ブログ「毎日が日曜日」内の検索

サトイモ2015年07月01日 15時37分

[サトイモ] ブログ村キーワード

*********** 三つ峠 ***********
 朝から雨が降っていました。三つ峠の山頂が雲に隠れて見えません。
 三つ峠は我が家の西にあり、雨が降り出すときは決まって山頂に雲がかかるので、天気が下り坂になるときの目安になります。
画像1(三つ峠)

*********** サトイモ ***********
 サトイモは2株だけ芽を出していましたが、昨日あたりから、もう一株芽が出てきました。丁度、先に芽が出た2株の間あたりなので、栽培するには良い間隔かと思います。
画像2(サトイモ)

*********** 本日の収穫 ***********
 雨が小雨に変わった頃に畑に出て収穫をしました。
 シシトウは2,3日、間隔を開ければ収穫できるようになりました。
画像3(シシトウ)

 今日の収穫はキュウリ、インゲン、シシトウです。今日のキュウリは細めで、もう一日おいた方がよかったようです。
画像4(本日の収穫)

*********** ニジュウヤホシテントウ ***********
 家の北側、畑に下りる坂の上にユキヤナギを植えています。花が終わった後、強めに刈り込んであります。その後、新芽が伸び、柔らかい葉が出てきています。
画像5(ユキヤナギ)

 その柔らかい葉の上にニジュウヤホシテントウの幼虫がいました。幼虫は羽が無いので飛んできたのではなく、卵が産み付けられていたのだろうと思います。
 畑では、最近、トマトやナスの葉にニジュウヤホシテントウを見かけるようになりました。今年の夏、この虫が増えなければ良いのですが....。

 この記事を書き終えて公開した後、4,5月頃、ユキヤナギにナミテントウがいたことを思い出しました。ニジュウヤホシテントウがユキヤナギにいるのを見たことがないので、この幼虫はナミテントウの幼虫ではないかと思います。ナナホシテントウやナミテントウは益虫(人間にとって)です。ニジュウヤホシテントウの幼虫がユキヤナギの葉にいることが不思議だったのですが、ナミテントウの幼虫がいるのなら納得できます。
画像6(ユキヤナギにいたニジュウヤホシテントウの幼虫)

 夕方、確認のためユキヤナギを調べてみました。
 簡単にナミテントウを見つけることが出来ました。幼虫もいます。ナミテントウは背中に光沢があるので分かりやすいです。
画像7(ナミテントウと幼虫)

 成虫になったばかりのナミテントウもいました。
画像8(ナミテントウ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

色づき始めたミニトマト2015年07月02日 16時12分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** ヒルガオ ***********
 ドウダンの垣根のところにヒルガオが咲いています。線路の土手に咲いているのを見かけますが、庭にヒルガオが咲くことは、これまでありませんでした。種がどのように運ばれたのか?不明です。野生の植物は自然の様々な条件で勢力を広げます。たどり着いた場所に適応している姿を見るとはたくましさを感じます。
画像1(ヒルガオ)

*********** イエローアイコ ***********
 午前中、小雨が降る中、畑の様子を見に行きました。
 ミニトマトのイエローアイコは、雨避けの天井に達し、ビニールシートに当たっていたので、天井の横の棒に這わせておきました。横棒に這わせたあたりにも花が咲いています。
画像2(イエローアイコ)

 イエローアイコの一段目の果実が黄色くなり始めていました。昨年の初収穫が7月11日だったので、今年も同じ頃に収穫できそうです。
画像3(黄色くなりかけたイエローアイコ)

 夕方になって、ようやく薄日が射してきましたが、日中は厚い雲に覆われ、時々小雨が降っていました。湿度は90%くらいではないかと思います。こんな気候が続くと、野菜は病気に罹りやすくなります。
 レッドオーレの葉に黒い斑点がありました。たぶん、カビの一種だろうと思います。葉は光合成を行うので、カビが生えると生育に影響が出てきます。黒斑がある葉は、まだ数か所だったので、葉を取り除き広がるのを防ぎました。
画像4(トマトのカビ?)

*********** スイートバジル ***********
 トマトの畝の端、イエローアイコの<根元に植えてあるスイートバジルは、草丈も伸び、花茎が出てきました。夏になってから花茎がでてくることが多いです。今年は少し早い気がします。
画像5(スイートバジル)

*********** 草取り ***********
 畑に降りる坂の北側にトウモロコシを10本植えてあります。
 我が家の畑は元々田んぼだったところで、トウモロコシを植えてある場所は”馬入れ”といわれていた場所です。田んぼを耕すのに農耕馬をこの場所から入れたそうです。
 ”馬入れ”の場所とその先の石垣の下のわずかな土地も我が家の土地です。利用価値のない土地なのでマリーゴールドを植えたりしていました。今年は春に草刈りをしなかったので雑草が生い茂ってしまいました。
 トウモロコシの周りの草取りのついでに、生い茂った雑草も刈り取っておきました。
画像6(草取り)

*********** オクラ ***********
 アブラムシがついていたオクラがようやく元気になってきました。まだ、小さな苗だったので殺虫剤のマラソンを散布して退治しました。散布後、草丈が伸び、大きな葉が出てきました。今日、調べたところではアブラムシはいません。つぼみがいくつか付いています。
画像7(オクラ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

雨の日の収穫2015年07月03日 16時24分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

*********** ジャガイモ ***********
 朝から雨が降り続いています。時折、雨脚が強くなったり、小雨になったりしています。

 ジャガイモ畑の真ん中あたりに、メークイーンが一つ土の中から出ていました。近づいて見ると、土から出ていたジャガイモをカラスが食べたようです。
画像1(ジャガイモ)

 周りに食いちぎったジャガイモの破片が散らばり、ジャガイモには大きな穴が開いていて半分くらい食べられていました。
 土寄せを一回行っています。その後、ジャガイモが土から出ていなかったので、土寄せをしませんでした。ジャガイモの茎が倒れ、枯れ始めているので、土から顔を出しているジャガイモが見えるようになってきました。顔を出しているジャガイモは少ないので、見つけたところで土をかけていたのですが、カラスに食べられたジャガイモが畑の真ん中あたりだったので見落としていました。
画像2(ジャガイモ)

 ジャガイモの茎が倒れると、こぼれ種から発芽したトマトが目立つようになりました。ジャガイモの茎が起きているときには、トマトは1,2本だと思っていましたが、思っていたより多くのトマトがジャガイモの畑に出てきています。
画像3(トマト)

*********** 雨の日の収穫 ***********
 昨日は野菜の収穫をしなかったので、インゲンやキュウリが大きく生りすぎないように、あめが降っていましたが収穫をしました。
画像4(インゲン)

 インゲンの棚は葉が表側にあるため、鞘が見えにくいです。葉をかき分けて中の方に生っている鞘を採らなければなりません。雨に濡れた葉をかき分けるので、袖口が濡れてしまいます。雨に濡れないように傘を棚や支柱に掛けて広げて採りましたが、腕や背中は濡れてしまいました。
画像5(収穫 インゲンとキュウリ)

 インゲンを採っていて、隣の畝にあるナスが大きくなっているのに気づきました。大きさから見て、収穫には少し早そうでしたが、一番花のナスなので早めに採ってしまいました。
 シシトウは2日前にも採りましたが、今日も収穫できました。ピーマンも大きくなっていたので2つ採りました。
 野菜にとっては恵みの雨です。一日で大きくなってしまいます。
画像6(収穫 ナスとシシトウ)

 最後に、キャベツを採りました。畑には7つ残っていて、どれもおおきくなっています。包まれていた葉が反り返ってきているので、このまま畑に放置すれば、破裂してしまいます。また、雨が止んだ後、気温が上がれば、中の方が蒸れて腐ってしまいます。
画像7(キャベツ)

 畑のキャベツを減らすため、今日は4個、採りました。畑に残っているキャベツも、雨が止んだら、収穫してしまわねばなりません。
画像8(収穫 キャベツ)

*********** 雨の日の散歩 ***********
 先月18日の健康診断後、家内は散歩に出かけるようになりました。医者から運動不足だと云われたので、雨の日でも出かけています。30分くらいの散歩です。毎日、近所を歩き回っていて、色々と発見があるようです。散歩から帰ってくると、水かけ菜の畑は田んぼにしないで野菜が植えてあったとか、ジャガイモ畑にネットが掛けてあったとか、話をしています。散歩の帰りにスーパーやコンビニによって買い物をしてくることもあります。
 散歩を始めた時に靴が合わないというので、ウォーキング用の靴を買いました。足にぴったりすると行って気に入っているようです。
 3日ほど前にネットで万歩計を注文し、家内にプレゼントしました。今日は、万歩計をスラックスのポケットに入れて出かけました。帰ってきて歩数を見ると4800歩でした。家内の万歩計は3D仕様で、一定のリズムに対してカウントするようになっています。振動を感知しても最初の7秒間はカウントせず、リズムが一定になった7秒後からカウントするようになっています。液晶画面に大きな文字で表示されるので見やすいです。操作も簡単でリセットボタンのみ付いています。散歩に出かけるときにリセットボタンを押してカウントをゼロにしておけば、後は何も操作する必要がありません。多機能な万歩計もありますが、購入した万歩計は歩数のみ表示するだけのシンプルな設計になっています。
画像9(散歩の帰り)
画像10(万歩計)
タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

サイクルハウスを建てる2015年07月04日 17時55分

[ランドナー] ブログ村キーワード

*********** 今日の天気 ***********
 今朝の三つ峠は山頂までよく見えていたので、今日は雨が降らずに曇りの一日かと思っていました。
 午前中は時々薄日が射していましたが、昼頃から雨が降り出し、午後には本降りになりました。
画像1(三つ峠)

*********** キュウリの苗が... ***********
 第二弾のキュウリの苗が根元から折れていました。虫に切られたようです。各箇所2粒蒔いて、全部発芽していたので、子葉が出ている段階で1本にして間引きました。根元を切られてしまうと、苗が少なくなってしまいます。残っている苗が無事に育ってくれれば、第一弾のキュウリが終わった後に続けて収穫できるようになりなるのですが、こちらで考えたようには行かないです。
画像2(キュウリの苗)

*********** 中玉トマト「レッドオーレ」 ***********
 ミニのイエローアイコに続いて、中玉トマトのレッドオーレも色づき始めました。
 レッドオーレは赤色のトマトで、房なりします。房の先端まで赤くなるようにしてみたいと思っています。
画像3(レッドオーレ)

*********** サイクルハウス ***********
 クイックエースのリストアが遅々として進みません。今年1月に市内のサイクルショップにリストアのため預けてあります。3月頃に問い合わせたところ、自転車を買ってくれたお客を優先するため、クイックエースのリストアに手が回らないと云っていました。先週初めに問い合わせたところでは、少し暇になったので、先週末か、今週初めには渡せると云っていましたが、その後、今日まで何の連絡も無く、日にちだけが過ぎています。
 我が家には144インチのトレンクルの他に20インチのドッペルギャンガーの小径車202ブラックマックスがあります。そして、26インチのランドナー、クイックエースのリストアが完了すれば3台になります。最近になって自転車に再び乗り始めたので、家を建てるときに自転車置き場を考えませんでした。現在、トレンクルは和室の隅に、ドッペルギャンガーの202ブラックマックスは玄関に置いています。クイックエースが仕上がると、置き場がありません。
 3台の自転車をどこに置くか、家の周りを探しました。温室を使っていないので、温室の中に置くことも考えたのですが、日中陽が射して中が高温になります。自転車のタイヤの劣化につながるので、作業場としては良いのですが、自転車を置くのには適していません。
 温室の北側に少しスペースがあります。元々、花壇にしていた場所ですが、温室を建てたので日陰になっている場所です。温室と庭木の間を測ると1mありました。3台の自転車を置くには、少し狭いです。
画像4(サイクルハウス設置場所)
 サイクルハウスを設置する場所にあったベルガモットを、畑に下りる坂の北側に移植しました。スズランもありましたが、スズランは庭の東側にもあるので捨ててしまいました。ベルガモットは蜂を寄せ付けるので畑に植えても良かったです。
画像5(移植したベルガモット)

 草花を取り除き、右側のイチイの木の枝やこぼれ種で増えたユキヤナギを取り除いて、幅1mを確保しました。奥行きは1.8mなので、丁度温室の幅と同じです。
画像6(草花を取り除いた設置場所)

 昼前に花壇にあった花の整理が出来たので、サイクルハウスを置くためのブロックを買いに出かけました。
 午後からブロックを敷く作業をしました。雨が降る中でだったので濡れながらの作業でした。
画像7(ブロック敷き)

 ブロックを敷くのは簡単そうに見えますが、地面が平らになっていないとブロックが動いてしまいます。水準器を当てながら土を微妙に削ったり、追加したりしての作業なので1時間ほど掛かってしまいました。
画像8(ブロック敷き完了)

 雨は本降りとなり、サイクルハウスの組み立ては温室の中で行いました。支柱はアルミで、ジョイントに差し込んでネジで締めて留めるだけなので、難しい作業はありません。下の支柱を組み立てたところで、設置場所に移し、屋根になるアーチ状のパイプを取り付けて骨組みが完了です。
 シートをかぶせて、下の鳩目のところをゴムの輪を通して土台のアルミパイプに固定します。
画像9(完成したサイクルハウス)

 入り口は中央のジッパーで開閉出来るようになっています。
 風で飛ばされないためのU字のアンカーが付属していましたが、ブロックの上に置いたので使用できません。明日、L字のアンカーを買ってきて固定します。
 最初は自分で作るつもりでしたが、材料費などを考えると既製の方がはるかに安いです。厚手のポリエチレンのシートは3~4年くらいしか保ちません。このサイクルハウスを消耗品と考えれば、耐用年数が3~4年でも、決して高い買い物ではありません。
 明日、アンカーを取り付けて完了です。
画像10(完成したサイクルハウス)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ