ブログ「毎日が日曜日」内の検索

骨粗鬆症による腰痛2013年06月06日 18時01分

 畑のスイートバジルが大きくなってきました。気温が上がっているので生育が良さそうです。間引きをしなければなりません。
 キュウリも初収穫が出来そうです。昨日朝、収穫しようかと考えたのですが、もう一日経ってからにしました。
画像1(スイートバジル)

 昨日から実家の叔母nところに来ています。といっても、ホテルに宿泊です。
 昨日、叔母が入所している施設から電話があり、叔母が腰痛で歩けないとのことでした。元々腰痛があったのですが、昨日は起きあがろうとすると腰に激痛が走って体を動かすことすら出来なかったようです。
 施設の方にお願いして、一日様子を見ることにしました。一方、私の方は叔母のところへ出かける準備をして、正午に家を出発しました。
 叔母の状況によっては入院と言うことにもなりかねません。一応、病院でしんさつしてもらうこととしました。
 地震の年齢のことを考えると、長距離なので車を運転して行くは心配です。車で行くのは今回限りにしようかと、行く度に思うのですが、電車を使っても時間的には同じくらいなので、結局、車で出かけることになります。今回も約570kmを8時間弱かけて着きました。途中、施設から電話があり、そのときに介護タクシーの手配について相談しました。地元の介護タクシーだと従来のタクシー会社の他に個人で始めた介護タクシーなどがあって選択肢が多いです。叔母の住む町にもタクシー会社が介護タクシーを運営しているとネットで調べたらわかりましたが、新規に始めた個人の介護タクシーについての情報がありません。使節の担当の方にお願いして、病院往復のため介護タクシーの予約をお願いしました。介護タクシーの予約が取れたとの連絡があったようなのでrすが、こちらは高速道を走行中のため電話に出ることが出来ません。結局、到着後に伝言サービスに入っていたのを聞いて知りました。
 ごご8時前にホテルにチェックインをして、コンビニで買った弁当を早々に食べて、叔母のところへ行きました。8時を過ぎた時間だったので施設の玄関の自動ドアは閉まっていて、手動で押し開けて入り、叔母の部屋に行きました。叔母は寝ていましたが、部屋に入ってきた気配で目を覚ましました。私が来たことがわかったかどうかわかりませんが、明日、8時に来て、8時30分に介護タクシーで病院へ連れて行くことを告げただけで、ホテルに戻ってきました。

 今朝8時前に施設に行き、予定通り介護タクシーで市立病院へ行きました。私は一人で叔母を診てもらうつもりで考えていたのですが、施設の担当の方も一緒に来てくれました。受付をすませ、整形外科の診察室の前で待つこと1時間半。診察室に呼ばれ、現在の症状、病歴などを質問され後、腰のレントゲン撮影と骨密度の測定をして、再び、診察。まず、骨密度の検査結果を聞きました。叔母と同年齢の方との比較でも、骨密度が低く、骨粗鬆症が進んでいるとの診断でした。続いてレントゲン写真を見ながら、背骨の骨の間隔がかなり狭まっていて、背骨の骨折状態に近いとのことでした。
 ここまでは、担当医は普通に診断結果を話されていたのですが、この後、骨粗鬆症の地中の現状について、とうとうと話をされました。
 骨粗鬆症は高齢になると起こりうることだと、患者自身を含め周りの家族などもあきらめている方が多いそうです。二昔前までは投薬が骨粗鬆症の治療として主流でした。薬で改善されるまでには相当時間がかかります。早期に改善するために数年前から注射による治療法が行われるようになったと話されていました。糖尿病の方のインシュリン注射と同じ方法で、患者自身が毎日一回注射をするという治療です。最大2年間まで、この治療が可能だそうです。
 医者嫌いで、特に注射などの痛みに敏感な叔母が納得してやってくれるとは思えません。しかし、医者は、これから先腰痛に依る痛みが増大して行く可能性の方が高く、何もしなければ回復は望めないだろうと。どうしてもイヤなら、これまで通り投薬の選択肢もありうることなので、叔母自身が決めるようにとの話でした。医者の話を聞いてみて、新しい治療法で改善の可能性があるのなら、試してみた方がよいのではと、叔母に勧めてました。注射の針が髪の毛の太さよりも細く、痛みはほとんどないことなどを説明し、叔母も渋々ながらやってみることにしました。まずは1ヶ月間行い、1ヶ月ごとに通院し、状況をみるということです。ただし、最初だけは2週間後くらいに一度様子を診るので来院するように言われました。
画像2(駒ヶ岳サービスエリア)

 診察が終わり、注射の仕方を教わるため、処置室で看護士から説明を受け、叔母自身で第一回目の注射をしました。注射液は1ヶ月分あり、冷蔵庫で保存するそうです。
 説明、会計を終えて、介護タクシーで施設に戻りました。
 説明の中で冷蔵庫が必要になったので、ホームセンターへ行って小型の冷蔵庫を買って、もう一度、施設に戻りました。
 毎日注射をすることになるのですが、叔母が忘れずに出来るか不安もあるので、ヘルパーさんに注射をするときに立ち会っていただいて、間違っていたら介助をしていただくことになりました。そのため、明日朝、もう一度叔母のところへ行って、注射をするときにヘルパーさんに見ていただき、私の方から注射の仕方を説明することになっています。
 今年86歳になるおばですが、物忘れなどは若干ありますが、認知症の症状はほとんどないので、ヘルパーさんがついていてくれれば出来るだろうと思います。ただ、現在は腰痛のため自分の足で歩くことが出来ないので、緊急的に隣にある特養の施設で介護をお願いできないかをあたっていただいています。2週間後もありますが、毎月一度、叔母のところに出かけて病人へ連れて行かなければならないとなると、私自身の負担が大きくなり、どのようにするのがよいか、これから考えなければなりません。

ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

2日間で畑が様変わり2013年06月08日 16時52分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

***** 出かけていた間に *****
 昨日は朝から叔母のところへ行き、ケアマネージャーや施設の担当者、ヘルパーなどの方々と、今後の叔母の対応について話し合いました。身の回りのことは自分で出来る方達が入ることができる施設なので、叔母のように腰痛で動けない人への介護を施設では出来ないです。在宅介護の同じ扱いになり、身の回りの世話をヘルパーにお願いすることになります。現在も一日2回(各1時間程度)ヘルパーに来て頂いています。腰痛治療の自己注射を毎日1回行わなければならないので、ヘルパーに見て頂いているときに叔母が注射をするようにしなければなりません。そのため、1日2回の介護を更に増やしてもらうことにしました。また、自分で歩けるようになるまで、一時的に同じ建物の中にある特養でのショートステイも選択肢の一つとして考えて頂くよう伝えておきました。
 医者の話だと、腰痛治療のための自己注射は最大2年間可能だそうです。注射液は28日分出されているので、4週間ごとに病院へ行かなければなりません。年に3~4回、叔母の所へ出かけていましたが、これからは4週間経過するごとに出かけなければなりません。経費の面も含め、私の負担が大きくなってきます。ケアマネジャーの話しでは、診察に付き添えるのは親族だけで、ヘルパーや施設の担当者が付き添うことは出来ないそうです。担当医に事情を話して、通院の何回かをヘルパーや施設担当者だけで付き添うことができるようになればと思っています。

 叔母に最初の日の自己注射をさせ、病院で聞いてきた自己注射の方法をヘルパーに説明しました。叔母は自己注射の方法を全く覚えていなく、また、髪の毛よりも細い注射針を怖がって、なかなか針を刺そうとしません。大騒ぎをしながら何とか注射をさせました。ヘルパーには、叔母が針を刺す前までの手順を覚えて頂いてやって頂かなければなりません。叔母一人で注射をすることは無理です。
 午前10痔半、施設を出発して、午後6痔過ぎに山梨に戻ってきました。叔母の自己注射が順調にできるようになれば、2週間後に病院へ連れて行き、治療の状況を医者に診てもらうことになります。
 
 3日間出かけていて、畑の作業が出来ませんでした。3日振りに畑に行くと、トマト、キュウリ、茄子など、草丈が伸び、花の数も増えていました。午前中、トマトの脇芽欠きをして、伸びた茎を誘引し、混植してあるジャーマンカモミールを刈り込みました。トマトの葉が茂ってきたので風通しを良くして、アブラムシが付かないようにしなければなりません。
 キュウリは親づるを摘芯した株から何本も子づるが伸びてきました。子づるの数を減らし誘引をしておきました。下の方には葉に隠れて見えなかったのですが、キュウリが大きくなっていました。3日前に初収穫できそうなキュウリが1本あったのですが、その他にも数本、収穫できるキュウリがありました。
画像2(キュウリ)

***** そら豆の収穫 *****
 そろそろ、ソラマメを撤収しなければなりません。前回試し採りをしたときに、豆のオハグロが緑色をしていたので、収穫するのを延ばしてきました。オハグロの部分が黒くなっており、莢も萎びかけてきていたので、全部収穫して片づけてしまいました。
画像1(ソラマメ)

***** 玉ねぎの一部収穫 *****
 トマトの畝に隣接する玉ねぎの畝が、トマトの脇芽欠きや誘引をするのに邪魔になるので。この畝だけ玉ねぎを掘り出しました。
 トウ立ちした玉ねぎを、その都度、引き抜いていたので、この畝からは110個の玉ねぎを採ることができました。昨年の玉ねぎに比べると、どれも一回り大きいです。
 掘り出した玉ねぎを畝に置いていたのですが、雲行きが怪しくなってきたので、ハウスの中に移しました。午後になって晴れ間が出てきたので、そのまま畝に置いておいても良かったようです。明日午後に葉を半分ほど切って軒下に吊すつもりです。
画像3(玉ねぎ)

***** レタスの収穫 *****
 8株あったリーフレタスが畑に2つ残っていました。この2つのレタスを収穫しました。このレタスは畑に長く置くことが出来ないようです。2つのレタスのうち、一つはトウ立ちを始めています。葉が結球しないタイプのれたすなのでトウ立ちするのも早いのかなと思います。
 昨年までの結球するタイプのレタスと異なるタイプで、初めての栽培でした。生育は上々で評判も良かったので、次回もリーフレタスを作ってみるつもりです。
画像4(レタス)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

花が咲き始めた夏野菜2013年06月09日 17時13分

[トマト] ブログ村キーワード

***** ミニトマト「アイコ」 *****
 昨日、トマトの脇芽欠きと誘引をしましたが、今朝見ると、更に茎が伸びていました。この時期、夏野菜は成長著しく、日毎に伸びて行きます。
 ミニトマトは三段目まで花をつけました。一段目は既に結実していて、ミニトマトの形になってきました。
 中玉トマトも三段目まで蕾が付いています。大玉トマトは二段目まで蕾がつき、中には二段目も花が咲いています。桃太郎ゴールドも結実しました。一段目に4~5個の花と実があったので、小さな花を摘花して実を3個まで付けるようにしておきました。大玉トマトは肥大して収穫が出来るまでに時間がかかり、その間に虫に入り込まれる場合があるので、各段につける実の数を少なくして、肥大を早めようと考えています。
画像2(ミニトマト「アイコ」の花)

***** シシトウの花 *****
 ピーマン、シシトウは葉が多く茂り、葉に陽が当たりにくくなっていました。下葉を掻き取り、脇枝を整理して葉に葉が当たるようにしました。伸ばす脇枝を少なくしたので、今後は脇茎の伸びが早くなるとと思います。まだ、脇茎が短いので支柱での誘引はしていません。脇茎の伸び具合を見ながら支柱を立てて行く予定です。
 ピーマンに蕾がありました。シシトウは既に花が咲いています。
画像1(シシトウの花)

***** カボチャの葉にウリハムシ *****
 先週前半まで、見あたらなかったウリハムシがやって来ています。ウリハムシはカボチャやキュウリなど、ウリ科の野菜の葉に飛来し、被害が大きい場合には葉を枯らしてしまいます。
 ウリハムシは人が近づく気配で飛び立ってしまい、人がいなくなると再び葉にやって来ます。殺虫剤の散布では効果がありません。虫取り用のシートを葉の上に掲げておけば良いのですが、シートの持ち合わせがないので、買ってこなければと思っています。
画像3(カボチャの葉にウリハムシ)

***** 芽が出てきた大ショウガ *****
 先月10日に大ショウガの植え付けを行いました。
 ほぼ1ヶ月が過ぎました。敷きワラの間から芽が出てきました。2条植えで、各筋に6~7個の種ショウガ片を植え付けました。芽が出ているのは5,6カ所です。まだ、半分以上は芽が出ていないことになります。ショウガは、毎年芽が出にくいです。気候の温暖な地域で栽培されているので、我が家の辺りでは地温を相当上げてやらなければ芽が出ないのかも知れません。
画像4(大ショウガの芽)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

キュウリの病気2013年06月10日 17時57分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** 玉ねぎの収穫と保存 *****
 午前中、昨日に引き続き2回目の玉ねぎの収穫をしました。倒れている葉が少し枯れ始めているだけなので、まだ、採り起こさない方がよいのかも知れませんが、台風3号が発生していて、明日から天気が悪くなりそうなので、雨が降っていないときに収穫しておいた方が良いと思います。
画像1(収穫前の玉ねぎ畑)

 昨日は110個でしたが、今日は150個ありました。苗を植え付けたときは120本+170本で計290本だったので、トウ立ち玉ねぎや途中、寒さなどで消えてしまった苗が30ほどあったことになります。
画像2(収穫した玉ねぎ)

 今日収穫した玉ねぎは、半日ほど畑に置いていましたが、明日からの天候を考えると雨が当たらない場所に移すか、葉を切って吊しして保存してしまわなければなりません。昨日収穫した玉ねぎがハウスの中にあるので、先ず、ハウス内の玉ねぎを吊して保存して、空いたハウスの中へ今日収穫した玉ねぎを入れることにしました。
 昨日収穫した玉ねぎをハウスから出して、葉を半分くらい切り落とし、紐で玉ねぎを振り分けて、軒下に吊しました。今年は一つ一つの玉ねぎが大きいので、吊す場所を広げなければなりません。家の北側に鉄骨で組んだ庇があります。物置場になっている場所ですが、鉄骨の梁にワイヤーを掛けて長い角材を水平に渡して、玉ねぎを吊す場所を増やしました。
画像3(昨日収穫した玉ねぎ)

***** キュウリのベト病? *****
 キュウリの初収穫があってから、葉に黄褐色の斑点が出てくるようになりました。最初はフリーダム一株だけだったのですが、現在は3株の葉に出ています。
 斑点の出方から推測すると、多分、ベト病だろうと思います。キュウリは、うどん粉病、ベト病、モザイク病など、細菌による病気に罹りやすいです。昨年までも、キュウリは初収穫から暫く経った頃に、うどん粉病、ベト病に罹りました。
 ベト病は気温、湿度が高い時に罹りやすいそうです。6月に入ってから気温が高い日が多かったですが、降水量が極端に少なく、土が乾き気味です。湿度が上がる梅雨期に罹りやすいと聞いています。雨が降るのが少ないですが、全く降らないわけではないので湿度が高いのかも知れません。
画像4(キュウリの葉)

 また、収穫が始まる頃には肥料切れを起こすことがあります。株が弱ってくると病気に罹りやすいので追肥を施す必要があります。
 対処方法としては、斑点が出来た葉を取り除き、周囲に広がらないようにすることや追肥をして株を元気にすることぐらいだろうと思います。勿論、殺菌剤を散布することも方法としてありますが、収穫が始まっているので、薬剤は使いたくありません。
画像5(ベト病の葉を取り除いた後のキュウリ畝)

***** カボチャの虫よけシート *****
 カボチャの葉にやってくるウリハムシ退治に黄色の虫よけラベルを行くまいか立てました。トマトのところで使っている長めのシートが効果的だと思うのですが、ホームセンターに置いてなかったので、短いラベル式のシートを買ってきました。
 虫取りラベルをカボチャの葉に立てて間もなく、シートにウリハムシが張り付いていました。ウリハムシを追い払って、しばらく見ていると、再び葉にやってくるのですが、黄色のラベルをめがけて飛んでくるウリハムシもいました。黄色はアブラムシも好んでやってきますが、ウリハムシなども飛び込んできます。黄色は緑の葉の中では目立つ色なのかも知れません。
画像6(カボチャの虫よけシート)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ