ブログ「毎日が日曜日」内の検索

葉物野菜の間引き2015年11月05日 15時26分

[春菊] ブログ村キーワード

*********** 2回目播種のほうれん草 ***********
 2回目播種のほうれん草が発芽してから、しばらく経ちました。まだ、全てが発芽しているわけではありませんが、少しずつ、増えてきています。成長を促すため、そろそろ、ビニールトンネルにした方が良さそうです。
画像1(ほうれん草)

*********** 枯れてしまった玉ねぎの苗 ***********
 玉ねぎの中に、枯れてしまった苗が幾本かありました。小さな苗は定植後に枯れてしまうことがあります。今日は3本見つけました。早速、苗床に残ってる苗を植え付けておきました。
画像2(枯れてしまった玉ねぎ苗)

*********** 間引き ***********
 京水菜、春菊、冬菜の間引きをしました。隣同士の葉が触れるようになると、間引きを繰り返し行っています。
 京水菜は各列、4本にしました。
画像3(間引き後の京水菜)

 春菊も葉が触れ合っているところを間引きました。
画像4(間引き後の春菊)

 冬菜は地菜です。一般には欠き菜と呼ばれている野菜だと思います。自家採種した種を蒔くので、畝全体が冬菜で覆われてしまいます。今日は密集しているところは、数本残して、間引きをしました。
 京水菜や春菊、冬菜の間引きをするときには、思い切って抜かないと、いつまで経っても大きく育ちません。
画像5(間引き後の冬菜)

 今日は、かなり多めに間引きをしてみました。冬菜は畝の半分まで間引きましたが、間引いた苗の方がはるかに多く、山積みになりました。
画像6(間引き後の冬菜)

*********** 京水菜のの移植 ***********
 間引きした京水菜を別の場所に移植することにしました。まず、移植場所に畝を作らなければなりません。畝幅50センチ、畝長5メートルの畝を作りました。この場所はサツマイモが植えてあったところで、サツマイモの収穫後に苦土石灰を入れて耕してあります。
 堆肥と化成肥料を入れて耕し、畝を作りました。京水菜は、すでに2箇所に栽培しています。3箇所目のこの場所では、畝にマルチを掛けて地温を上げて栽培してみます。
画像7(畝作り)

 株間50センチの2条植えで、間引きした京水菜を植え付けてみました。
画像8(京水菜の移植)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ