ブログ「毎日が日曜日」内の検索

今日も接ぎ木作業です2013年03月22日 16時26分

[接ぎ木苗] ブログ村キーワード

***** ネコ避けのネット *****
 今朝、畑にネコの足跡を発見しました。昨年から、我が家の庭や畑に黒い野良猫がやってきます。家の裏側を通って畑に下りて、隣の空き地の方へ通り抜けて行きます。
 畑に入られないように、ネットをまわりに張り巡らしてあります。これまではネットのおかげで畑にネコの足跡があることはなかったのですが、今朝、耕した畑にクッキリと足跡が残っていました。足跡の先を追って行くと、空き地から隣のお宅へ向かって歩いている黒ネコを見つけました。私に気が付いて立ち止まり、こちらを見ていました。私が更に近づくと、一目散に隣の庭へ逃げ込んで行きました。
 朝食後、畑に張ったネットを取り外しました。隣の空き地との境にあるネットは雑草避けのため残してあります。
 ネットを片づけ終わって、空き地の草取りをしました。今のうちに除草しておけば草が生える時期を遅らすことが出来ます。今年も空き地側の1mくらいの幅にマリーゴールドの種を蒔く予定です。土地の持ち主が草刈りをしないので、夏になると空き地が一面雑草だらけになります。畑との境界を仕切っただけでは雑草が畑に進入してくるので、幅1mほどのところまで草を生やさないようにしています。
画像4(畑の囲いを外す)

***** 昨日の接ぎ木トマト苗 *****
 昨日、接ぎ木をしたトマト苗は、2株ほど穂木が萎れていましたが、他は元気そうです。子葉上部の茎が短い台木もあったので、子葉下部の胚軸を斜めに切断して非議と合わせたものもあります。かなり無理をして接ぎ木をしています。本葉が3、4枚になった頃に接ぎ木をするのが良さそうなのですが、そのときまで待っていると大きくなりすぎて、我が家では管理が難しくなってしまいます。
 今日はナスの接ぎ木をしてみました。台木の茎を真横に切断して、茎に楊枝を差し込み穴を開けます。穂木は茎をくさび形に削り、台木に開けた穴に差し込みます。この方法は「挿し接ぎ」と云われています。台木の茎が細いと、この方法では難しいです。1、2本、「挿し接ぎ」をしましたが、茎が細い台木はトマトと同じ「斜め接ぎ」にしました。
 ピーマンの台木「ベルホープ」が残っていたので、台木苗を減らすため接ぎ木をしました。
画像1(昨日接ぎ木したトマト苗)

 ポット苗が次第に大きくなっています。夜間は室内温室に入れて保温をしていますが、棚間が狭いので苗が上の棚につかえてしまいます。キュウリなどは、4段ある棚の一部を取り外し、棚間を広げて置いています。そのため、育苗トレイを8個置けなくなり、現在は7個にしています。接ぎ木を増やして、ポット数を減らして行かなければなりません。夜間の保温の必要が無くなれば良いのですが、まだ、明け方は室内でも10℃を下回ることがあるので保温が欠かせません。
画像2(窮屈になってきた室内温室)

***** 蓮の実生 2日目 *****
 20日の夜に蓮の種を水の中に入れてから、丸2日が経ちました。水が少し茶色くなってきたので取り替えました。
 水に浮いていた種(画像中央)も、今朝は沈んでいました。
 この状態で3日目あたりから発芽するのでしょうか?その気配がないので少々心配です。水温が低くても発芽しないだろうと思うので、日中は窓際の日当たりの良い場所に置いています。
画像3(蓮の実生2日目)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ