ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キュウリの種蒔き2013年03月01日 16時50分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** キュウリ4品種の種蒔き *****
 今日は気温が10℃を越えて、暖かでした。午後になって本曇りになりましたが、気温はそれほど下がらなかったようです。
 暖かさにつられて、キュウリの種蒔きをしました。今年は新たに「フリーダム」と「F1鮮緑節成55号」という品種を加えました。「夏太郎」と「ときわ かぜみどり」は昨年の残り種です。昨年、四葉系のキュウリを栽培しましたが、ゴツゴツした感じが我が家では不評でした。シャキッとした食感のよさがあるので捨てがたいですが、今年は栽培しないことにしました。
画像1(キュウリの種袋)

 「フリーダム」は果長が少し短く17~19cmです。イボがないキュウリですが、シャキシャキした歯ごたえがあるそうです。
 「F1鮮緑節成55号」は主枝の節ごとに着果するキュウリです。低い節から着果するため、第5節までに生ったキュウリは摘果するそうです。
 「夏太郎」は地這いのキュウリですが、棚でも栽培できるので、昨年はネットを張った棚に都留を這わせました。
画像2(キュウリの播種)

***** キャベツ、レタスなどの種蒔き *****
 キャベツも種蒔きをしました。2品種です。「アーリーボール」は極早生で播種後60日前後で収穫できるそうです。正円球のキャベツです。「四季穫」は甲高の球形のキャベツです。この時期に種を蒔けば、「アーリーボール」は6月頃に、「四季穫」の方は7~8月頃に収穫できると思います。
 レタス「レビストロ」は結球しないタイプのレタスです。これまで結球するレタスばかりを栽培してきたので、違った品種にしてみました。葉先に細かいフリルが入るコーラルレタスで、生育が早く、暮ルームのあるレタスになるようです。
 一度は栽培してみたいと思っていた「アイスプラント」です。南アフリカの砂漠を原産地とする多肉植物です。地中の塩分を吸収して、葉の表面に透明な粒状を形成します。食べると、ほんのりと塩味がするそうです。種は極小で、一粒一粒蒔くことが出来ません。ジャーマンカモミールの種も極小ですが、それに近い大きさです。セルの土の表面に適当にばらまきました。
画像3(キャベツ等の種袋)

画像4(キャベツ等の播種)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ