ブログ「毎日が日曜日」内の検索

河口湖周辺の桜2014年04月23日 16時38分


***** 河口浅間神社 *****
 ようやく晴れました。
 河口湖方面の桜見物に出かるつもりでしたが、曇りや雨で出かけることができませんでした。
 10時半頃、家を出て、最初に河口湖の浅間神社へ行きました。
 河口浅間神社は国道137号線沿いにあります。この道は幾度となく通っている道ですが、河口浅間神社に立ち寄ったことは一度もなく、今回初めて訪れました。
 河口浅間神社は、貞観六年(八六四)五月富士山大噴火があり、富士山北面一帯が埋没し、大きな災害をもたらしたそうです。その翌年、富士山の神、浅間明神をこの地に奉斎し、富士山噴火の鎭祭を行ったのが始まりだそうです。
画像1(河口湖浅間神社)

 境内には天然記念物の七本杉(根回り最大30m、樹高47m余)をはじめ、大木が百本余あります。
画像2(河口湖浅間神社)

 河口湖の湖畔から少し離れた場所にあるので、観光客が訪れることが少ないです。大木の枝が空をおおい、境内はヒンヤリとしていました。
画像3(河口湖浅間神社)

***** 河口湖北岸の桜並木 *****
 河口浅間神社から河口湖の北岸に出ました。湖畔沿いに桜の木が植えられていて、今、見ごろを迎えています。この一帯には様々な観光施設があり、賑やかな場所です。海外からの観光客が多いです。
画像4(河口湖北岸の桜並木と富士山)

 ここへは昨年も来ました。昨年は15日に訪れているので、1週間遅れです。今年は大雪が2月に降ったりして寒かったので桜の開花も遅れているようです。 
画像5(河口湖北岸の桜並木と富士山)

画像6(河口湖北岸の桜並木)

***** 富士ビューホテルの桜*****
 河口湖北岸の桜並木を歩いた後、湖畔沿いに半周して富士ビューホテルの桜を見に行きました。
 富士ビューホテルの庭にも桜を見に訪れている人がいましたが、河口湖北岸のような喧騒はなく、静かに桜を眺めている人が多かったです。
画像7(富士ビューホテルの桜)

 山梨に住んでいると、3月下旬ころから4月末にかけて、次々と咲く桜を絶えず見ることができます。県内各地を歩き回れば、1カ月以上桜を眺め続けることが出来そうです。
画像8(富士ビューホテルの桜)

画像9(富士ビューホテルの桜)

画像10(富士ビューホテルの桜)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ