ブログ「毎日が日曜日」内の検索

ジャガイモの植え付け2013年03月29日 17時59分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード


***** 種芋を切り分ける *****
 今月6日から浴光催芽をしてあったジャガイモを切り分けました。大きなダンシャクとメークインは2つに切り分け、それぞれ52片になりました。シンシアも2つに切り分けやので22片に、インカのめざめ、インカルージュ、インカのひとみは大小あったので大きなものは2つに切り分け、小さなものはそのまま植え付けることにしました。その結果、インカのめざめが19、インカルージュが12、インカのみとみが16になりました。2つに切り分けた種芋は切り口に草木灰を付けて、植え付けた後の腐敗を防いでいます。
 インカルージュの一つの種芋が浴光催芽の効果が無く、全く芽が出ていませんでした。大きかったので2つに切り分けると、中にカビが生えていて、切り口が鮮やかな黄色ではなく赤みを帯びていました。病気が他のジャガイモにうつる可能性があるので、この1個は捨てることにしました。
画像1(種芋)

***** 溝を作って、堆肥と化成肥料を入れる *****
 種芋を切り分けるのに先立って、午前中に畑の植え付け準備をしました。狭い畑にトータル6.5kgの種芋を植え付けるので、畝の間隔は約50cmにしました。各畝の長さは約7m、畝の本数を5本(植え付けられないと困るので、もう1本短い畝を呼びに作っておきました)
画像3(堆肥と化成肥料を入れる)

 畝幅の中央より10センチほど片方に寄った位置を深さ15cmほどの溝を作り、その中に完熟牛糞堆肥と有機肥料・化成肥料を入れました。肥料は、例年化成肥料だけなのですが、今年、近所のAさんから有機肥料を2袋頂いたので使うことにしました。有機肥料なので速効性がないのではと思っています。
画像2(堆肥と化成肥料を入れる)

***** 堆肥・化成肥料を入れた溝に土をかける *****
 堆肥と肥料を入れたので、溝を半分の深さまで埋め戻しました。畝間が狭いので、畝幅の中央が分かるように畝の両端に目印の支柱を立てています。
画像4(堆肥と化成肥料を入れた溝に土をかける)

***** 20~25cm間隔で種芋を置く *****
 浅くなった溝に種芋を置いて行きました。間隔を25cmにすると畝が6本必要になるので間隔を20cmにしています。ジャガイモを植え付ける間隔が、通常より狭いです。収穫量が減るだろうと思いますが、各付け面積を少しでも減らしておかないと、夏野菜の植え付けで足りなくなってしまいます。
画像5(種芋を溝に置く)

***** 種芋の上に土をかける *****
 種芋を置いた上に土をかけました。10cm弱の厚さです。畝幅が狭く、畝間も狭いので、土をかけすぎると隣の畝の土が減ってしまいます。均等に振り分けられるよう、確かめながら土をかけて行きました。
 我が家の畑で、ジャガイモを6.5kg蒔くのは多すぎます。畝を5本使いましたが、本来はこの面積で3本くらいが良いだろうと思います。種芋の間隔も30cmは欲しいところです。植え付けるジャガイモの品種を減らせば出来ることですが、毎年、4品種以上を栽培しています。隣の畑のKさんはキタアカリ一品種でした。ジャガイモの収穫だけなら一品種でも良いのですが、生育や収穫量、おいしさなどを調べてみたいので、色々な品種のジャガイモを植え付けることになってしまいます。
画像6(種芋の上に土をかける)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ