ブログ「毎日が日曜日」内の検索

畑の準備2016年04月13日 16時28分

[畑仕事] ブログ村キーワード

*********** 鯛釣り草 ***********
 タイツリソウという少し形の変わった花です。庭に地植えにしてあり、冬の間は地上部が枯れてなくなりますが、暖かくなると芽が出てきます。
画像1(タイツリソウ)

 赤色のタイツリソウの他に、白色もあります。白色のタイツリソウは、先日、近くのホームセンターで買ってきました。株も花も小さいです。来年なれば赤色と同じくらいの大きさになると思います。
画像2(タイツリソウ)

画像3(タイツリソウ)

*********** トマトの雨避け支柱立て完了 ***********
 昨日、支柱を立てたトマトの雨避けは立てただけなので、ビニールシートをかけると風で倒れてしまいます。各支柱のところに杭を打って、支柱を杭に縛り付けました。雨避けは5mの長さがあるので、横風を受けると杭に固定しただけでは倒れるかもしれません。両端と中央に、斜めに支柱棒を交差させるて立てて、横からの風にも耐えられるようにしました。これで支柱立ては完了で、後はトマトの苗を定植して、屋根にビニールシートをかけるだけです。
画像4(トマトの雨避け支柱完了)

*********** キュウリ棚の下 ***********
 もう一つのアーチの支柱はキュウリなどの蔓性の野菜を栽培します。棚の下は苦土石灰を入れて耕しただけなので、今日は堆肥などを入れました。
画像5(キュウリ棚の下に堆肥)

 土が固そうなのでもみ殻も入れました。牛糞堆肥、油粕、ようりん、もみ殻を入れています。
画像5(キュウリ棚の下にもみ殻)

 十分に漉き込み、耕さなければならないので耕耘機を使いました。支柱を立てた後での耕耘機使用なので耕しづらいです。
画像6(キュウリ棚の下を耕耘)

 耕耘機の方向転換ができないので、一度前進させて端まで進み、その後、後退させて元の場所に戻してから、再び前進させて耕しました。
画像7(キュウリ棚の下の耕耘完了)

*********** 大根の跡地 ***********
 キュウリ棚になる下を耕した後、畑の東側、大根の跡地にも堆肥を入れました。この場所にも退避の他、油粕、ようりんを入れています。ここにはナスやピーマン、カボチャなどを植え付ける予定です。
画像8(大根跡地に堆肥)

画像9(大根跡地を耕耘)

 今日は2か所に堆肥等を入れ耕しましたが、キャベツやレタスも栽培するので、これだけでは、まだ、足りません。現在植えてある冬菜の場所も片づけて準備をしなければなりません。キャベツやレタスを定植するギリギリまで冬菜をそのままにしておいて、冬菜を片付けたら、直ちにキャベツ等の定植の準備をするつもりです。
画像10(大根跡地の耕耘完了)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ