ブログ「毎日が日曜日」内の検索

ゴボウの種蒔き2014年10月14日 14時43分

[ゴボウ] ブログ村キーワード

***** 台風一過 *****
 昨日は台風19号の接近で雨が降り続いていて気温が低く、肌寒い一日でした。夜中の0時頃から風が出てきて、今日の未明にさいせっきんしたようです。
 今朝はすでに三陸沖に台風が出ていて、雲一つない青空でした。朝の家は風がなく、昼過ぎ頃から吹き返しの風が出てきました。庭に置いてある植木鉢が倒れるくらいの風で、少し強めに吹いていました。
 先週の台風18号に続いて大型の19号がやってきましたが、いずれも我が家には大きな被害はありません。
画像1(台風一過)

***** ゴボウの種蒔き *****
 ゴボウの種を買ってきてあったのですが、蒔く時期を逸してしまいました。少し遅くなりましたが、今年もゴボウの種を蒔くことにしました。品種は”滝野川”です。1mほどの長さになるゴボウです。
画像2(種袋「滝野川ゴボウ」)

 ごぼうの種を蒔くため、下の画像のようなものを作りました。昨年も、これと同じものを作ってゴボウを栽培しています。
 使っているのは、漬物桶です。底を切り取って筒状にし、大きい方の桶を下に、逆さまにして置き、その上に中くらいの大きさの桶を重ねています。
 桶を置く前に土を耕し、その上に桶を重ねて、土を入れて行きます。土の重みで土が固まってしまうので、もみ殻や堆肥を混ぜて入れています。上の桶の縁まで土を入れ、桶の内側に4本支柱を差し込んで桶が横にずれない様にしてあります。下と上の桶が上手く重ならなかったので、少し傾いてしまいました。
画像3(ゴボウの屋根蒔き)

 土を入れ終わり、種を蒔きました。種は2時間ほど水につけ、殻を柔らかくしました。ゴボウの種は好光性なので、土を薄く掛けます。厚く掛けると発芽しない場合があるようです。
 種は4,5センチ間隔になるように40~50粒ほど蒔いておきました。
 2段重ねの桶の高さは約80センチあります。地表から30センチほど耕してあるので、ほぼ1m位まではまっすぐに伸びてくれると思います。土が固まったりすると股根になってしまいます。もみ殻を混ぜて土が固まらないようにしているので、昨年は股根になったゴボウはありませんでした。
画像4(ゴボウの屋根蒔き)

***** 唐辛子「鷹の爪」 *****
 台風接近で、畑の唐辛子は南風を受けて、北側に倒れていました。
 鷹の爪は、ほとんどが赤くなっています。昨年は10月17日に収穫しているので、そろそろ採っても良い時期です。白菜の収穫は早くても11月初旬なので、白菜漬けを作るためには、それまでに鷹の爪を収穫し天日干しをして乾燥させておかねばなりません。
画像5(唐辛子「鷹の爪」)

 昨日の雨で、泥が跳ねています。虫に食べられている唐辛子もあります。しかし、唐辛子は多く使うことはないので、この程度の被害は無視できそうです。
画像6(唐辛子「鷹の爪」)

 今朝起きてしばらくの間はいつもと変わらなかったのですが、急に、左足の大腿骨付近が痛み始めました。足をひねったわけでもなく、ちょっとした加減で痛みがでてきました。原因が分かりません。筋のような何かが引っ張られ、傷ついたのかもしれません。家内も何日か前に同じような症状がありました。数日、痛みがあったようですが、現在は完治したようです。
 普通に歩くことはできます。少し左膝を曲げたりすると痛いです。腰に負荷がかかっていなくても痛いのですが、どういうときに痛みが出るのか分かりにくいです。しばらく、足に負担を掛けないようにして安静にしていれば治るのではと思っています。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ