ブログ「毎日が日曜日」内の検索

久しぶりの雨でした。2012年09月02日 17時24分

[白菜] ブログ村キーワード

***** インゲンの撤収と畑の準備 *****
 2週間近く雨が降りませんでした。昨日は時々雨が落ちていましたが、今朝は激しい降りになりました。おかげでカラカラだった畑の土も十分に湿り気を帯びています。
 インゲンは時期をずらせて3回種を蒔きました。最初に蒔いたインゲンは、一度、切り戻しをして新しいつるを伸ばしました。収穫もほどほどにありましたが、ようやく葉も枯れ始めてきたので、昨日、片づけました。
 この畝の続きには、この夏、マルチで覆って熱処理をしていました。黒マルチと透明なマルチです。透明マルチを外したところで、来客があり、作業の続きは、今日になってしまいました。午後になって雨が止んだので、残っていた黒マルチを外し、有機石灰を撒きました。続けて、耕すため、耕耘機の準備を仕掛けたところで、再び、雨が降り出したので耕すのをあきらめました。
画像1(インゲンの撤収)

***** 白菜の間引き *****
 午前中、大粒の雨が断続的に降っていました。雨が小降りになったときに、玄関ポーチに白菜苗のポットが入ったトレイを持ってきて、間引きをしました。「金将二号」は発芽率が悪かったですが、他は1ポットに4~5本出てきています。大きそうな苗を1本残して間引きをしました。
 昼近くになって小雨に変わったので、葉ボタンの移植をしました。毎年、葉ボタンの種を蒔こうと思っていたのですが、つい忘れてしまい、種を蒔く時期が過ぎてしまっていました。今年は、7月に種を買って、8月上旬に、3種類の種を3つのプランターに蒔きました。定植は本葉が数枚出てきたところで行うようなので、プラ鉢に植えかえをしました。株間25~30センチにすれば大きな葉ボタンになるようですが、苗が沢山出来たので、株間を狭くして植え付けました。株間が狭いと、小さな葉ボタンになるようです。
 プランターに葉ボタンの苗があるのを近所の方が見ていて、今から苗を貰うことを心待ちにされています。まだ、葉ボタンの形になっていませんが、もう少し大きな苗になったら、配る予定です。
画像2(白菜の間引き)

***** まだ、収穫ができます *****
 昼過ぎには日差しもありました。しかし、急に雨が降り出したりする不安定な天気でした。昨日、野菜の収穫をしなかったので、キュウリは大きくなっていました。変形したキュウリが目立つようになりましたが、食べられそうなキュウリが15~16本収穫できました。
 昨日、最初に播種したインゲンを撤収しましたが、最後に蒔いたインゲンが収穫できるまでに育っています。株が若いと、柔らかい莢のインゲンが多く採れます。今月半ばくらいまでは収穫できるのではないかと思います。
 トマトは、相変わらずミニトマトも収穫が多いです。中玉の「シンディースイート」、「シンディーオレンジ」は、果実が小さく中玉とはいえない大きさです。大玉の「桃太郎ゴールド」、「ルネッサンス」は、色付くまでにかなり時間がかかるようで、一度収穫すると次の収穫まで間があきます。しかも、色付く時期が同時期になるようです。今日は、収穫時ににあたったので、「桃太郎ゴールド」、「ルネッサンス」の両方を採ることができました。ただ、色付いているトマトの中に、オオタバコガの幼虫の被害に遭っているものが数個ありました。時間を掛けて完熟するので、その間にオオタバコガの被害に遭う率が高いです。
 収穫は一日おきになりましたが、まだまだ、食べきれない程の夏野菜が採れます。
画像3(本日の収穫)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

畑の準備2012年09月03日 18時16分

[畑仕事] ブログ村キーワード

***** カボチャの撤収 *****
 秋冬野菜の準備のため、カボチャを片づけました。大小6個のカボチャが生っていました。小さいカボチャはツルの先端近くなので美味しくないかも知れません。近所のSさんに大小各1個を差し上げました。知人のIさん焚くにも届けたので残ったのは3個になりましたが、以前に採ったカボチャが2個あるので全部で5個残っています。冬至まで保存できれば良いのですが、12月頃になるとあまり美味しくありません。小さいカボチャはパンプキンスープにでもして食べる予定です。
画像4(カボチャの撤収)

***** 有機石灰を撒いた畑の耕し *****
 2日に石灰を入れたところを耕しました。キャベツや大根を植える予定です。
画像1(石灰を入れ耕す)

***** 馬の堆肥などを入れる *****
 一般に石灰を入れて耕した後、1週間ほど間をあけて堆肥などを入れますが、有機石灰なのでその必要はないようです。(有機石灰の袋に説明が書いてありました)
 堆肥は、春に乗馬クラブから貰ってきてあるので、馬の堆肥を使っています。一輪車で10往復して、少し多めに堆肥を入れました。その後、油かす、化成肥料を入れています。
画像2(堆肥・油かす。化成肥料を入れる)

***** 耕耘後、畝立て *****
 再度、耕耘機で耕して、堆肥などを土と混ぜ合わせました。この場所には畝を2本作ります。南側の畝に黒マルチを掛けて、40センチ間隔で2条(重ならないように交互に)、黒マルチに穴をあけました。この日の作業はここまでです。
画像3(堆肥入れ後耕し畝立て)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

ミョウガの刈り込み2012年09月06日 16時12分

[ミョウガ] ブログ村キーワード

***** キャベツ・レタス・ブロッコリーの定植 *****
 昨日(5日)、キャベツ、レタス、ブロッコリーの苗を植えました。キャベツ24、レタス20、ブロッコリー8の計52本の苗です。
 育苗トレーにポットを並べて苗を育てていました。本葉が出始めた頃に、青虫が葉についていたので、網戸が付いている箱にキャベツやブロッコリーのポットを入れました。この箱は、家内の実家から持ってきたものです。不燃ゴミとして出すというので、もったいないから持ってきて使うことにしたのです。この箱のことを「ハイ帳」と呼んでいて、「ハイ」は「ハエ(蝿)」のことだそうです。食べ物をこの網戸の付いた箱の中に入れて蝿がたかるのを防いだのだと思います。
 実は、この箱を使ったのが災いして、キャベツが徒長気味になってしまいました。育苗トレーに並べていたときには列ごとにラベルを一つ挿してキャベツ、ブロッコリーの区別をしていたのですが、網戸のある箱に入れるときにキャベツとブロッコリーのポットの区別が分からなくなってしまいました。
 定植時には、キャベツらしいポットをレタスと交互に植えておきました。1畝では植えられなかったので、大根を植える予定の畝にも植えました。しばらく苗が生長するのを見て、ブロッコリーとキャベツを植え替えて行きたいと思っています。
画像1(キャベツtレタスのトンネル)

***** 大根の種蒔き *****
 大根の種蒔きを5日に行いました。昨年の残り種です。昨年まではマルチを敷いていましたが、今年はマルチをしないで蒔きました。種は点蒔きで20センチ間隔にくぼみをつけ、1箇所に5粒蒔きました。「耐病総太り大根」と「冬取り聖護院大根」を各10箇所、「三浦大根」2箇所、「おでん大根」3箇所です。残り種なので「三浦大根」は2箇所になってしまいました。
画像3(大根の播種)

***** 玉ねぎの種蒔き *****
 玉ねぎの種蒔きも昨日(5日)に行いました。昨日、家内がホームセンターへ行った宇野でついでに種を買ってきて貰いました。種は「ネオアース」で2袋です。キャベツのトンネルの横に1メートル×80センチほどの苗床を作り、10センチ間隔で溝を付けて、種を条蒔きしました。発芽するまでは、新聞紙をかけておきました。
画像4(玉ねぎの種蒔き)

 ここ数日で、畑の様子が夏から秋に変わってきました。これからは白菜の定植が待っています。40ポットの苗があるので、植え付ける場所を確保するために、夏野菜の片づけを始めなければなりません。
画像5(玉ねぎ、キャベツ・レタス、大根)

***** 今年もハウス内にコナジラミ発生 *****
 ハウスの中は成虫になったコナジラミが飛んでいます。キュウリの葉が黒く煤けたようになっています。これはコナジラミが出す糖分を含んだ液が乾いたものです。ハウス内のトマトにも煤が付いていました。幼虫は葉から養分を吸うので株が弱ってきます。トマトとキュウリは片づけても良いのですが、メロンはまだ、収穫できないので、残さなければなりません。幸い、果実にはコナジラミが付いていません。葉や花に多く付いているので、薬剤を散布しようか迷っています。
画像2(トマトのコナジラミによる被害)

***** ミョウガの刈り込みと収穫 *****
 今日はミョウガの刈り込みを行いました。ミョウガは年々その範囲が広がってきていて畑が狭められてきました。地茎で伸びるので、地茎を切断して、畑の方まで広がらないようにしようかと考えています。
 葉の先端が枯れ始めてきているので根元近くで刈り込みました。これまで収穫するのにしゃがんだ格好で腕を伸ばして、手探りで採っていました。そのため、多く採ることが出来ずにいました。
画像5(ミョウガの刈り込み)

 刈り込んだのでミョウガを見つけるのが楽でした。特に、手が届かなかった石垣下には沢山のミョウガがありました。
画像6(収穫したミョウガ)
 午後になって、久しぶりににわか雨が降り、雷が鳴りました。雨が降るまでは蒸し蒸ししていましたが、雨が降った後涼しくなってきました。田圃の稲も黄色く色付き始め、秋が近づいているのを感じます。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

白菜の植え付け準備2012年09月08日 22時18分

[白菜] ブログ村キーワード

***** 本日の作業 *****
 昨日、最初に植えたキュウリを片づけました。同じ棚にゴーヤがあるので棚をそのままにしておきましたが、白菜の植え付けをする場所を確保するため、今日はゴーヤも撤収しました。午前中かかってキュウリ棚を片づけ、午後からは畝作りをしました。
 白菜用の畝はハウスの南側に、2本(畝長3.8mと2.4m)作ってありますが、これだけでは足りないので、キュウリの跡地、カボチャの跡地、スイカの跡地を白菜用の畝にするつもりです。これらの畝の長さは5.2m、4.0m、2.0mになります。
 有機石灰を入れて耕し、堆肥と化成肥料を入れて再び耕しました。その後、畝立てをして今日の作業を終えました。トマトや茄子などが植えてあるので、1本の長い畝を作ることが出来ません。狭いところに耕耘機を入れて耕すのですが、方向転換するときはやっかいです。前後に何度か切り返して方向転換をしますが、結構、力が入ります。

 昨日(7日)ミョウガを刈り込んだ石垣の下にヘビがいました。一昨日、刈り込みをしたときにはいなかったのですが、ミョウガを植えてある横にワラを積み上げてあり、その更に横が野菜屑などを捨てる場所になっています。ヘビが住みつきそうな場所になってしまっているので、気になっていました。家の北側から畑にかけてはヘビ避けの薬を撒いてあるので、線路側の草むらから進入することはないだろうと思っていました。昨日、もう一度、薬を撒いておきました。堆肥置き場からワラ置き場あたりの石垣沿いにも薬を撒いておきました。この薬は強いにおいがするので、風の向きによっては家の中までにおいが漂います。ヘビが嫌うにおいですが、人間にとってもいやなにおいです。
 今朝、畑に出て、玉ねぎの種を蒔いたところまで行きかけたところ、畑の南東側の里芋の畝にいるヘビと出くわしました。前日のヘビではないかと思われます。ミョウガのある石垣からは最も離れた場所です。ヘビもびっくりした様子でこちらを見ていましたが、次の瞬間、きびすを返して隣の空き地の草むらの方へ逃げて行きました。薬の効果があったのだと思いますが、これからは畑に隣接する南側の空き地との境界に薬を撒いておかねばなりません。
画像1(畑の準備)

***** 白菜の苗 *****
 8月24日に播種した白菜は、間引きした後、成長が著しく、本葉が出てきました。早生と中晩生の品種です。全部で40本の苗があるので、株間50センチとしても畝の長さが20m必要になります。白菜用に作った畝の総畝長は約17mなので、単純に見積もっても3mほど足りません。白菜の株間は、早生が50センチ、中晩生は60センチほどあると良いのですが、1畝に千鳥状に植えて、1畝の株数を増やさなければならないだろうと思っています。
画像2(白菜の苗)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ