ブログ「毎日が日曜日」内の検索

畝作り2014年10月11日 15時01分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

***** 届いた稲藁 *****
 義叔母のところへ出かけた日の夕方、家内の親戚から稲藁が届きました。毎年、この時期になると稲藁が届きます。小さい束を10束まとめて大きな束にしてあります。大きな束が10束ありました。庭に積み上げてあったので、畑に移さねばなりません。
画像1(届いた稲藁)

 畑には昨年の稲藁が少し残っていたので、白菜やキャベツの畝間に草が生えないように強いました。
 今年届いた稲藁は、野菜屑置き場の横に積み上げ、雨除けのため、ブルーシートを掛けておきました。
画像2(稲藁の保管)

***** 玉ねぎの畝作り *****
 茄子とトマトの跡地に玉ねぎの畝を作りました。石灰、堆肥などを入れ耕してあるので、畝立てをすればよいだけです。
 玉ねぎ用の穴あきマルチを敷くので、畝幅は70センチにしました。
画像3(畝作り)

 同じ大きさの畝を2つ作り、マルチを掛けました。畝の横に5穴あり、各畝長方向には47穴あります。従って、一畝に235本の玉ねぎ苗を植え付けることができます。2畝で470本になります。昨年は395本植えました。年々、本数が増えて行きます。
 肝心の玉ねぎの苗が470本そろうかどうかわかりません。苗床で育っている苗のうち、定植できるものが少なければ、昨年並みになることもありうることです。
画像4(玉ねぎの畝)

 マルチの押さえはピン止めして土を掛けていますが、8ケ月近く栽培するので、その間にマルチが風で外れてしまうことがあります。太い鉄管が4本あるので、それを畝の際に置き、土で固定しておきました。
画像5(玉ねぎの畝)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ