ブログ「毎日が日曜日」内の検索

葉物野菜の間引き2015年11月05日 15時26分

[春菊] ブログ村キーワード

*********** 2回目播種のほうれん草 ***********
 2回目播種のほうれん草が発芽してから、しばらく経ちました。まだ、全てが発芽しているわけではありませんが、少しずつ、増えてきています。成長を促すため、そろそろ、ビニールトンネルにした方が良さそうです。
画像1(ほうれん草)

*********** 枯れてしまった玉ねぎの苗 ***********
 玉ねぎの中に、枯れてしまった苗が幾本かありました。小さな苗は定植後に枯れてしまうことがあります。今日は3本見つけました。早速、苗床に残ってる苗を植え付けておきました。
画像2(枯れてしまった玉ねぎ苗)

*********** 間引き ***********
 京水菜、春菊、冬菜の間引きをしました。隣同士の葉が触れるようになると、間引きを繰り返し行っています。
 京水菜は各列、4本にしました。
画像3(間引き後の京水菜)

 春菊も葉が触れ合っているところを間引きました。
画像4(間引き後の春菊)

 冬菜は地菜です。一般には欠き菜と呼ばれている野菜だと思います。自家採種した種を蒔くので、畝全体が冬菜で覆われてしまいます。今日は密集しているところは、数本残して、間引きをしました。
 京水菜や春菊、冬菜の間引きをするときには、思い切って抜かないと、いつまで経っても大きく育ちません。
画像5(間引き後の冬菜)

 今日は、かなり多めに間引きをしてみました。冬菜は畝の半分まで間引きましたが、間引いた苗の方がはるかに多く、山積みになりました。
画像6(間引き後の冬菜)

*********** 京水菜のの移植 ***********
 間引きした京水菜を別の場所に移植することにしました。まず、移植場所に畝を作らなければなりません。畝幅50センチ、畝長5メートルの畝を作りました。この場所はサツマイモが植えてあったところで、サツマイモの収穫後に苦土石灰を入れて耕してあります。
 堆肥と化成肥料を入れて耕し、畝を作りました。京水菜は、すでに2箇所に栽培しています。3箇所目のこの場所では、畝にマルチを掛けて地温を上げて栽培してみます。
画像7(畝作り)

 株間50センチの2条植えで、間引きした京水菜を植え付けてみました。
画像8(京水菜の移植)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ほうれん草・冬菜のトンネル2015年11月06日 16時57分

[ほうれん草] ブログ村キーワード

*********** 白菜のトンネル ***********
 2畝ある白菜ののうち、一畝だけ虫除けのトンネルを外していましたが、残りの一畝もネットを外しました。
 葉が重なっているので、外から虫が入り込むことがなくなったので、トンネルは不要です。また、これから寒くなるので、外葉でくるんで藁で縛っておけば防寒にもなるので、収穫してしまわなくても畑に残して置くことが出来ます。
画像1(白菜のトンネル)

*********** 聖護院大根 ***********
 総太り大根が、更に大きくなり、土寄せをした上へ伸びていました。生育が遅い丸大根の聖護院も大きくなってきました。日当たりが良い畝の端の聖護院大根が最も大きいです。
 大根は12今月の始めに掘り出して地中保存にします。畑に残すと、冬の間の厳しい寒さで、大根が凍ってしまうので、毎年、地中に保存しています。
画像4(聖護院大根)

*********** 芽キャベツ ***********
 初めて栽培している芽キャベツです。まだ、小さな芽キャベツですが、下の方にたくさん付いていました。
画像5(芽キャベツ)

*********** ほうれん草 ***********
 一回目播種のほうれん草を収穫しました。
 早い時期に種を蒔いたためか、トウ立ちしている株もありました。
画像2(ほうれん草)

画像3(収穫したほうれん草)

*********** ほうれん草と冬菜のトンネル ***********
 二回目播種のほうれん草と間引き菜を移植した冬菜です。ほうれん草の畝に、種を蒔いた直後に猫の足跡が付いていました。猫よけに畝の回りをネットで囲っていましたが、ほうれん草がほとんど発芽しているので、少し地温を暖めて成長を早めたいと思います。
画像6(ほうれん草と冬菜)

 昨日に比べると、ほうれん草の発芽がすすんでいます。
画像7(ほうれん草)

 冬菜も間引き菜を移植した直後は、萎れていましたが、今はしっかりと根付いているようです。
画像8(冬菜)

 ほうれん草と冬菜に、穴あきのビニールシートのトンネルを作りました。ビニールシートで密閉してしまうと温度が上がりすぎるので、穴あきのシートにしました。
画像9(ほうれん草と冬菜のトンネル)

*********** 走行距離20キロ ***********
 午後、サドルの具合を見るため、1時間半ほど走ってきました。
 コースはいつもと同じで、鹿留川上流へ行き、そこから引き返して桂川沿いに暮地の坂の下まで行って、戻ってくるコースです。
 サドルを、トレンクルに付けていたクッションのあるものに取り替えました。このサドルならお尻が痛くなりません。若干、サドルの位置を前下がりにしたため、前へ滑る感じがします。もう少し水平に近づけた方が良さそうです。
 チェーンは相変わらず、カタカタ音がします。新しいチェーンなので、伸びているとは思えないのですが、この状態が続くようなら取り替えてみることも考えて見ます。
画像10(走行距離など)

*********** 鹿留川・岩下橋付近 ***********
 
画像11(鹿留川・岩下橋)

*********** 桂川・大池橋付近 ***********

画像12(桂川・大池橋付近)

画像13(桂川・大池橋付近)

画像14(桂川・大池橋付近)

画像16(カリンの木)

画像15(カリン)

*********** 下暮地付近 ***********

画像17(下暮地付近)

画像18(下暮地付近 フジサン特急)

画像19(下暮地付近の紅葉)

*********** 都留市境付近 ***********

画像20(都留市境付近)

画像21(都留市境付近から見た富士山)

*********** 鹿留川おなん淵付近 ***********

画像22(鹿留川おなん淵)

画像23(鹿留川おなん淵の疎水)

画像25(東桂付近の柿)

画像24(東桂付近の柿)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

大根の土寄せ2015年11月07日 15時02分

[大根] ブログ村キーワード

*********** 天気は下り坂 ***********
 今朝は、久しぶりに曇っていました。昨日まで青空が広がっていましたが、今日から天気は下り坂です。
 それでも、午前中は陽が射していて、穏やかな天気でした。昼を過ぎた頃から、雲が広がり、風が冷たくなってきました。今夜から明日、明後日あたりまでは雨になりそうです。雨が上がると冷たい大陸の高気圧が張り出してきそうなので、天気は安定しますが気温が下がってくると思います。
画像1(今朝の空)

*********** 大根の土寄せ ***********
 先月21日に一回目の土寄せをしてから20日近く経ちました。
 大根は15センチほど伸びていて、掛けた土の上に出てきました。
画像2(大根)

 畝間が狭く、一畝に2筋、大根を植えているので、土寄せが難しいです。土寄せをする度に、畝の間が深くなって行きます。
画像3(大根の土寄せ)

 株間が狭くて根首まで土寄せが出来ないところもあります。畝の端だけは、土寄せが楽なので根首まで土を掛けることが出来ました。
画像4(大根の土寄せ)

 土寄せをしながら、大きめの大根を一本収穫しました。手頃サイズの大根です。
画像5(収穫した大根)

*********** キャベツの初収穫 ***********
 キャベツは定植してから2ヶ月近くになります。結球して、次第に肥大してきています。大きそうなキャベツを一つ、採ってみました。
画像6(キャベツ)

画像7(収穫した大根とキャベツ)

*********** ニンジンの間引き ***********
 ニンジンの間引きをしました。収穫出来るくらいの大きさになっているニンジンもありました。間引きを繰り返して、株間を広げ、来月初めには大きなニンジンが収穫出来そうです。
画像8(ニンジン)

*********** ブロッコリー ***********
 ブロッコリーに花蕾ができています。現在は主茎にあるだけですが、次第に脇茎にも花蕾が出来てくると思います。
画像9(ブロッコリー)

 今年初めて栽培しているスティック・ブロッコリーです。一般のブロッコリーは花蕾がギュッと詰まっていますが、スティックのブロッコリーは花蕾の詰まり具合が緩めです。脇茎から小さな花蕾がいくつも現れていました。
画像10(スティック・ブロッコリー)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

結球タイプのレタス2015年11月08日 16時24分

[レタス] ブログ村キーワード

*********** 雪虫 ***********
 朝から小雨が降っていました。無風で、気温が低く、日中になって気温が上がってきません。
 こんな日に雪虫が飛ぶことが多いです。雪虫は先月下旬頃から見かけていますが、今日は多く飛んでいました。
 下の画像は飛んでいる雪虫を撮ったつもりですが、コンパクトカメラでは背景にピントがあってしまって、小さな雪虫を捉えることができません。
画像1(雪虫)

 飛んでいる雪虫を手では叩くと、簡単に落とすことができます。地面に落ちた雪虫は、しばらく動きませんが、すぐに飛び立ってしまうので、素早く撮れば、クローズアップの画像が撮れます。
画像2(雪虫)

*********** レタス ***********
 昨日、キャベツを初収穫しましたが、レタスも採ってみました。
 レタスはキャベツと同じ時期に定植しているので、収穫ができるくらいの大きさになってきました。
 結球するタイプのレタスですが、なかなか結球してくれません。中に葉が萎れていて元気のないレタスが3個見つかりました。見た目は結球していてよさそうに見えるのですが、葉が萎れて丸まっているだけで、根元の茎のあたりがドロドロに溶けていました。茎の外側はよさそうななのですが、切ってみると茎の中が中空になっていて溶けています。根腐れ病のような気がします。
画像3(レタス)

 1,2個レタスを採って家の中に持ち帰りました。夜になって、キッチンの床の上にナメクジがいました。たぶん、レタスの葉に付いていたのだろうと思います。レタスには、アブラムシとナメクジが代表的な害虫になります。気温が低いのでアブラムシはついていませんが、ナメクジがいたようです。ナメクジは夜間に活動するので、昼間、レタスの外見だけでは見つけることができません。

 レタスの栽培を始めた時は、結球タイプのものを作っていました。しかし、溶けてしまったりすることが多かったので、ここ数年、”レビストロ”という葉が結球しないタイプのレタスを栽培していました。
 今回、”レビストロ”の種を購入し忘れたので、近くのホームセンターから結球タイプの種を買ってきて、育てています。茎が溶けたり、ナメクジが付いたりするので、やはり次回からは”レビストロ”の種を使うことにします。
画像4(レタス)

*********** 年賀状作り ***********
 毎年、この時期になると年賀状の文面のデザインを考えなければなりません。我が家の年賀状の話ではなく、近所のAさんの年賀状の話です。毎年、Aさんちの年賀状の印刷をしています。80歳を過ぎた老夫婦なので、自分で年賀状の文面を作成したり、表のあて名書きをするのが面倒になってきているようです。
 2日ほど前に、Aさんが今年届いた年賀状を持って来ました。20枚ほどの印刷なので、特に面倒なことはありませんが、文面のデザインについては、Aさんに決めてもらわなければなりません。毎年、7~10種類の文面を作って、その中からAさん夫婦に選んでもらいます。
 まず、ネットで無料で使える年賀状のテンプレートを探して、それにAさんの住所、氏名を書き入れて、7種類の文面を作りました。何年も作っていると、Aさん夫婦の好みが分かるので、気に入ると思われるデザインを選んで作成しています。
 文面が決まれば、年賀状を買ってきて表と裏を印刷して届けることにしています。届ける時期が早すぎると、年賀状の受付前に投函してしまうことも考えられるので、受付が始まる直前に届けるようにしています。
 Aさんの年賀状の作成が終われば、我が家の年賀状の作成に取り掛かります。義父が元気だった頃には、義父の年賀状も作成していたので、11月は、結構、忙しかったです。住所録の管理もしていました。義父が年賀状のやり取りする方たちは、義父と同じく高齢で、1年の間に何人も亡くなっていたりします。名住所録から削除するのか、それとも、その年だけ喪中で年賀状を出さないのか、いちいち、義父に聞かなければなりません。また、前年、喪中だった方のところへは出す場合と出さない場合があるので、これも義父に聞かなければわかりません。
 高齢になって、自分で年賀状を書けないのなら、止めればよいと思うのですが、本人は今まで通り年賀状を出したいと思うようです。
 私も高齢者の仲間入りをしているので、自分で作成できなくなる前に、年賀状を減らす方向で検討しなければと考えています。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ