ブログ「毎日が日曜日」内の検索

玉ねぎ2014年04月02日 22時27分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

***** 本日の作業 *****
 午前中、西側の庭の芝生を刈りこみました。
 この場所の芝は、ほとんど手入れをしていないので、雑草が生えていたり、昨年からの枯れた芝が長く伸びていたりしています。
 最初は芝刈り用のハサミで刈っていましたが、範囲が広いので電動トリマーを使いました。電動トリマーは初下しです。先月、買ってきました。新しいので切れ味が良く、庭全体の芝を刈っておきました。
 午後は、畑の南側に植えてあるジャーマンアイリスの枯葉除去と草取りをしました。作業後、有機肥料を撒いておきました。
 その後、ブルーベリーの植えてある場所の草取りをしたり、猫除けに畑の周囲に張っていたネットを取り外したりしました。

***** 玉ねぎ *****
 家の軒下に吊り下げている玉ねぎ(昨年6月に収穫)から葉が出てきました。
 「ネオアース」という品種で、比較的保存性が良いと思います。収穫後、10か月経ち、気温が上がってきているので、芽が出てきても仕方がないと思っています。収穫したてのころには、できるだけ小さな玉ねぎから料理に使っていたので、大きな玉ねぎが残っています。一年間で食べきれないので、収穫したら大きな玉ねぎから使っていった方が良さそうです。
画像1(玉ねぎの芽)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

種蒔き2014年04月03日 23時30分


***** 種蒔き *****
 朝から雨が降っていて、畑の作業ができないので、、まだ、蒔いていない野菜の種を蒔くことにしました。
 シロウリとユウガオです。シロウリは「白はぐら」で今年初めて栽培します。ウリ科の野菜なのでポット蒔きをしないで直播きでもよいのかと思います。種を蒔くには時期が早いのでポットに蒔きました。ユウガオは「長夕顔」です。毎年、苗を買ってきて植えていましたが、今年は種を蒔いて苗を作ってみます。
画像1(種袋)

 ユウガオ、シロウリの他に、落花生とマリーゴールドも蒔きました。これらも直播きでも良いのですが、早めに苗を作って定植しようと考えています。
 落花生もマリーゴールドも昨年採種したものです。落花生は大粒の「オオマサリ」で、マリーゴールドは草丈の低い「フレンチ・マリーゴールド」です。
 いずれ、マリーゴールドは5月中ごろに直播きをします。
 落花生はピーマンとの混植に使います。ピーマンと一緒に植えると、互いに生育促進する働きがあるようです。
画像2(種蒔き)

***** 接ぎ木苗 *****
 先月末に接ぎ木をしたトマト、ナスです。接ぎ木後4~5日経過しています。養生のためかぶせてあったコップをとりました。幾本かは穂木が萎れていましたが、おおむね良好のようです。
画像3(接ぎ木苗)

画像4(接ぎ木苗)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

畝作り2014年04月04日 18時01分


***** 燕麦 *****
 先月末、燕麦の種を蒔きました。1年以上前に買っておいた種です。畑の土壌改良の目的で買ったのですが、畑が休んでいる時期がなく、昨年も蒔かずにいました。
 燕麦は緑肥として利用され、休耕地などで蒔かれています。根が深く40~50センチまで伸びます。深いところの固まった土が、燕麦の根が枯れて空間ができ、土が柔らかくなります。根が完全枯れるまで栽培ができないです。おおよそ60日近く栽培ができません。2か月間、何も植えないで畑を休ませることができないので、今月末には刈りこんでしまうつもりです。
画像1(燕麦)

***** 畝作り *****
 キャベツとレタスの定植をする時期になってきました。ポット苗は、若干小さいです。昨年は3月中に定植しているので、今年は遅れています。
 ジャガイモを植える予定の場所の東隣に畝を作ることにしました。
 牛糞堆肥と有機肥料を入れて、耕耘機で耕しました。昨日、雨だったので、表面の土が乾くのを待って、午後から作業をしました。
画像2(畝作り)

 耕耘後、畝立てをしました。
 畝幅は60センチ、畝長9.5メートルです。
 キャベツの株間は40センチ、レタスの株間は30センチ程度なので一条上にするとキャベツは25個植えることができます。ポット苗は、もう少し少ないのでレタスをキャベツの間に植えて、千鳥状に植え付ければ、何とか植えられそうです。
 畝立ての後、透明のマルチを敷きました。黒マルチにしたかったのですが、在庫が切れていたので透明マルチにしました。保温性は黒マルチの方があるようですが、これから暖かくなってくるので透明マルチでも良いかと思います。ただし、光を通すので雑草が生えてきます。
 泥はねを防ぐことができるので、野菜の栽培には極力、マルチを使用しています。
画像3(畝作り)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

ジャガイモの植え付け2014年04月05日 17時26分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

***** 午前中、耳鼻科へ *****
 午前中、耳鼻科へ行ってきました。昨日から両耳の奥に違和感があり、今朝になって右耳から耳だれが出てきました。1月には、耳だれを放置していたら、めまいと吐き気があったので早めに治療することにしました。
 家内も右耳の奥が詰まったような感じがするというので、一緒に診てもらうことにしました。
 病院は土曜日ということもあって(土曜日は午前中のみの診療)混んでいました。4,5歳くらいの男の子が家族連れで診てもらいにやってきていました。母親に連れられて診察室に入るや否や、大声で泣き叫んでいました。待合室には父親と下の男の子が待っていましたが、途中で父親も診察室に入り、診てもらっている子供に付き添っているようでした。診察が終わり、支払いを済ませて帰るまで、男の子は泣きわめいていました。
 しばらくして私が診察室に呼ばれ、両耳の治療をしました。いつもだと、時間をかけて診てくれるのですが、混んでいたこともあって5分ほどで終わりました。その後、家内が診察室に入りました。すぐに終わるだろうと待っていましたが、3,4人、診察室に入れ代わり立ち代わり入って診察した後、ようやく家内が出てきました。
 両耳の検査をしていたので時間がかかったようです。張力検査と鼓膜に圧力をかけて鼓膜の動きを診る検査だったようです。右耳の音がこもったような症状は、鼻を強くかんだりすると起こるそうです。左耳に比べると右耳の方が若干、低音部が聞き辛いようです。2週間経っても症状が変わらないようだったら、鼓膜に圧力をかける治療をするとのことでした。
 診察を終えて帰る車の中で、家内から診察の様子を聞きました。
 家族連れでやってきていた男の子の話になり、我が家の子供たちは診察を受けても大人しかったとか、長男が耳鼻科で診てもらった時には鼓膜が凹んでいるので圧力をかけるため、医者が子供に「ガッコウ」と言わせ、その瞬間にプシュッと圧力をかけていたことなど、とりとめもない話をしながら帰ってきました。
 2週間経っても家内の右耳の状況が変わらなければ、長男が受けた治療をするのだろうと思います。

***** 午後、ジャガイモの植え付け *****
 病院が混んでいたので、帰路の途中で昼食を巣前、1時前に帰り着きました。
 午後からは、ジャガイモの植え付け作業を行いました。
 種イモを切り分けていなかったので、まず、その作業から行いました。種イモは大きいものは3片に、小さなものは2片に切り分け、切り口にシリカを付けています。切り口が乾燥すれば腐敗しないのですが、すぐに植え付けるためシリカで切り口を乾かしています。
 種イモのキタアカリ、メークイン、ダンシャクは各2kgです。それぞれを切り分け、キタアカリは53片、メークインは86片、ダンシャクは69片になりました。
画像1(種イモの切り分け)

 畝は4本準備してあります。切り分けた種イモの数が多くなったので、種イモを置く間隔は20センチにしました。それでも置ききれなかったメークインと男爵の一部は15センチ程度になってしまいました。
 種イモを置いた後、井本鋳物間に化成肥料を一掴みずつ置いています。
画像2(種イモと化成肥料)

 種イモと化成肥料を置いた後、土をかけ、畝を整えました。
 今年は2月に大雪があり、3月に入っても寒い日が多かったので、植え付けを遅らせています、近所の畑でも、まだ、植えていないところがあるようです。
 昨年は3月29日にジャガイモの植え付けをしたので、ほぼ一週間遅い植え付けです。
画像3(ジャガイモの植え付け完了)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ