ブログ「毎日が日曜日」内の検索

久しぶりの休息2015年05月01日 17時10分

[家庭菜園] ブログ村キーワード

*********** 畑の全景 ***********
 昨日までに夏野菜の苗の植え付けが終わり、今日は久しぶりの休息日です。仕事をしていないのだから休息日は無いはずですが、畑に出ていないときは休息日だと思っています。
 昨日も紹介しましたが、現在、畑に植えてある野菜などを画像に示してみました。画像に入りきれない、フキやミョウガ、ブルべーリーなども書き込んでおきました。秋冬野菜に比べると、この時期の春夏野菜は種類が多いです。
 また、気温、湿度が高くなる時期なので、病気に罹ったり虫の被害に遭ったりすることが多くなります。
 虫の被害で多いのはアブラムシです。あらゆる野菜にアブラムシが付きます。ニラやネギにも黒い小さなアブラムシが付きます。風通しを良くしてやらなければなりあません。
 ウリ科の野菜、キュウリやカボチャなどにはウリハムシがやってきます。ウリハムシは人影を感じると飛び立って逃げて行きますが、人がいなくなると葉にやってきます。
 ナスはニジュウヤホシテントウが葉を食べ尽くしてしまいます。人影を感じると動かなくなり、少し触れると、ポトリッと落下して、そのまま逃げてしまいます。ジャガイモの葉に卵を産み、幼虫が育つので、ジャガイモを収穫する前に退治しておかなければなりません。それでもナスの葉にいることが多いです。
 トマトはオオタバコガの幼虫が果実の表面に穴を開けて果肉の中に入り込みます。入り込む場所はトマトの果尻ではなくヘタの方に穴尾開けて入ります。完熟したトマトが落果することがあります。ピーマンにもオオタバコガの幼虫が入ることがありますが、トマトの方が多いです。
 病気に関しては、キュウリのうどんこ病があります。長雨で気温が低下するときなどに葉が白くなります。カボチャなどでも見かけます。殺菌剤を散布することも考えられますが、私はうどんこ病に罹った葉を全て取り除いています。そのため、キュウリの葉が少なくなり、収穫が極端に減ってきます。
 毎年、これらの被害を受ける野菜が多くて、黄色や銀色のテープを張り巡らせたり、虫取り用の粘着板をつり下げたりしていますが、一時的に虫が減ることはあっても、被害が無くなることはありません。

 先日、テレビを見ていたら千葉県のキャベツ栽培をしている農家を紹介していました。見渡す限りキャベツ畑が広がっていました。リポーターが一株キャベツを取って丸かじりをしていました。
 農家のキャベツ畑を見ていて不思議に思ったのは、この畑にモンシロチョウが一匹も飛んでいなかったことです。かなり広いキャベツ畑なのにモンシロチョウがいないのは不思議でなりません。我が家でキャベツの苗の定植をしている最中にモンシロチョウは植え付けたばかりのキャベツの葉に群がっていました。我が家では一畝くらいの栽培なので、定植後に虫除けネットでトンネルにしています。近所の畑のキャベツは虫除けネットをかけていないため、キャベツの葉はボロボロになっています。モンシロチョウが産み付けた卵から孵った青虫が葉を食べるからです。近所の方は青虫を見つけては手で取っていますが、とても取り切れるものではありません。
 なぜ、農家のキャベツ畑にモンシロチョウがいないのか?そして、リポーターが丸かじりしたキャベツがボロボロになっていないのか?私には納得が行きません。私の想像では(見ていないので確かなことはいえませんが)、キャベツ畑に農薬を散布して、モンシロチョウを寄せ付けず、卵を産んだとしても殺虫できるようにしているのではないかと思います。群馬県の嬬恋村のキャベツが有名です。寒冷地で虫が少ないところならわかりますが、千葉のように温暖な地域で青虫に食べられていないキャベツを作っていることに驚くと同時に、どんな栽培方法なのか知りたいと思います。
画像1(畑の全景)

*********** 庭の草花 ***********
 我が家の狭い庭も草花で賑やかになってきました。
 現在、カロライナジャスミンの黄色い花が満開です。カロライナジャスミンより少し遅れて、モッコウバラが咲き出しました。
画像2(アルメリア)

 ハナニラ、オダマキなども咲いています。これから6月頃まで、様々な花が次々と咲いて行きます。
画像3(シラーカンパニュラータ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

夏野菜の残り苗2015年05月02日 16時18分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** 今日の県内記事から ***********
 今朝の朝日新聞県内版に、小さな記事が載っていました。
 検出された放射性セシウムは食品衛生法で定める基準値を下回ってはいるものの、自然界には、まだ、多くの放射性セシウムが存在しれいることを忘れてはならないと思います。 
画像1(放射性セシウム検出)

 核分裂によって生じたセシウム137は半減期が30年と長いです。原子爆弾と同じ核分裂によって原発は稼働しています。原発は、核分裂を制御して、そこで発生する熱を使って電気を作っています。一旦、事故が起こると核分裂を制御できなくなることは、チェルノブイリ、スリーマイル島、福島の原発事故を経験してわかっていることです。人間があらゆる手立てを講じて、何重にも安全対策をしたとしても、自然が起こす災害、地震や津波の予知や完全に防ぐ対策は出来ていません。スリーマイル島の事故は1979年3月28日に、チェルノブイリ事故は1986年4月26日、福島第一原発事故は2011年3月11日に起こっています。この間、わずか32年です。世界で最も厳しい対策を講じたとしても、原発事故が起こる可能性がゼロではありません。原発推進を叫ぶ人の中には、火力発電でも水力発電でも事故が起こると言いますが、一旦、事故が起こってしまえば、人間が制御できなくなり、地球規模での放射能汚染が広がり、更に、その影響が何十年にもわたって存在するというのが原発事故です。他の事故とは規模や影響が桁違いに大きいのが原発事故です。従って、事故が起こる可能性が完全にゼロで無ければ原発を稼働させてはいけないと思っています。

*********** デンドロビウム ***********
 リビングのデンドロビウムの一部を庭に出しました。花が咲いているのだけを残し、今年花が咲かなかったものや花が咲き終わったデンドロビウムです。
画像2(デンドロビウム)

 デンドロビウムは、夏の間、木陰がある半日陰で養生します。寒さが厳しくなる11月下旬頃まで、庭の棚に吊してします。昨年まではコの字状に角材を渡していましたが、今年は枯れたハナミズキの木を切ってしまったのでロの字状に作り直しました。
 リビングに残っているデンドロビウムも花が終わる今月半ば頃には、ここに吊します。今年は木陰が少なくなるので、遮光用のネットを張らなければならなくなりそうです。
画像3(デンドロビウム)

*********** トマトの残り苗 ***********
 10ポットほど残っていたトマトの苗を筋向かいのSさんや近所のAさんに差し上げました。
 引き取り手の無かった3本の苗をトマトの畝に植えました。雨よけのビニール屋根がない場所なので、果実が雨に打たれて割れてしまう可能性があります。追加した苗を含め、合計15本になりました。昨年は26本だったので、本数は少ないですが、我が家にとっては食べきれないほどの収穫になると思います。
画像4(トマト苗の追加定植)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

トマトに雨よけ屋根をつける2015年05月03日 16時50分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** インゲンの発芽 ***********
 先月27日に種を蒔いたインゲンが発芽していました。同じ時に蒔いた枝豆も1,2発芽しています。
 インゲンは草勢が強いので1カ所に2本、蔓を伸ばして行くつもりです。
画像1(インゲンの発芽)

*********** 春菊の花 ***********
 片付けようと思っている春菊ですが、綺麗な花を咲かせているので、延び延びになっています。野菜の花は黄色が多いような気がします。トマトもキュウリも黄色い花をつけます。その中でも春菊の花は観賞用の菊の花に似ていて切り花にしても良さそうです。
画像2(春菊の花)

*********** ミョウガと山芋 ***********
 ミョウガが出てきました。冬の間は地表からは消えていますが、地中にある地茎があるので春になると出てきます。放っておくと畑の畝の方まで地茎が伸びて来ます。
画像3(ミョウガ)

 山芋の蔓も伸びてきました。もう少し経つと葉も出てきて、蔓が長く伸びて行きます。支柱を立てて蔓を絡ませますが、まだ、蔓が短いのでしばらくはこのまま伸ばし続けておきます。
画像4(山芋の蔓)

*********** トマトの雨よけのビニールシート屋根 ***********
 明日あたりから天気は下り坂のようなので、トマトに雨よけの屋根をつけました。風があるとシートが舞ってしまい取り付けにくいですが、今日は無風状態だったので一人で取り付けることが出来ました。
 屋根の取り付けが終わり、トマトの栽培準備が整いました。今後は脇目欠きと誘引の作業が待っています。
画像8(トマトの雨よけ屋根)

*********** 山椒の木のアブラムシ ***********
 庭に植えてある山椒の木の新芽にアブラムシが付いていました。
 山椒の若い葉は冷や奴のの上に添えたりして食べています。アブラムシを退治しなければなりませんが、マラソンなどの殺虫剤を散布することが出来ません。根元にオルトランを蒔くことも考えましたが、効果が出るまでには時間がかかることと、農薬を使うことに抵抗があるため、別の方法を考えました。
画像5(山椒の木)

画像6(山椒の木のアブラムシ)

 以前、焼酎、木酢液、唐辛子、ニンニクでアブラムシなどを退治する溶液を作ったことがあります。(2008年4月22日の記事参照)
 A液、B液の二種類の液を作り、使用するときに混ぜ合わせるのですが、今回は木酢液が無く、また、すぐに使いたかったので簡略にしました。冷蔵庫の中を探したら昨年使った焼酎が少し残っていました。その中に唐辛子ニンニクを入れて、太めの棒ですりつぶしました。できあがった液に絵筆を浸し、それを新芽にいるアブラムシに塗りつけました。絵筆なのでアブラムシを掃き落とすようにすると新芽は綺麗になりました。また、アリが上っていたので、山椒の木にも塗っておきました。
 山椒の香りが幾分損なわれるかもしれませんが、使った材料が食べることが出来るものばかりなので、よく洗って使えば山椒の風味は残っているだろうと思います。
画像7(焼酎・ニンニク・唐辛子)




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

忍野八海・北口富士浅間神社・中の茶屋2015年05月05日 15時53分


*********** 5月4日(月) ***********
 末娘たちが、昨日(4日)、昼前に高速バスで帰ってきました。予定では11時半に到着するはずでしたが、八王子インター付近まで渋滞していて30分ほど遅れて到着しました。バス停まで迎えに行き、家に寄らずにそのまま忍野へ向かいました。忍野八海の涌池付近は多くの観光客でいっぱいでしたが、少し離れて新名庄川の付近では人もまばらでした。先月、川沿いの桜を見に来ましたが、昨日は葉桜で新緑の中を散策しました。
画像2(忍野八海)

 天気は曇りでしたが、寒いほどではありませんでした。
 忍野から富士吉田に戻って浅間神社へ行こうかと考えましたが、ここまで来る道で国道の混雑ぶりを見て、山中湖から道志村を抜けて家に帰ることにしました。途中、道志の道の駅によるつもりでしたが、駐車場は満車状態で道路にも待つ車が並んでいたので、っそのまま通過し、自宅に戻ってきました。
画像1(忍野八海)

*********** 5月5日(火) ***********
 昨日の混雑を避けるため、今日は近場に出かける予定でいましたが、浅間神社へ行ってみたいと家内が話していたので、末娘たちを浅間神社に連れて行きました。国道を避けるようにして浅間神社前に到着しましたが、いつもと様子が違っていて多くの人が神社に向かっていました。
画像3(浅間神社)

 境内は賑やかで、神楽を舞ったり、弓道の試合が行われていたり、餅つきをしていたりと、様々な催しが行われていました。屋台もいくつも出ていました。
画像4(浅間神社・神楽)

 浅間神社の横に富士登山道があります。それに平行して車が通る道があり、その道を進んで中の茶屋へ向かいました。中の茶屋へ向かう道は車も人もありません。中の茶屋ではフジザクラの群生がみられることで有名です。フジザクラ祭りが明日まで開催されていますが、花がすでに散り、葉桜となっていました。フジザクラの群生地に入る林道の入り口に張り紙があり、今日、明日、先着30名に富士山のカレンダーをプレゼントすると書いてありました。家内に中の茶屋へ行かせ、カレンダーを2部いただいてきました。花が散ってしまい、祭りにならないのでカレンダーを配布しているようです。
画像5(中の茶屋)

 林道を少し散策してから、都留市内に戻り、昼食を取って自宅に戻ってきました。末娘たちは午後3時の電車で東京へ戻って行きました。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ