ブログ「毎日が日曜日」内の検索

温室内に枝豆を蒔く2012年04月17日 22時24分

[枝豆] ブログ村キーワード

***** ビニールハウス内の準備 *****
 ビニールハウス内の植え付け準備をしました。
 既に堆肥や鶏糞などを入れていますが、土が乾燥していて粘性がありません。そこで、今日は表面の20センチほどの厚さの土を畑の土と入れ替えました。よく混ぜ合わせて整地しました。
 その後、ワラを敷き詰め保湿と土の保温を施しました。最後に、地温を上げるため黒マルチで全体を覆いました。これで、地温が上がり、保温と保湿が保たれると思います。
画像1(温室内の準備)

***** 枝豆を蒔く *****
 出来上がったビニールハウス内の畝に枝豆を蒔きました。種は近くのホームセンターで購入しました。緑色のコーティングがされている種です。
 ハウス内の北側の畝に30センチ間隔で黒マルチに穴を開け、1ヶ所に4粒蒔いています。当初は穴を3ヶ所開けて蒔く予定でしたが、種が余ってしまうので、北側の畝に2条×5ヶ所の穴に蒔いておきました。室内が狭くなれば間引く予定です。
 ビニールハウスは周囲をネットを張ったので、外から虫が入ることはありません。枝豆栽培ではカメムシの飛来駆除に苦労するので、この中に蒔くことにしました。
画像2(枝豆の播種)

***** 桜見物の帰り道 *****
 昨日、北杜市武川の「神代桜」を見物した帰りに、中央道「釈迦堂SA」で休憩し、中央道横の釈迦堂遺跡の博物館に立ち寄ることにしました。この博物館の庭に桜や桃、損保下の草花が咲いています。以前にも立ち寄って花見をしたことがあります。中央道下り線だと、階段を上がれば直ぐなのですが、上り線SAなので、測道に出て中央道に架かる陸橋をわたらなければなりません。SAの脇の通用口から測道に出ると、眼下に甲府盆地の東側が見渡せます。桃畑が点在し、桃の花の絨毯を見ることが出来ます。桃の花の開花は、例年とあまり変わらないように思います。
画像5(桃畑)

 中央道の陸橋まで来たとき、家内が「測道の北側下方に見える桜の木を見に行こう」と云いました。以前来たときに気になっていた桜です。かなり大きな木のように見えます。少し距離がありましたが、ブドウ畑の間の狭い道を下って、神社に着きました。
画像4(中央道から見た釈迦堂近くの桜)

 見物する人は誰一人いなく、ひっそりと静まりかえっています。神社でお祭りがあったのか、紅白の膜がかけられ。提灯がいくつもつり下げられていました。この神社、家に戻ってから調べると「大神宮」という名称のようです。地元の人だけがこの桜を眺めるのかと思います。先に見た「神代桜」での人出とは段違いです。
 長い枝が伸びて、桜の木の下に入ると、桜の花に包まれているようです。
 ひっそりと静まりかえった中で、かすかに風の音だけが聞こえる、この場所は、花見見物でにぎわう場所よりも、はるかに気持ちが落ち着きます。来年も、この桜を見に来ようと思います。
画像3(釈迦堂近くの桜)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ