ブログ「毎日が日曜日」内の検索

畑の野菜2014年11月01日 15時20分

[ほうれん草] ブログ村キーワード

 しばらく晴天が続いていましたが、今日は朝から小雨が降り肌寒い一日です。
 今日から11月。今年も残すところ2か月になりました。昨日、近所のAさんが年賀状の印刷を頼みにやってきました。今年は15枚印刷すればいいそうです。Aさんは年々年賀状を減らしています。Aさんを見習って、勤めていた頃の仕事関係だけで続いている年賀状を止めてゆきたいと思っていますが、こちらが止めても相手側から年賀状が届けば、こちらからも出さないわけにはゆかず、そのためにずるずると続いてしまいます。

***** ゴボウ ***** ゴボウは、種を蒔いたほとんどが発芽しています。まだ、子葉が出ているだけですが、寒さが厳しくなる頃までは本葉が出て成長します。そのうち地表部が枯れてしまうので、地中の根が凍らないようにして、来春再び芽が出てくるのを待ちます。
画像1(ゴボウ)

画像2(ゴボウ)

***** キャベツ *****
 ”サッポロ大球”という品種のキャベツです。このキャベツも冬を越しますが、葉が枯れることないので寒さ除けのトンネルを作らねばなりません。
画像3(キャベツ)

***** 春菊と水菜 *****
 春菊と水菜も冬越しをしてゆきますが、水菜の方は1,2月頃には食べきってしまうと思います。
 例年、寒さ除けにトンネルを作っています。12月中旬ころトンネルを作る予定です。
画像4(春菊と水菜)

***** ほうれん草 *****
 2回目播種のほうれん草です。播種後2週間経っています。発芽が終わり、子葉が大きくなってきました。
 このほうれん草が食べられるようになるのは年明け暗いからだろうと思います。冬の間の緑の葉物として、貴重な野菜になります。
画像5(ほうれん草)

画像6(ほうれん草)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ソラマメを蒔く2014年11月02日 16時53分

[ソラマメ] ブログ村キーワード

***** 霧 *****
 昨日、天気が悪く、小雨が降っていましたが、今朝は晴れました。大気中に水蒸気が多いため、山際や谷など、窪地に霧がかかっていました。我が家の北側に見える山の際を柄杓流川があります。この川に沿って霧が発生し、山と地表の家並みの間に白い帯ができます。陽が昇り、安宅可くなってくると消えてしまいますが、その間、天空の城と云われている竹田城址ほどではありませんが幻想的な風景が見られます。
画像9(山)

***** そら豆 *****
 2日前に蒔いたスナックエンドウの畝の続きにソラマメを蒔くことにしました。種は、市内のホームセンターで買ってきたものです。昨年と同じ”お多福”という品種です。
画像1(種袋ソラマメ)

 間隔を50センチと、少し広めに蒔きました。1か所に1粒です。種は11粒入っていたので、11か所に全部蒔きました。種の黒い部分を”オハグロ”と云いますが、”オハグロ”を斜め下になるように2センチほど土に埋め、上部が土に少し隠れるくらいに蒔きます。
画像2(ソラマメの種蒔き)

 スナックエンドウもソラマメも発芽してしばらくの間は野鳥に食べられないようにしなければなりません。寒冷紗でトンネルを作っておきました。
画像3(ソラマメの種蒔き)

***** 猫除けマット *****
 今年の春先まで、数匹の野良猫が庭や畑などにやって来ていましたが、その後、ピタッと見かけなくなりました。
 先月末頃から、再び野良猫を見かけるようになりました。以前の猫とは違い、グレーの猫です。夕方ころになると庭や畑の野菜屑置き場付近で見かけます。
 早めに対策をしなければと思い、百均で猫除けマットを買ってきました。
画像4(猫除けマット)

 大きさは30センチの正方形で、連結して使えるようにもなっています。
画像5(猫除けマット)

 庭から畑に下りる坂の上や野菜屑置き場付近に置いてみました。効果があるかどうかわかりませんが、しばらく様子を見てみます。
画像6(猫除けマット)

 我が家にも猫がいますが、最近は外へ出ても玄関付近で栽培している猫草を食べて、直ぐに家の中に入ってきます。
 今日は珍しく、ウッドデッキの上に出てきました。庭で、草花の鉢を家の中に入れるための作業をしていたので出て来たようです。
画像7(我が家の猫)

 我が家の猫は、一日中、寝ていることが多くなりました。餌を一度に与えると吐いてしまうことが多いので、数回に分けて与えています。
 目やにが多く、左目は白内障のように白く濁っています。
 猫の年齢を人間の年齢に換算してみると、我が家の猫は16歳なので、人間では80歳に相当します。猫の年齢13歳(人間でいえば68歳)の頃に白内障が出始めるということなので、我が家の猫はそれよりも遅く白内障になったようです。16歳の猫では、「ほとんど寝てる。足腰が弱く神経も弱くなってくる。食べるのに痩せてくる。ボケの症状が出る(エサを催促を何度もする、やたらとうるさく鳴く、夜中に徘徊する、トイレを失敗する)。」など、があるようですが、「ほとんど寝ている」以外は、まだ、16歳(人間の80歳)の猫の症状が現れていません。
画像8(我が家の猫)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

白菜2014年11月03日 16時46分

[白菜] ブログ村キーワード

***** 白菜の収穫 *****
 2畝ある白菜のうち東側の畝の白菜の根元付近の葉が黄色くなっているのが目立ち始めました。西側の畝に同じような状態だったので、その株を取ってしまいましたが、東側の畝にも軟腐病が出てきたのかもしれません。
画像1(白菜)

 黄褐色になった葉がある白菜を取ってみると、葉の白い部分にうっすらと褐色の筋が出ていました。葉はカビが生えたように斑点があったので、その株と周りの株を収穫することにしました。
画像2(白菜)

 収穫した白菜は全部で7株です。これらの白菜の中には、まだ、葉が詰まっていない未熟のものもあります。軟腐病が畝全体に広がってしまうと手の付けようがないので、早めに疑わしい株は取ってしまうつもりです。
画像3(白菜)

 収穫した白菜は漬物にするため、洗った後4~6片にカットし、天日干しをしました。
画像4(白菜)

***** 百匁柿の収穫 *****
 家内と白菜の収穫をしながら、河口湖の義叔父の百匁柿が収穫できるのではないかと話していました。家内は早速、義叔父の家に電話をかけ、百匁柿を貰いに行ってもっても良いかと聞いていました。
 義叔父の話では、夏季はたくさん生っているとのこと。午後、柿をもぎに行くことを伝え、急いで昼食を取った後、河口湖へ出かけました。
 柿は義叔父が云っていたほど多くなく、少し小さかったです。高枝切狭では届かず、柿の木の横にある小屋に梯子を掛けて屋根に上り収穫しました。
 義叔父は屋根にかかっている枝を切ってほしいというので、のこぎりで枝を切ったり、屋根に落ちている枝や枯葉を片付けたりして、百匁柿を頂いてきました。
画像5(百匁柿)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

玉ねぎ苗の植え替え2014年11月04日 15時56分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

***** 定植2週間後の玉ねぎ *****
 10月20日に植え付けてから半月近く経ちました。一見、順調に育っているように見えますが、中には枯れてしまったと、消えてしまった苗があります。
画像1(玉ねぎ)

 最初は10本くらいダメになったのではと思っていましたが、よく調べてみるとかなりの本数、苗がダメになっていました。予備用に植えておいた残り苗を消えてしまった箇所に植え直しましたが、残り苗だけでは、とても足りません。午前中、市内にある2軒ののホームセンターを回ってみましたが、玉ねぎの苗は売っていませんでした。家内の話では数日前までは苗を売っていたと云っていましたが、11月に入り、苗類を片付け、代わりに葉ボタンの苗など、年末に向けた装いに変わっていました。
画像2(玉ねぎ)

 ホームセンターから帰り、入れ代わり、家内が買い物に出かけました。昼を少し過ぎた頃、買い物から帰ってきた家内が、玉ねぎの苗の束を買ってきました。ホームセンターで売っていなかったので、どこで買ったのか聞くと、野菜を買いたくて、スーパーへ行く前にJAの地元産の野菜を買いに立ち寄ったところ、玉ねぎの苗が並んでいたのだそうです。50本一束で300円だったと云っていました。
 午後から再び玉ねぎ苗の植え付けを行いました。50本の苗が手に入ったので、小さな苗のところも植え替えました。残った苗は18本だったので、午前中に植え替えたのと合わせると50本近い苗を植え替えたことになります。残った苗は、マルチをしていない、新しく作った畝に植えておきました。
画像3(玉ねぎ苗)

***** 冬菜の移植 *****
 午前中、玉ねぎの残り苗を植え替えに使ってしまったので、残り苗が植えてあった場所が空きました。そこに、冬菜を移植しました。冬菜の畝の隣なので、2つに分かれていた畝を一本につなげました。
画像4(移植した冬菜)

***** 畝作り *****
 サトイモを植えていた場所に堆肥と油粕を入れました。土地が長方形でないので、この場所は三角形になっています。
画像5(堆肥)

 堆肥を入れた場所は狭い範囲なのでスコップと鍬で耕し、2本の短い畝を作りました。畝幅は60センチありますが、畝長は、2メートルと1.5メートルです。
 この畝にほうれん草を蒔こうかと考えています。1回目の種を蒔いたほうれん草は日本ほうれん草でしたが、本葉が出始めた頃から葉が枯れ始め、生育が思わしくありません。2回目播種のほうれん草は子葉が出てきているところですが、これも日本ほうれん草なので上手く成長するかわかりません。昨年育てた”アトラス”という品種のほうれん草が上手く育ったので、3回目の種蒔きは”アトラス”にしようかと考えています。
画像6(畝作り)

***** 白菜漬けと干し柿 *****
 昨日、軟腐病に罹っていると思われる白菜を7株収穫しました。昨日半日と今日の午前中、天日干しをして、桶に漬け込みました。今季初めての白菜漬けです。これから2か月間、何度か白菜漬けを作ることになります。
画像7(白菜漬け)

 昨日、河口湖の義叔父の庭から採った百匁柿を干し柿にしました。採るときに落としてしまい実が割れているものもありますが、全部で33個の柿です。2階のベランダの軒下に吊るして、1カ月半くらいの間、天日に当て寒風にさらします。
画像8(干し柿)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ