< div class="fb-quote">

玄関ポーチにうずくまっていたツバメ2016年04月01日 16時01分

[キャベツ] ブログ村キーワード

*********** ツバメ ***********
 今朝8時半頃、玄関ポーチの柱の下にツバメがうずくまっていました。8時頃に外に出た時にはいなかったので、ツバメがやってきたのは、ほんのわずか前だろうと思います。玄関ポーチの柱に首を横たえて動こうとしません。おなかのあたりを見ると動いているので呼吸はしているようです。時々、まばたきをしてこちらの方を見ています。
画像1(玄関ポーチにうずくまっていたツバメ)

 我が家のあたりでツバメを見かけるのは4月末くらいからではないかと思います。昨日、風が強かったので、風に流されて静岡方面からやってきたのではないかと思います。力尽きている様子で、触っても逃げようとしません。とりあえず寒さを防ぐため、藁を敷いて、その上にツバメを載せました。
 おなかがすいているのかもしれないので、キャッツフードを与えてみましたが、くちばしを開けようとしません。ツバメは喉の奥の方までエサを入れないと食べないようです。くちばしの開け方が分からないので、エサをやるのをあきらめました。
画像2(敷き藁の上のツバメ)

 30分ほど経って玄関に出てみると、コンクリートのタタキの上に足を上にして、あおむけになっていました。
 このままでは死んでしまうかもしれないので、もう少ししっかりした寒さ除けを作ってやりました。葉ボタンを植えていたプラ鉢が空いていたので、この中に藁を敷き詰め、ツバメを藁の上に置きました。これで風が当たらなくなり、暖かいだろうと思います。
画像3(敷き藁を入れたポリ鉢の中のツバメ)

 ポリ鉢の中にツバメを入れて、一旦、家の中に戻り、10分後に出てみると、ツバメはいなくなっていました。
 約1時間の出来事でしたが、この間、ネットでエサのやり方やツバメの保護はどのようにするのかなど調べたり、家を出たり入ったりと気をもんでいました。家内は私が心配してあれこれとやっているのを見て、「ツバメは野鳥なので、力尽きて死んでしまってもそれが運命なんだから、そのままにしておいた方が良いのでは...」と、意外と冷静でした。
 最初に見た時には全く動こうとしませんでしたが、1時間ほど経って回復したようです。まだ、このあたりでは夜になれば5℃以下に下がる日もあるので、暖かい静岡へ戻ってくれれば良いのですが...。このブログを書いていてツバメのことが気になったので、ツバメがこの地にすでにやってきているのかもしれないと思って、ベランダに出て空を眺めてみました。しばらく経って、1羽、ツバメが西の空から東の空に向かって飛んでいました。多分、今朝見たツバメではないかと思います。1羽だけなので、早く仲間のツバメがやってくればと願っています。
画像4(ツバメがいなくなったポリ鉢)

*********** 芝刈り ***********
 芝生は、まだ、それほど伸びていませんが、芝刈りをしました。高麗芝は、まだ、枯れた状態ですが、西洋芝の方が伸びています。
 芝を刈った後、芝生の中の草を取り、肥料を撒いておきました。
画像5(芝刈り)

*********** ゴボウの発芽 ***********
 先月23日に種を蒔いたゴボウが発芽を始めました。播種後9日目です。地温が高くならないと発芽しないので、まだ、発芽しているのは数か所だけです。
画像6(ゴボウの発芽)

*********** キャベツとレタスの播種 ***********
 キャベツ「アーリーボール」とグリーンリーフレタス「レビストロ」の種まきをしました。どちらも16ポットです。
画像7(キャベツ・レタスの播種)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

寒い一日でした2016年04月02日 17時27分

[サイクリング] ブログ村キーワード

 気温が下がり、今朝は3.5℃でした。朝のうち小雨が降っていて、日中も曇り空で気温が上がりません。
 室内温室の中も20℃を下回り、18℃です。発芽が終わっているので、温度が低くても良いのですが、接ぎ木を始めているため、25℃くらいになってほしいです。
画像1(気温3.5℃)

 4月に入って、予定通りユキヤナギが咲き始めました。まだ、つぼみの方が多いですが、広い花びらが見えてきました。
画像2(ユキヤナギ)

画像3(ユキヤナギ)

 午後から市内で開催された日野正平さんのトークショーに行ってきました。NHKのBSプレミアムで、日野正平さんが自転車で日本縦断をしながら視聴者からの手紙に出てくる場所を訪ね歩くという番組に出演しています。4月から新たに、東京、神奈川、山梨を経て北上し東北方面へ向かうそうです。山梨県内を走るので、その宣伝も兼ねてNHK甲府支局が計画したトークショーです。
 このトークショーは整理券が必要で、あらかじめ往復はがきで申し込みをしなければなりません。日野正平さんが自転車で走っている番組だということは知っていますが見たことはありません。なので、関心はあっても申し込みをして出かけるつもりはありませんでした。先週、40年以上前に高校生だったT君から電話があり、「整理券が余ったので行きませんか」と誘われました。T君は還暦を迎えていますが、今も現役で自転車に乗っています。先日も、6時間余りで琵琶湖を一周しています。 整理券が余っているのなら、トークショーに行ってみるかと思い、T君からいただくことになりました。
 開演13時30分でしたが、駐車場が込み合うだろうと考え、開場になる13時前に会場に到着しました。すでに多くの方が来ていて、入口からか道路側の階段まで並んで待っている状態でした。
 会場内は座席に余裕があり、中ほどの通路際に座ることができました。甲府支局の女性のキャスターとのトークショーが始まりました。しかし、聞き手のキャスターがしゃべる方が長く、肝心の日野正平さんのトークが少なかったように思います。また、トークショーの半分くらいの時間は番組の映像が流れていました。NHK衛星放送の宣伝も多かったように思います。もう少し、日野正平さんに話をさせても良かったのではないかと残念です。



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

キュウリの接ぎ木全滅!!2016年04月03日 15時58分

[キュウリ] ブログ村キーワード

*********** ゴボウ ***********
 ゴボウは発芽を始めて3日目です。今日、子葉が出てきました。気温が低かったので、発芽はゆっくりと進んでいます。
画像1(ゴボウの発芽)

*********** ピーマンの接ぎ木 ***********
 夏野菜の苗の接ぎ木が遅れています。ナスもトマトも台木の茎が細く、接ぎ木できる状態ではありません。
 今日は無理を承知でピーマンの接ぎ木をしてみました。穂木のピーマンは””ソニアミックス”、台木は”ベルホープ”です。どちらも茎が細いので、穂木の茎を台木の茎に挿す挿し接ぎができません。台木の子葉の少し上を子葉一枚を残して斜めに切断し、茎を斜めに切った穂木を合わせました。どちらも細いのでクリップだけでは押さえられず、間にティッシュペーパーを挟んで押さえています。茎が細い場合に、私がよくやる方法です。
画像2(ピーマンの接ぎ木)

 挿し接ぎをする場合は、台木の子葉の上で切断し、爪楊枝で茎に穴を開けます。茎が細いので爪楊枝の先を削って細くしてあります。穂木や台木を切断するのはカミソリを使っています。刃が薄くシャープに切ることができるので、カッターなどよりも良いと思います。カミソリの刃を割りばしに挟んで手に持ちやすくしています。
画像3(爪楊枝とカミソリ)

*********** キュウリ ***********
 先月24日に断根接ぎをしたキュウリは、台木の方が発根せず、茎が萎れてしまいました。断根接ぎでは台木が挿し木状態になるため、穂木も台木もダメージが大きすぎるように思います。断根接ぎを8つ行いましたが、すべて萎れてしまいました。
 断根接ぎをした翌日、念のために蒔いておいたキュウリが4本あります。4本とも発芽して子葉が出てきているので、キュウリの植え付けができなくなることはありませんが、もう一度接ぎ木をするかどうか迷っています。
画像4(キュウリ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

トマト・茄子の接ぎ木2016年04月04日 17時09分

[接ぎ木苗] ブログ村キーワード

*********** 満開になったユキヤナギ ***********
 朝のうち雨が激しく降っていました。昼前に雨が止み、久しぶりに陽が射してきて暖かくなってきました。
 庭のユキヤナギは、この暖かさで一気に花が開きました。ようやく、我が家のあたりも春らしい陽気になってきました。近所の桜も五分咲きくらいになっています。今週末あたりには満開になると思います。
画像1(ユキヤナギ)

画像2(ユキヤナギ)

画像3(ユキヤナギ)

*********** トマト・茄子の接ぎ木 ***********
 遅れているトマトやナスの接ぎ木を始めました。
 下の画像はトマトの台木「Bバリア」です。本葉が2枚あり、一枚を残してカットしたかったのですが、子葉から上の茎が細くて短いので本葉2枚も切り落としてしまいました。
画像4(台木「Bバリア」)

 穂木は大玉の「ルネッサンス」です。穂木の胚軸部を斜めに切り落としてから、台木の方をカットし、接ぎ木用のチューブを台木に挿し込みます。その後、穂木の方の胚軸を子葉の下で斜めにカットして、台木の切り口に合わせて固定します。
画像5(穂木「ルネッサンス」)

 接ぎ木苗はしばらく透明のコップを被せて、1週間ほど養生します。
 今日のトマトの接ぎ木はルネッサンス、桃太郎ゴールド、アイコ、イエローアイコなどを行いました。
画像6(ルネッサンスの接ぎ木)

 ナスも接ぎ木をしました。台木の子葉の上で平らにカットして茎に穴をあけ、穂木のナスを挿しこむ方法で接ぎ木をしますが、今年は穂木も台木も茎が細いので、トマトと同じ方法で接ぎ木をしました。
 千両2号を2本だけ接ぎ木をしました。長ナスや他の千両2号の苗が小さすぎるので、接ぎ木ができません。残りのナスの接ぎ木は3日後になります。
画像7(穂木「千両2号」と台木「茄の命」)

 2日ほど前から少しずつ始めている接ぎ木ですが、まだ、かなり多く残っています。それでも温室内にはコップを被せた接ぎ木苗が16になりました。このうち成功するのは半分くらいかと思います。
画像8(接ぎ木苗)

*********** 畑のスギナ取り ***********
 畑のスギナが目立ってきました。畑の北側の空き地から入り込んでいます。玉ねぎのマルチの穴から伸びていました。マルチの穴が小さく、その上、玉ねぎが植わっているので、スギナを完全に取り除くことができません。空地から遠ざかるにつれてスギナが少なくなっているので、今のうちから頻繁にスギナを取っておこうと思います。
画像9(玉ねぎのスギナ)

 空地に近い側の長ネギのところはスギナが多く出ていました。この場所のスギナを取り除けば玉ねぎの方へ伸びてこないだろうと思います。
 スギナの地茎を完全に取り除くことはできませんでしたが、長ネギのところはきれいになりました。
画像10(長ネギのスギナ取り完了)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ