ブログ「毎日が日曜日」内の検索

玉ねぎの枯葉を取り除く2013年03月31日 15時28分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

***** 玉ねぎ *****
 雨が止んでいる時を見計らって玉ねぎの枯葉を取りました。葉の先端が枯れていたり、根元に枯れた葉が付いていたりしています。これらの枯れた葉は、そのままにしておくと病気を引き起こす原因になります。
 黒マルチを敷いてありますが、玉ねぎの植わっている穴からスギナが伸びていました。土が酸性にかたよっているのではないかと思います。玉ねぎの根元をスッキリさせて風通しを良くしてやりました。
画像1(玉ねぎの枯葉除去)

 約300本ある玉ねぎの中に葉に白い斑点がある玉ねぎがありました。色素が抜けてしまったようです。斑点が次第に大きく広がって葉の大部分が白くなっていました。病気に罹っているのだと思います。ネットで調べてみました。該当すると思われるのが「ボトリチス葉枯れ」症です。気温が低すぎたり、逆に、高温になりすぎたりとか、湿度か高くなるとかによって、症状が現れてくるようです。4月に入ると、こうした気温や湿度の変化が顕著になるので、さび病などに罹ることもあります。
 幸い、異常な玉ねぎは1本だけだったので、引き抜いてしまいました。
画像2(緑の色素が無くなった玉ねぎ)

***** 呼び接ぎのキュウリ *****
 4日前に呼び接ぎをしたキュウリ苗です。台木も穂木も根が付いているので、ここまではどちらもしっかりしています。様子をみるため、穂木の茎を太さの半分まで切っておきました。かみ合わせた部分が上手くつながっていれば、穂木の茎や葉が萎れることは無いはずです。
 数日、様子を見て、萎れないようであれば、穂木の茎を完全に切ってしまいます。
画像3(呼び接ぎのキュウリ)

 6日前に種を蒔いたスイートバジルが昨日から発芽を始めています。土の表面が隠れてしまうくらい厚めに種を蒔いたので、土がモコモコと上がっています。
画像4(スイートバジルの発芽)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ