ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キュウリ・ナスの追肥2013年06月11日 16時48分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** 玉ねぎの収穫(3日目) *****
 今日は予備用に植えていた玉ねぎを収穫しました。元々苗が小さく、冬の寒さに耐えられないのではないかと思っていました。昨日までに収穫した玉ねぎは苗が大きく、冬場の寒さを避けるため寒冷紗のトンネルにしてありました。そのため、収穫時には大きな玉ねぎになっていました。予備用に植えた玉ねぎは黒マルチをしただけだったこともあり、小さめの玉ねぎです。80本の苗を植え付けましたが、75個の玉ねぎを収穫することが出来ました。トウ立ちした玉ねぎは1本もなく、冬場の寒さで枯れてしまった苗が5本ありました。
画像1(玉ねぎの収穫3回目)

 今日収穫した玉ねぎをハウスの中に入れるため、昨日収穫した玉ねぎをハウス内から出して、保存することにしました。
 荷造り用の紐を、長さ70~80センチに切って、両端を結び合わせ輪にします。
 輪にした紐を(2)のように、玉ねぎの茎(萎れていて茎が柔らかくなっている部分)にかけて紐を引き締め付けます。これで玉ねぎを吊しても落ちることはありません。輪にした紐の両端に、大きめの玉ねぎは各1個、中玉では各2個ずつ吊り下げます。
画像2(玉ねぎの吊し方)

 吊り下げられた玉ねぎを振り分けるように軒下の棒に掛ければ玉ねぎの保存作業は終わりです。260個の玉ねぎを吊り下げると、玉ねぎの重みで棒がたわんでいます。
 1日目、2日目に収穫した玉ねぎでイッパイになりました。今日収穫した玉ねぎは小さめのものが多いので、勝手口前の軒下に吊すことが出来るだろうと思います。
画像3(保存玉ねぎ)

***** キュウリ・ナスの追肥 *****
 キュウリがベト病に罹っているのではないかと思っています。昨日にも斑点が出来た葉を取り除きましたが、今日も新たに見つかった病気の葉を取りました。生育が良かったのに残念です。毎日、葉を取っていれば、株がドンドン弱ってきます。摘花をして実のできる数を減らして、少し休ませる必要がありそうです。
キュウリとナスの畝の間の草取りをしました。雑草と一緒に、こぼれ種で生えてきたジャーマンカモミールも取り除きました。畝の端に植えてあるマリーゴールドは、間引きをして本数を減らしました。
画像4(畝間の草取り)

 キュウリが病気に罹るのは、気温や湿度の影響もありますが、肥料不足などで株が弱ってくると罹りやすいそうです。5月に定植してから、一度も追肥をしていないので、今日は化成肥料を畝に鍬込みました。マルチを上げて畝際に少し溝を掘って化成肥料を入れました。マルチは黒でなく透明のシートを使っているので、マルチの下に根が見えません。少し掘ると根が畝際まで伸びていました。
 キュウリに追肥をしたので、ついでにナスにも追肥をしておきました。
画像5(ナス・キュウリの追肥)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ