ブログ「毎日が日曜日」内の検索

フロントがっぶの修理完了2015年10月01日 17時14分

[ランドナー] ブログ村キーワード

 昨日から右耳の奥でガサゴソと音がしていました。9月中に一度、右耳から耳だれが出ていたので、耳鼻科へ行って治療しました。しばらくは良かったのですが、再び、耳の奥の方に耳だれが出ているようです。
 私の耳は両方とも鼓膜が無くなっていて、聞こえにくくなっています。幸い聴覚神経は正常なので、普段の生活に困ることはありませんが、高い音や低い音が聞くづらいです。
 左耳は中学生の頃にクラスの生徒がふざけて平手で左耳を叩いたことから、一時聞こえにくくなり、その後、慢性の中耳炎になりました。40代の後半に、突然、左耳が聞こえにくくなったので、診てもらったところ鼓膜が無くなっていました。
 同じく40代後半に右側耳下線種が出来、手術しました。手術は成功したのですが、術後の診察で、消毒液を傷口に塗るときに、誤って耳の中にまで入ってしまいました。消毒液が鼓膜まで達し、鼓膜が溶けて無くなってしまいました。鼓膜の再生治療をしましたが、元には戻りませんでした。医師の治療ミスで起こったことですが、医者が教え子でもあったので、特に慰謝料等の請求をしていません。
 今日一日、右耳に違和感があり、炎症を起こしているように思います。前回の治療で出してもらった薬が残っていたので、今日一日は、薬を飲んで炎症を抑えていますが、明日、まだ、耳だれが出ているようなら、再び、耳鼻科へ行って診てもらうつもりです。

 フロントバッグの修理は3日目になりました。
 側面の縁にバイアステープを縫い付ける作業が残っていたので、午前中は、その作業をしました。
 午後から、マップカバーの取り付けや背面の革ベルトの補強、ハトメの取り付けなどをしました。背面の革ベルトはひび割れが出来ていたので、上から新しい革を接着剤で貼り付けました。接着が上手く行かなければ、革の周囲を縫い付けるつもりですが、今のところ張り付いているので縫い付けることはしなくても済みそうです。
 最後に、丸ゴムをポケットや内蓋などに取り付けて完成しました。
画像1(修理完了のフロントバッグ 上面)
上面に取り付けたマップカバー

画像2(修理完了のフロントバッグ 前面)
前面のポケット部

画像3(修理完了のフロントバッグ 中蓋)
中蓋 バイアステープを縫い付けてある

画像4(修理完了のフロントバッグ 背面)
背面上部の革ベルトの補強と後ろポケット部 



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

フロントディレーラーの取り替え2015年10月02日 16時47分

[ランドナー] ブログ村キーワード

*********** 爆弾低気圧が過ぎ去って ***********
 昨夜から今日未明にかけて爆弾低気圧が通り過ぎました。
 風雨が強かったですが、畑のトマトの屋根などは無事でした。
 そろそろ畑の準備をして、水菜や春菊などを蒔かなければなりません。

 今朝も右耳がおかしいので、病院へ行きました。前回と同じ治療をして、同じ薬をもらって帰ってきました。一度、罹ると、完治するまでに時間がかかります。治療をしたので少し楽になりましたが、耳の後ろのあたりが重苦しい感じがしています。
画像1(爆弾低気圧が過ぎ去った畑)

*********** クイックエースのレストア ***********
 午後からクイックエースのレストアにかかりました。
 今日はフロントディレーラーの取り換え、ブレーキシューを取り付け、ワイヤーを張ることなどをしました。
 これで完了かと思いますが、あちこち手直ししなければならないところがあります。
画像2(クイックエース)

 フロントディレーラーは先日、Mさんか送ってくれたサンツアーNSLを付けました。最初、チェーンを切らないで取り付けようとして、ガイドプレートの止めねじを外しました。
 しかし、付いていたシマノのディレーラーのガイドプレートが外せないことがわかり、結局、チェーンを切らなければならなくなってしまいました。
 チェーンを切ってシマノのディレーラーを取り外し、サンツアーのディレーラーを取り付けました。ガイドプレートのネジを締めなおさなければならなく余分な作業になってしまいました。
 フロントディレーラーの取り付けは、それほど難しくないのですが、ローからハイへの切り替え時にチェーンが外れてしまうので、ハイの調整ネジを締めてガイドが外側に出すぎないようにしてみました。しかし、何度やってみてもチェーンが外れてしまいます。ガイドの高さがいけないのかと思い、取り付けを何度かやり直して、ようやくローからハイへの変速もできるようになりました。しばらくやっていない作業なので、結構、手間取ってしまいました。
画像3(フロンディレーラー)

 ダウンチューブのシフトレバーもMさんの提供です。インデックス式と勝手が違い、リアシフトで2段、3段と飛ばしてしまったりしています。シフトレバーの微妙な動きが必要です。感覚的に覚えるまで少し時間がかかりそうです。
画像4(シフトレバー)

 カンチブレーキのアーチワイヤやシューの取り付け、ブレーキワイヤーの取り付けも行いました。カンチブレーキの動きが悪く、ブレーキをかけた後、元に戻ってくれません。台座のボルトの締めが強すぎるのか、バネが弱いためか、いずれにしても少し調整をしなければなりません。
 家の周りを一回りしてみて、カンチブレーキの効き目を確かめましたが、Vブレーキに比べると効き目が弱いです。特に、リアブレーキの効き目が弱く、少々心配になりました。
 さらに、ハンドルが緩く、フォークにしっかりと固定されていないような気がします。クイックレバーで強く締め付ければよいのかもしてませんが、何となく不安です。ヘッド部は自転車屋で取り換えられているので、元のヘッドに戻した方がよいのかもしれませんが、ベアリングの入っているリング径が、昔のに比べると大きいので、簡単には戻せません。
 クイックエースはほぼ完成しましたが、乗り出すまでには、まだ、不安があり、手直しをしてゆかなければならないようです。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ゴーヤの撤収2015年10月03日 15時40分

[オクラ] ブログ村キーワード

*********** 玉ねぎ ***********
 ここ数日、畑をゆっくり見回っていなくて、ランドナー「クイックエース」のレストア作業をやっていました。
 今日は久しぶりに畑に出て、野菜の生育状態を見回りました。
 キャベツやレタス、白菜は順調に育ち、白菜の中には結球し始めているものもありました。
 ブロッコリーやカリフラワーも草丈が伸びてきましたが、3株ほど萎れて枯れているブロッコリーがありました。
 玉ねぎは、太さも丈もよく成長しています。これくらいの大きさで植え付けた年もあったので、今年は少し大きめの苗になりそうです。
画像1(玉ねぎ)

*********** ゴーヤ棚の片付け ***********
 玉ねぎの植え付けのためのスペースを作らなければならないので、ゴヤやトマト、茄子を片付けなければなりません。
 今日はゴーヤの棚を片付けることにしました。
 ゴーヤは葉も枯れいなくて、花や実もあります。まだ、これから先も収穫が出来そうです。
画像2(ゴーヤの棚)

 夏野菜は片付けるときが一番迷うときでもあります。もう少しおいておけば、収穫出来るのではと、いつも思ってしまいます。次の野菜の植え付けのことを考えると、早く片付けた方が良いのですが、一日、二日と片付ける日が延びて行きます。
画像3(ゴーヤ棚の撤収)

*********** オクラ ***********
 先月、オクラの果にツブツブができていたので、追肥をしましたが、その後、生った果の表面が正常に戻りました。
画像4(オクラ)

 オクラのイボ果は、地中の水分過多や低温などでも生じますが、我が家のオクラは肥料不足だったようです。
画像5(オクラ)

*********** 本日の収穫 ***********
 ゴーヤを片付けながら、少し小さめでしたが果実を採りました。
 オクラも正常に戻り、花が次々と咲いていて、果実も生っています。
 トマトは、ミニのイエローアイコだけが果実を付け、収穫できます。大玉の桃太郎ゴールドやルネッサンスにも花が咲いていますが、これから先、結実し肥大して行くためには、かなり時間がかかりそうです。片付けなければならないので収穫は無理です。
画像6(本日の収穫)

*********** ランドナー「クイックエース」 ***********
 カンチブレーキの動きが悪いので、なにか良い方法はないかと、昨夜ネットで調べてみました。
 台座の円柱にブレーキ本体を差し込むので、まず、この動きをよくしなければなりません。この部分にグリスを塗って見たみたいと思っています。また、本体を挟んでボルトを円柱の穴にねじ込むときに、余り締めすぎると動かなくなり、緩くしすぎるとボルトが外れてしまう危険性があります。動かなくなる直前のところまで締めなければなりませんが、ボルトがこれ以上緩まないようにするための緩み止め剤をボルトに塗って締めてみようと思っています。いくつか試してみて、ブレーキがスムースに動くようにしなければなりません。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ランドナー「クイックエース」のレストア完了2015年10月04日 15時38分

[ランドナー] ブログ村キーワード

*********** 大根の間引き ***********
 今朝9時前に、東京に住む家内の妹から電話があり、”今、談合坂のサービスエリアにいる。10時前にはそちらに着けると思う。”と、連絡がありました。前もって今日、来ることが分かっていましたが、いつもと変わらずのんびりしていたので、あわてて、畑に出て大根の間引きをしました、妹夫婦に間引き菜を持って帰らせようと考えたからです。
 大根の間引きは、今回が最後になると思います。間隔が詰まっているところだけを抜き取りました。大根そのものは、まだ、小さいですが、”大根おろし”くらいは出来そうです。
 畑から戻ってきたところで、丁度、妹夫婦が到着しました。畑を見たり、少し話をした後、施設に入っている義母のところへ行くため、帰って行きました。
画像1(大根の間引き菜)

*********** ランドナー「クイックエース」 ***********
 午後は、”クイックエース”の不具合箇所を調整しなおしました。
 先日、修理が完了したフロントバッグも取り付けてみました。次第に、40年前のクイックエースがよみがえってきます。
画像2(クイックエース)

 ハンドルバーのテープが白なので、当時と同じ茶系のテープを巻く予定です。
画像3(クイックエース)

 今日の作業は、最初にカンチブレーキの動きをよくすることです。ブレーキ本体を外し、台座の円柱部分にグリスを塗りました。バネの動きをよくするためバネにもグリスを付けました。ブレーキ本体を台座にはめ込み、ボルトの座金にもグリスを付けて締めて行きましたが、やはり、きつく締めすぎると、動きが悪くなります。台座の円柱がはめ込んだ本体からほんのわずか(0.2~0.3mm)飛び出していれば、動きがスムースになるのですが、飛び出しが全くない状態になっているため、強く締めすぎると、動かなくなってしまします。締める前にボルトのねじの溝に、”緩み止め”を1,2滴付けてから、本体が動かなくなる直前までボルトを締めておきました。多分、これでボルトが緩むことはないだろうと思います。
 フロント側のブレーキは上手く出来ましたが、リア側の右ブレーキの動きが悪く、何度も締め具合を調整して、一応、バネの力で戻るようになりました。
画像4(カンチブレーキの台座)

 ブレーキの調整の後、トークリップを付け替えました。自転車屋で付けてくれたトークリップはMサイズです。私が使っていたのはSサイズだったので、元のトークリップに変えました。少々錆が目立ちますが、機能的には変わりはありません。
 トークリップをMサイズからSサイズに変えた理由は、フロント側の泥よけにトークリップが当たってしまうからです。Sサイズにしても、少し当たりますが、Mサイズよりは、当たりが少ないです。
 泥よけのU字ステーの飛び出している部分が当たるので、U字ステーの位置を少し下げるか、上げるかすれば当たらなくなります。手直ししてみようかと思っています。
画像5(トークリップ)

 40年前のクイックエースのハンドルバーには、付属品を何も付けていませんでした。ベルはステムに取り付けていたので、ハンドルバーはフロントバッグのベルトだけが付いているだけでした。
 今ではサイクルコンピュータやライトなどをハンドルバーの付近に取り付けることが多いです。
 ライトはダイナモをフォークに取り付けていましたが、先日、トンネルで点灯してみたところ、暗すぎて前の路面の状態が分からず役に立ちませんでした。ダイナモをあきらめ、LEDのライトを同じ位置に取り付けられるとベストですが、取り付け金具がなく(取り扱っている店もあるようですが)、ヘッド周りに取り付けることにしました。
 フロントバッグを装着した状態でライトが前方を照らすようにするため、ハンドルバーに10センチほどの長さの補助バーを取り付け、ハンドルバーよりも少し上にライトが出るようにしました。
画像6(ヘッド周り)

画像7(ヘッド周り)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ