ブログ「毎日が日曜日」内の検索

気温が低い日が続いています2016年01月20日 15時23分


*********** 低温 ***********
 18日(月)の降雪以来、冬晴れの日が続いています。気温が低く、昨日の西風から、今日は北風に変わりました。
 今朝の最低気温はマイナス10℃、昨日の最高気温も2℃以下です。これだけ気温が低くても、道路がマヒしたり、物資が届かなかったりするようなことはありません。我が家ではいつもと同じ生活をしています。
画像1(温度計)

*********** ツララ ***********
 久しぶりにツララを見ました。北側の軒先にできています。
画像2(ツララ)

 家内の車は乗りだせるように雪かきをしましたが、私の車は雪に埋もれたままでした。午前中、車の周りの雪かきをして、私の車も出せるようにしました。降った直後だと雪が固まっていないので楽ですが、2日もたっているので、表面は凍り、スコップで塊を崩しながら雪を取り除いて行きます。車に傷つけないように雪かきをしたつもりでしたが、ボンネットに筋状の長い傷をつけてしまいました。
画像3(ツララ)

*********** 畑の雪 ***********
 畑の雪は手付かずです。自然に溶けるのを待つつもりですが、雪の重みでビニールトンネルが潰されているので、少し溶けかければ雪を取り除いた方がよさそうです。
画像4(畑の雪)

 2年前の大雪の時には、ビニールトンネルの支柱が雪の重みで折れてしまいました。アーチ状の支柱に渡してあった支柱棒のほとんどが折れました。そのときの教訓で、今はアーチに支柱棒を渡していません。ビニールシートが垂れ下がるのを防ぐために渡してあったのですが、トンネルを作るときにアーチ状の支柱を畝の長い方へ向かって引っ張るようにしてシートがたるまないようにしています。雪が積もればたるんでしまいますが、支柱棒が折れることはありません。
画像5(畑の雪)

 昨日、畑に降りる坂のところの雪かきをしました。畑まで降りることができるようになっています。
画像6(畑へ降りる坂)

 雪が降った月曜日、東京では電車の間引き運転のため、駅前に長蛇の列ができていました。改札口に到達してもホームまでに行くのにさらに時間がかかり、電車内も異常な混雑ぶりを呈していました。
 毎度のことですが、雪が降ることは、前もってわかっていながら、なぜ、いつもと同じ時間に家を出て駅へ向かうのか、気が知れません。月曜日は仕事があるのはわかっているのに、前の日の日曜日に、通勤方法を考えないのか、不思議でなりません。定刻に会社に着けなかったときに、電車が間引き運転していたためだという理由づけをするのかもしれませんが、自分自身に非がないとでも思っている人が多いようです。以前勤めていた頃、甲府から自宅に車で帰ると、翌日、出てこれなくなるだろうと思って、甲府に泊まったことがあります。また、朝から雪が降り積もり、道路上に車があふれることを見越して、いつもより2時間以上早く家を出たこともあります。管理職になった時には、雪が降ろうが、台風が来ようが、とにかく始業時刻までに、必ず、職場に到着していました。
 東京都区内であれば、1駅や2駅くらいは歩いてでも行けます。長靴や防寒着など、雪道を歩く、それなりの恰好をしていれば、特別、困難なことではありません。自分で判断し、行動できる人が、東京にはいないのだろうかと疑ってしまいます。駅前に並んでいる人が、テレビ取材でインタビューを受けていました。「もう、2時間近く並んでいる」とか、「会社に遅れてしまう」とが、得意げに話していましたが、その場に並んでいること自体、本人の無能さを披露していることだとは気づいていないようです。



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ