ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キャベツの定植2012年04月19日 17時55分

[キャベツ] ブログ村キーワード

***** 畝作り *****
 午前中は今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、昼前になって晴れてきました。
 ジャガイモの畝の隣にキャベツを植え付けるため、耕耘機で耕しました。有機石灰、油かす、鶏糞、堆肥などを4月に入ってから入れています。その都度、耕して土をかき混ぜてありますが、畝を作る直前に、もう一度耕しておきました。
 畝幅は60センチ、畝長約6mあります。この畝の横にトマトやキュウリなどを植え付ける予定があるので、畝幅は50センチにすれば良かったと後悔しています。
 耕耘機で耕した後、畝立てをして表面をレーキで平らにしました。土が湿っているので、綺麗な畝が出来上がりました。
画像1(キャベツの畝作り)
***** 黒マルチを敷く *****
 土の保温をするため、黒マルチを敷きました。キャベツ栽培では、毎回、黒マルチを敷いていますが、しわが寄らずに張れたことがありません。マルチ押さえのピンがマルチを引っ張るので、どうしてもしわが出来てしまいます。
画像2(キャベツの畝作りマルチ張り)

***** 寒冷紗のトンネル作り *****
 苗を定植する前に、寒冷紗のトンネルを作りました。キャベツにはモンシロチョウが飛来し、葉に卵を産み付けます。ふ化したのが青虫です。晴れた日には畑にモンシロチョウがやって来ています。キャベツの葉の色を見分けることが出来るのか、キャベツを植え付けると必ず飛来します。
 寒冷紗でトンネルを作ってモンシロチョウからの被害を防ぎます。
画像3(キャベツの畝作り寒冷紗のトンネル)

***** キャベツの定植 *****
 3月1日に播種したキャベツのポット苗です。20ポットあります。苗自体は小さいですが、本葉が3、4舞い出ていると思います。この苗を定植しました。
画像4(キャベツのポット苗)

 キャベツは結球すると30センチほどになります。株間を30センチになるよう黒マルチに穴を開けました。
 開けた穴にたっぷり水を入れ、水が引いた後、苗を植え付けて行きます。
 定植後、寒冷紗の裾に土をかけて、虫が入り込まないようにしました。
画像5(キャベツ苗の定植)

***** 落花生とゴーヤのポット播種 *****
 落花生とゴーヤの種は、昨年秋に自家採種したものです。大粒の落花生は種苗店に購入依頼してありますが、未だに送ってきません。4月下旬、発送予定なので、来週中には届くだろうと思います。
 落花生はピーマンやシシトウとのコンパニオンプランツ用です。毎年、落花生をピーマンの隣に植えていますが、秋には収穫も出来るので楽しみにしています。今年は落花生16ポット、ゴーヤ4ポット蒔きました。落花生の苗は、こんなに必要がないので、余った苗を近所の方に分けてあげようかと考えています。
画像6(落花生とゴーヤの種蒔き)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック