ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キャベツ・レタスの定植2014年04月07日 22時19分

[キャベツ] ブログ村キーワード

***** 燕麦 *****
 今朝、知人のIさんがフキを届けてくれました。今年初めての山菜です。Iさんは山菜取りが趣味で、フキ、ワラビ、コゴミ、サンショウなど、これから5月末頃までの間、山菜を届けてくれます。山菜取りの人は、自分だけの秘密の場所があるらしく、毎年、同じ場所へ行って採っているようです。
 畑の冬菜が伸びてきていたので、Iさんと畑に入って冬菜を摘み取り、持って帰っていただきました。冬菜の横の畝にあったほうれん草ももらって行くといって、片づけようと思っていたほうれん草を全部採っていました。以前、ほうれん草を差し上げたときに、Iさんの孫が抱え鉢をしてほうれん草を食べたと嬉しそうに話していました。多分、孫に食べさせたいと、ほうれん草を持って行ったのだと思います。畑に残っていたほうれん草は捨てるつもりの小さなものばかりだったので、差し上げるには気が引けていましたが、喜んで持って行ってくれたので良かったです。
 午前中、畑の草取りをしていたら、隣の畑からKさんがやってきました。同時に、近所のAさんも散歩の途中で我が家の畑にやってきました。二人とも80を過ぎたおじいさんです。畑の脇に腰かけ、草取りをしている私に話しかけてきました。
 これは何だね?(下の画像)と聞くので、「燕麦」だと教えました。二人とも、一度、答えただけでは分からないので、「ツバメ」の「ムギ」とかいて「エンバク」いい、麦の一種だということを伝えました。ようやく分かったようでしたが、なぜ、麦を撒くのかと不思議がってたので、「緑肥」として使うのだというと、納得したようでした。kさんは耳が遠く、なかなか話が伝わりません。年寄二人を相手に、草取りをしながら燕麦の緑肥としての効果を話しましたが、話題があちこっちに飛び、それぞれが自分のことを話していました。しばらく話し終えると、Kさんは自分の畑へ、Aさんは自宅へ帰って行きました。
画像1(燕麦)

***** キャベツ・レタスの定植 *****
 午後は1か月ごとに通っている歯医者へ歯のメンテナンスの出かけました。午後2時から診療が始まるので10分前に医院に到着するように出かけました。待合室には誰もいなくて、午後の一番乗りでした。2時15分頃になって、ようやく診察が始まり、2時30分過ぎに治療が終わり帰ってきました。
 3時ころからキャベツとレタスの定植をしました。
 きゃべつ、レタスの苗は、まだ、小さいですが、畑に植えた方が成長が早いだろうと思い、定植することにしました。
 キャベツの苗が22、レタスの苗が13で、計35株植えます。
画像2(キャベツとレタスのポット苗)

 株間40センチにして、マルチに穴を開けました。60センチの畝に2列、穴が交互になるように開けてあります。35本の苗が丁度畝に収まりました。
 マルチに穴を開けた後、たっぷり水を入れます。水が引いたところで、ポットから苗を取り出し、植えて行きました。
画像3(マルチの穴あけと配置)

 最後に、虫除けのためのネットでトンネルを作りました。
 今朝、冬菜の畝にモンシロチョウが一匹やってきていたので、これから暖かい日が続けば、一気にモンシロチョウの飛来が増えます。キャベツの葉の色で識別しているらしいので、レタスと混植すればキャベツの葉を識別するのが難しくなるようです。今回、レタスの本数が少ないので、モンシロチョウがやってくる可能性が大です。毎年、トンネルにして青虫に葉を食べられないようにしています。
画像4(虫除けトンネル)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

日毎に成長している野菜2014年04月09日 15時36分


***** 冬菜・玉ねぎ・燕麦 *****
 暖かい日が続いています。
 庭の草花は次々と花が咲き、賑やかになってきました。
 畑の方は、今のところ草取りくらいで作業がありません。
 冬菜も大きくなってきました。
 トウ立ちして花が咲くころまで収穫ができます。
 主茎を採って脇芽を伸ばせば、柔らかい茎の収穫ができます。  水かけ菜が終わり、ほうれん草も片付けてしまったので、葉物野菜は冬菜だけになっていますが、これまでに収穫した野菜が冷蔵庫の中に残っていて収穫しても食べきれない状態です。採れたての新鮮な野菜の方がおいしいですが、一度に多く採りすぎてしまうので、いつも冷蔵庫の中に残ってしまいます。
画像2(冬菜)

 玉ねぎも大きくなってきました。近所のAさんによると、このあたりに植えてある畑の玉ねぎの中で、一番よく育っていると、ほめられました。これから先、トウ立ちしなければいいのですが...。
画像3(玉ねぎ)

 燕麦は葉を大きくなり、茶色かった畑が薄い緑で覆われてきました。今月末には畑にすきこんで、夏野菜を植える準備をしなければなりません。本来なら根が完全にかれるまで待って次の野菜を植えます。単に青葉を漉き込んだだけでは生育抑制になるようです。早めに片付けてしまわなければと考えています。
画像4(燕麦)

***** 我が家のペット *****
 我が家の猫は冬の間、家の中で過ごしていましたが、晴れて暖かい日には、外に出て散歩をしてきます。
 陽が当たる場所を見つけて、体を温めています。
画像1(みなみ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

満開の桜2014年04月10日 20時13分


現在、義叔母の住む町に来ています。
明日、義叔母を病院へつれて行くためです・
こちらに着いてすぐに義叔母のいる施設ヘ行ってきました。
義叔母は元気でしたが、先月始めに行った病院で転倒し、骨折した左手小指には、まだ、包帯が巻かれていました。骨折してから1ヶ月経っていますが、左手の薬指は完全固定されていました。係りの人の話では、まだ、痛み止を飲んでいるとのこと。痛みがなければ飲ませないでほしいと、言っておきました。
明日迎えに来ることを義叔母に伝え、実家へ行ってきました。
実家のとなり組の会計を一旦、締めることになり、これまでの組の残金を払い戻すことになっていました。その払戻金を近所のか田が預かっているというので、そのお宅へ受け取りに行ってきました。
実家に行く途中の道で桜が満開になっていました。
今朝、我が家を出て小学校の桜が満開だったので、こちらとそれほど変わらないようです。
今年の桜は、2月の行きのせいか、一気に咲いたのかもしれませません。
画像1 桜

画像2 夕日

鹿留発電所の桜2014年04月12日 22時48分


 昼前に鹿留の発電所の桜を見に出かけました。
 小学校前の桜は少し散りかけていますが、発電所の桜は、今が満開です。
 鹿留の発電所は1913年に営業が開始された歴史のある発電所です。以前は送水管が3本あったのか、その名残が残っていました。現在は中央の1本だけになっています。
 土曜日ということもあって、登り口の道路わきに車が幾台も止まっていました。家族連れや我々と同じ年配夫婦などが送水管の横に作られた遊歩道を登っていました。この一帯に桜の木が250本以上植えられています。発電所が営業を開始した頃に植えられたと考えられるので樹齢100年くらいかと思います。
 発電所の送水管は、我が家からも見ることができます。送水管の最上部近くまで上ると、我が家が見えるかと思ったのですが、木々に遮られて見つけることができませんでした。
 送水管の最上部直下の神社まで登りました。急な坂道なのでゆっくり上って行きました。
画像1(鹿留発電所の桜)  画像2(鹿留発電所の桜)
画像3(鹿留発電所の桜) 画像4(鹿留発電所の桜)
画像5(鹿留発電所の桜) 画像6(鹿留発電所の桜)
画像7(鹿留発電所の桜) 画像8(鹿留発電所の桜)
画像9(鹿留発電所の桜) 画像10(鹿留発電所の桜)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ