*********** スナックエンドウの初収穫 ***********
 スナックエンドウを採りました。初収穫です。まだ、若干鞘が小さいです。
画像12(スナックエンドウの初収穫)

*********** 子供から届いた母の日の花 ***********
 2階でパソコンに向かっていたら、階下から家内の呼ぶ声が聞こえました。何か慌てている様子です。下に降りてみると、仙台に住む次男夫婦から花が届いていました。家内宛で、母の日のプレゼントのようです。思いがけないプレゼントで、家内は声のトーンが少し上がっています。カーネーションとシャクヤクの花束になっていてリボンで結んでありました。早速花瓶に挿して、玄関に置きました。
画像13(次男夫婦からの送られてきた花)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ