ブログ「毎日が日曜日」内の検索

芝生の手入れ2015年09月01日 16時37分

[芝生] ブログ村キーワード

*********** 雨が止んで... ***********
 朝から雨が降り続いていましたが、午後になって雨が上がり、一時、青空が見えました。日差しが戻ると、まだ、夏の厳しい暑さが残っています。
 陽が出始めた途端に、どこからともなくアゲハチョウが庭に飛んできました。ブーゲンビリアやハイビスカスの花に黒アゲハがやって来ています。
画像1(ブーゲンビリアと黒アゲハ)

 雨が降っている間、アゲハはどこにいたのか、雨に打たれることもなく、晴れるとひらひらと舞っているのが不思議です。
画像2(ブーゲンビリアと黒アゲハ)

*********** 芝生の手入れ ***********
 雨が上がった午後、芝生の手入れをしました。
 先日、サッチの除去や草取りをした続きです。芝も伸びていますが、草の方も芝に劣らず伸びていて芝生の中で目立っています。
画像3(芝生の雑草)

 雑草を取り、サッチを取り除いて、目土を入れました。
 しゃがんで行う作業なので、腰に負担がかかります。ここ1ヶ月ほど腰の右側に痛みがあります。2年前の1月に同じ場所が痛み、病院へ行きました。レントゲンで骨を調べましたが、特に異常はないとのことで、湿布薬を出されただけでした。それからしばらくして痛みは治まりました。その後、年に何回か同じ腰痛が起こります。
 今回は腰痛だけでなく、右足指の関節に痛みが出てきました。数日前、朝起きて2階から階段を下りようとしたときに、右足の薬指(足の場合も薬指というのか分かりませんが...)と土踏まずの間くらいのところがコキコキと歩く度に動き、痛みがあります。しばらく経つと、自分でも忘れてしまうのか痛みがなくなります。腰痛と関係があるのかも分かりませんが、年齢と共にあちこちにガタが出てきているようです。
 腰に負担を掛けないように、芝の手入れを1時間ほどして途中で止めました。
画像4(芝生の目土)

*********** インゲン ***********
 2回目はシュのインゲンは、蔓がドンドン伸びてきて、棚に絡まらないで蔓同士が絡み合って束になっています。棚の中の方を蔓を持ち上げて調べると、鞘に虫が入ったり、鞘が茶色くなったりしています。
画像5(インゲン)

 インゲンを収穫してみましたが、形の整った鞘が少なく、多くは採れませんでした。
 キュウリが1本と中玉トマトを収穫しました。このトマトは、脇芽欠きをしたときの脇茎を土に挿しておいたレッドオーレです。堆肥置き場の近くに挿しておいたので、私の背丈を超えるくらいまで伸びています。
画像6(本日の収穫)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

久しぶりの青空2015年09月02日 15時46分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** 夏が戻ってきました ***********
 今朝、一時雨が降りましたが、次第に空が明るくなり、青空が戻ってきました。
 我が家の西の方角にある三つ峠が雲間から頭を出していました。
画像1(三つ峠)

 午後になると青空の範囲が広がり、暑くなっています。山の向こう側に積乱雲も出ていました。
画像2(青空)

 発芽するまで日陰に置いてあった白菜やキャベツのポットを畑の方へ移動しました。長雨と日照不足で、苗は若干徒長気味です。
画像3(白菜等の苗)

*********** トマト ***********
 畑の土は、まだ、湿っていて耕すことが出来ないので、トマトの蔓下ろしをしました。今日は、レッドオーレとイエローアイコの2株、蔓下ろしをしました。雨避けの屋根に近い、高いところになっていたレッドオーレの果実にはオオタバコガの幼虫が入り込んでいました。オオタバコガが飛来すると上の方の明るい方へ行くため、上の方に出来た果実に卵を産みつけるようです。
画像4(トマトの蔓下ろし)

 以前、蔓下ろしをした大玉トマトのルネッサンスは、4、5個実をつけているところがあります。摘果をしなかったため、大きくなるに従って、実が押し合っています。
画像6(ルネッサンス)

 そのうちの一つにオオタバコガの幼虫が入り込んでいました。最も赤くなっていたトマトです。収穫しようとして、果柄のあたりを見たら大きな穴が開いていました。収量が減ってきたこの時期、貴重なトマトだったので大変残念です。
画像5(オオタバコガの幼虫)

 ミニとマトのイエローアイコは脇枝が幾本も伸びていたので、実が生っていない脇枝を取り除いて少し整理しました。主茎は2mほどになっています。約1m下へ下ろして、地面に着いた下の茎に土をかけておきました。土を掛けた茎から根が出てくるので、養分が先端の果実に届きやすくなると思います。
画像7(イエローアイコ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ランドナー「クイックエース」完成2015年09月03日 15時34分

[ランドナー] ブログ村キーワード

 先月29日以来畑に姿を見せなかったKさんがやって来ました。畑が売れなかったのでショックを受けているのかと思っていましたが、耕耘機で畑を耕していました。農業資材を貰っていたのですが、これから一年間は畑をやると云うことなので、資材を返すことにしました。支柱棒は畑と空き地の間に立てているので、そのままにして、Kさんのさんが使うときに渡すようにして、他の資材は全て返しました。

 午後は待望のクイックエースを引き取りに行きました。
 今年1月に持ち込んでから8ヶ月かかってしまいました。
 これまで何回かメールで督促をしていましたが、なかなか取りかかってもらえないので、7月のメールで、1ヶ月後までに仕上がらない場合は、クイックエースのレストアはあきらめて引き上げると伝えました。それから以後、1~2週間毎に進捗状況を問い合わせ、リストアの催促をしてきました。私が依頼した自転車屋さんは市内の「NNLLレーシングサイクル」といいます。店主は中野有太さんでロードなどの自転車や部品を多く取り扱っていて、数年前まで東京で店を出していたそうです。ヤフオクにも多く出品しています。メカに詳しく、イベントなどにも出かけたりしていてとても忙しい方です。
 レストアの完了を先月末に知らせてきました。今月1日、2日は地域のお祭りでかり出されるので3日以後に取りに来て欲しいと言われていました。
 完成した自転車は、フレーム、クランク、BB、チェーンホイール、ペダル、フロントハブ以外は全て取り替えられていました。依頼したときに、調べてみて取り替えた方が良い部品はメーカーを問わないので取り替えて欲しいと伝えてあります。
 クイックエースはタイヤをつけたままで、フロントフォークを抜いて輪行できることが最大の特徴ですが、完成したクイックエースは、その特徴がなくなっています。
画像1(ランドナー クイックエース)

画像2(ランドナー クイックエース)

 ブレーキはマファックのカンティブレーキでしたが、制動力のあるVブレーキになっています。Vブレーキは強い力が掛けられるので制動力はありますが、フレームの台座が変形知る恐れがあります。そのことを伝えると、中野さんは台座よりもむしろシートステイブリッジ部分が広がることがあると云っていました。
 また、ブレーキシューとリムの間が極端に狭くなっていて、前輪を外す場合にはタイヤの空気を抜かないと外れないようです。カンテキーブレーキ用に造られたフレームなのでどうすることもできません。会わせられるカンティブレーキを探して貰ったようなのですが、合うものがなかったようです。
 リムのシューとの隙間が狭いので、リムがぶれるようになると早めに振れ取りをした方が良さそうです。
画像3(ブレーキ)

 リアとフロントのディレーラーは摩耗が激しくそのまま使うことが出来ませんでした。ディレーラーについては新しい物に取り替えて欲しいと思っていたので、期待通りになっています。
画像4(RD)

画像5(FD)

 最も大きく変わったのがハンドル周りです。ブレーキレーバー、変速レバー、ステム、ハンドルバーは、私にとっては馴染みの薄いものになりました。ランドナーの少しウェーブしたハンドルバーが懐かしいです。
画像6(ハンドル周り)

 クイックエースの面影がなくなってしまいましたが、唯一、フレームを塗装したときに残した「APLS]のロゴがクイックエースのフレームであることを表しています。
 自宅に戻り、家の近くを試走してみました。ハンドル位置がかなり低く感じます。若い頃、こんなに前傾姿勢で走っていたのかと、チョットびっくりです。変速レバーに慣れていので、しばらくは違和感があるかもしれません。それとトップチューブを跨ぐことに苦労します。若い頃のように足が上がらなくなっています。自転車を少し斜めにして足を上げる高さを低くするなど、乗り出す前に慣れなければと思っています。  サドルの高さや前後位置などを調節して、自分の体型に合った自転車にしてみます。
画像7(アルプスのロゴ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ランドナーの試走2015年09月04日 17時10分

[ランドナー] ブログ村キーワード

*********** 姫リンゴ ***********
 姫リンゴ「アルプス乙女」が赤く色づいてきました。
 「アルプス乙女」の横に「フジ」が植えてあります。4年ほど前に両方の苗木を植え付けました。姫リンゴの方は良く年から花をつけ、実がなり始めましたが、「フジ」の方は7年経たなければ花をつけないそうです。あと3年経てば受粉用の「アルプス乙女」と一緒に花が咲いてくれるはずです。
画像1(姫リンゴ)

*********** オオタバコガの幼虫 ***********
 昨日、大玉トマトの「ルネッサンス」にオオタバコガの幼虫を見つけました。同じ房にあった4個の果実に糞のような物がポツポツと付いています。4個とも赤くなりかけていたので房ごと採ってみました。
画像2(ルネッサンス)

 4個のうち2個の果実の果柄の周りに食べられた穴があり、中に幼虫がいました。
 オオタバコガの発生時期は夏から秋にかけて数回あるそうです。今回、ミニトマトにも見つかっているので、発生時期に当たっているのかと思います。
画像3(ルネッサンスのオオタバコガの幼虫)

 無事だったの頃のルネッサンス2個と桃太郎ゴールド1個を収穫しました。
 トマトの他には、茄子、ピーマン、シシトウ、オクラ、キュウリなどが収穫出来ました。
画像4(本日の収穫)

*********** ランドナー「クイックエース」の試走 ***********
 今日は朝から晴れていましたが、昼頃になって雲行きが怪しくなってきました。午後からランドナー「クイックエース」の試走に出かけるつもりでしたが、少し天気の様子を見ることにしました。午後2時頃になって再び晴れてきたので、出かけることにしました。
 最後にクイックエースで走ったのは今から30年以上前です。今、レストアしたクイックエースで走っているのが不思議な気がします。今回のレストアではフレームと前輪、チェーンホイール、クランク、ペダル、ボトルゲージ、フロントキャリア、ダイナモが当時のままで、それ以外は新しい部品になっています。なにか別の自転車に乗っているような感覚です。
 コースは、これまでトレンクルで走ったのと同じにしました。桂川沿いに富士山方向へ上る道です。
 4キロほど行ったところの風沿いに花壇がのある公園があります。ここから富士山が見えるのですが、あいにく雲がかかっていました。写真を撮っていると、公園の傍の家からおばさんが出てきて「公園で休んでいってください」と、声を掛けられました。トレンクルで来たときにも何度かここで写真を撮ったことがありますが、話しかけられたのは初めてです。学生の頃には、地元の方に「どこから来たのか?」と、よく話しかけられました。ランドナー「クイックエース」は旅人の雰囲気があるのでしょうか?
画像5(西桂の公園)

 富士吉田に入る手前にある急坂も難なく上りきりました。フロントギアは46Tと32Tの二段です。チェーンホイールのトップは48Tとか50Tとかにしたことがありますが、私の脚力からは46Tが最も合っていました。リアの最大端数は28Tです。フロント32T、リア28Tにすると、ほとんどの坂道は登り切れました。旅をする自転車なので、ロードバイクのようにスピードはしれほど必要ありません。平均時速16~18キロで走ることが出来れば十分です。
画像6(暮地の坂の上)

 坂を登り切ったところから暮地の集落に入り、下りになります。下暮地の付近からも富士山は見えませんでした。道路の反対側にコスモスが咲いていました。空が高くなり、秋の草花を見かけるようになると、秋に向かって徐々に進んでいのを感じます。
画像7(下暮地付近)

画像8(下暮地付近のコスモス)

 三つ峠駅付近まで下り、左折して三つ峠の登山道の方へ向かいました。三つ峠グリーンセンタを過ぎて少し上ったところに神社がありました。
画像9(三つ峠のやまつみ神社)

 神社の前が広い草地になっていて、その先に堰堤が2つありました。
画像10(三つ峠のやまつみ神社付近の堰堤)

画像11(三つ峠のやまつみ神社付近の堰堤)

 神社から引き返し、グリーンセンターへ行きました。
画像12(三つ峠グリーンセンター)

 このあと、中央道河口湖線の側道を下って、夏狩・十日市場湧水群のある農道を走って自宅に帰ってきました。
 走行距離20キロ、約1時間半の試走でした。
画像13(三つ峠グリーンセンター)

 試走してみていくつか気づいたことがあります。
 ひとつ目は、ブレーキシュートリムの隙間が極端に狭いことです。同じく泥よけのステイの留め金が太く、少しゆがむとタイヤに当ってしまいます。留め金もただ差し込むだけなので、横から少し力が加わるとすぐに外れてしまいます。
 泥よけについては、普段近場を走る程度なら外してしまっても不都合はことはありませんが、ブレーキシューの方は、少し検討する余地がありそうです。
画像14(ブレーキシューとリムの間)

 2つ目はサドルです。ハンドルまでの距離があり、サドルを前へスライドさせて調整しましたが、このためにサドルの先の方が高くなり上を向いています。前傾姿勢で乗るので、前が上がっているのは具合が悪いです。サドルを前にスライドさせた原因は、ハンドルバーを取り付けているステム(今はステムとは云わないのかもしれません?)がない状態でフレームのトップチューブと同じ高さの位置にハンドルバーが付いていることです。以前のクイックエースはトップチューブから10センチほど上にハンドルバーが付いていました。
 サドルを標準の位置に固定するためにはハンドルバーを少し高くしなければなりません。
画像15(サドル)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ