ブログ「毎日が日曜日」内の検索

予報どおり暖かでした。2012年03月06日 18時13分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** 気温20℃ *****
 天気予報があたりました。今日は気温が上昇し、日中は20℃を越えていたのではないかと思います。強い風が吹いていましたが、生暖かな風でした。このまま暖かくなるとは思えませんが、少しずつ春になりかけています。
画像1(温度計)

***** 腐り始めた白菜 *****
 畑には十数個の白菜が残っています。外側の葉は枯れていて、昨日までの雪と雨で濡れています。そこへ今日の気温の上昇があり、中まで腐っているのではないかと心配になりました。午後、3~4個の白菜を採ってみました。根元のところが腐っていてドロドロしていて、臭いも強烈です。ダメかと思いましたが、穂と側の葉を取り除いて行くと中心付近は大丈夫でした。白菜の葉を剥いでいると、冷たくて指先が痛くなるのですが、今日の白菜は生暖かでした。残りの白菜も早く収穫してしまった方が良さそうです。
画像2(白菜)

***** キャベツとカブ *****
 カブとキャベツも、心配になったので採ってみました。カブもキャベツも腐っていることはなかったです。どちらも一回り大きくなっていました。
画像3(カブとキャベツ、白菜)

***** キャベツの発芽 *****
 今月1日に播種したキャベツの方は、今日の暖かさで発芽を始めました。4月中には定植したいので、早く発芽してくれないと間に合わないと思っていました。今日が5ポット発芽していましたが、明日以降、更に発芽が進むものと思われます。
画像4(キャベツの発芽)

***** 接ぎ木したキュウリ苗が... *****
 接ぎ木したキュウリ苗は、湿度を保つために、上から透明なプラスチックのコップをかぶせています。今日は暖かだったので、コップを外しておきました。2~3時間経って見ると、5本のうち3本が萎れていました。コップを外すのは早すぎたようです。慌ててコップをかぶせましたが、夕方になっても元に戻っていません。湿度を上げすぎると根腐れを起こすし、水をやらないと萎れてしまいます。温度は勿論のこと、水や湿度の管理が難しいです。
画像5(接ぎ木のキュウリ)

***** 突然の訪問に慌てるが... *****
 暖かくなるとの予報だったので、昨夜、河口湖の叔母のところに電話をして会いに行こうと考えました。電話をすると、叔母の明日の予定は午後2時から4時過ぎまでリハビリで家にはいないとのことでした。出かけるのをあきらめて、午前中、義父の四十九日まで使っていた祭壇や提灯の片づけをしました。
 片づけ終わった頃に来客がありました。私たち夫婦が結婚するきっかけを作った方で、市内の大きなお寺の住職さんです。宗派は違いますが、お経をあげてくれました。70歳を過ぎて、最近、お寺は息子さんに任せ、奥様と一緒にコンサートや野球観戦、旅行など行ったりして過ごされているということでした。「少し落ち着いたら旅行でもしたらどうですか」と、いわれましたが、家内と二人で旅行に出かけるまでには、まだ、暫く時間がかかりそうです。2時間近く話しをされて帰って行かれました。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

庭にリンゴの苗木を植える2012年03月07日 16時34分

[苗木] ブログ村キーワード

***** 注文したリンゴの苗木*****
 先週末、リンゴの苗木をネット通販で注文しました。リンゴの木を植えようと考えたのは、昨年10月26日に結婚式を挙げた次男夫婦から、式の後に会食をしたときに、花束の代わりにとフラワーギフト券を貰ったからです。家内と何にしようか考えて、実の生る木が良いのではということになりました。大手の種苗店通販ではギフト券が使えないので、近くの花屋さんに依頼しようかとも考えましたが、それも面倒なので、何度かネットで検索しました。四国の植木屋さんが果実の生る苗木を販売しているのを見つけ、早速注文しました。
 リンゴは新種の違う木を植えて受粉させるので、「ふじ」と「アルプス乙女」の2品種を購入しました。
 「アルプス乙女」は交配用に向いているということです。『つぼみは、小さくて可愛いピンクで、花は柔らかな花びらをしています。果実の重さは25g程で、糖度は15度あります。肉質は長円濃紅色しててやや粗く甘酸適和でジューシーです。主に「りんごあめ」として使用されています。』という説明がありました。果実は小さいようです。
 「ふじ」は、『果皮は色鮮やかな赤色で、果肉はシャキシャキとした食感で歯ごたえがあり果汁が多く甘みが強いので一度食べたら、やみつきになる味です。果実重は300g程で、糖度は16度あります。11月下旬頃が収穫時です。』との説明書きがありました。
 どちらの苗木も接木がされています。「ふじ」と「アルプス乙女」の相性がよいかどうか分かりません。
画像1(リンゴの苗木)
「ふじ」(左)と「アルプス乙女」(右)

***** リンゴの苗木の定植*****
 リンゴの木は大きくなるので、植えるには広い範囲が必要です。庭に植えるため理想どおりの広さが取れません。庭東側の日当たりの良い場所に1m程離して植えることにしました。芝生があるので、それを剥がして土を耕し、完熟牛糞堆肥を入れておきました。苗木のポットが入る穴を掘って、水をたっぷりと入れました。
画像2(植床を作る)

 接木の苗木なので、台木が土に埋まらないようにします。植え終わって、周りに溝を掘って、そこに再びたっぷりと水やりをしておきました。
 収穫が出来るまでには3,4年かかるそうです。上や横に枝が伸びてくると思われるので、誘引と選定をしっかり行って、庭の広さに合う大きさにして行こうと考えています。
画像3(定植したリンゴの苗木)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

ジャガイモの浴光催芽2012年03月09日 16時02分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

***** ジャガイモ 4品種 *****
 昨年は長野県の種苗店でジャガイモの種芋を購入しました。今年も購入するつもりだったのですが、この種苗店のホームページが更新されていなかったのでメールで問い合わせをしました。種芋は3月始めに販売するとの返事でした。今月に入ってホームページが更新されていたので、早速、ジャガイモのページを見てみました。今年も昨年と同じ4品種「ダンシャク」、「メークイン」、「キタアカリ」、「シンシア」を栽培する予定です。「ダンシャク」、「メークイン」、「キタアカリ」は販売していましたが、「シンシア」だけは「入荷なし」とありました。「ダンシャク」、「メークイン」、「キタアカリ」は近所のホームセンターなどでも手に入れることが出来ますが、「シンシア」は近所の店にはありません。仕方がないので、「シンシア」の種芋を販売している店をネットで検索しました。3月に入っているので時期が遅くなってしまい、ほとんどのところが「売り切れ」の状態でした。販売しているところがあっても、結構、割高です。送料も含めれば1キロで1000円以上になります。「ダンシャク」、「メークイン」、「キタアカリ」をネットで買うのをあきらめ、「シンシア」だけをネットで注文しました。「ダンシャク」、「メークイン」、「キタアカリ」は、市内のホームセンターで買ってきました。
 「ダンシャク」、「メークイン」、「キタアカリ」は各2キロ、「シンシア」は1キロの、計7キロになりました。
画像1(ジャガイモ)
 「浴光催芽」は、丈夫な芽を作るために行います。低温下で強い日光 に当てて芽を出させます。温度が20℃以上にならないようにします。ネットで購入した「シンシア」はすでに芽が出てきています。他の品種の種芋は芽が出ていません。2~4週間程度かけて植付時の芽の長さが約5ミリになるようにします。ジャガイモの植え付けは今月末を予定しているので、浴光催芽をするのは約3週間くらいになるかと思います。

***** キャベツの移植 *****
 ポットには2,3本のキャベツの芽が出てきています。間引きを兼ねて植え替えをしました。若干、徒長気味でもあったので深めに植えておきました。
 今月に入って暖かな日がありましたが、天気の悪い陽が多いです。今日は朝から雨で、午後遅くなって雪に変わりました。キャベツの播種は今月1日でした。気温が低く、曇りや雨の日が多いので、発芽したものの、その後の成長が遅いです。
画像2(キャベツ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

次々と苗が萎れています!!2012年03月10日 17時21分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** 今朝も雪景色です *****
 毎日、雨や雪が降っています。昨夜の雪で畑は真っ白になりました。日中には融けてしまいますが、翌日には再び雪におおわれています。畑の手入れをしていないので、ビニールトンネルは雪で押しつぶされています。畑のビニールハウスも屋根のシートが雪の重みで破れてしまいました。屋根にビニールシートを張って3年になるので、ビニールが劣化して破れやすくなっていました。今年は張り替えなければならないと思っています。
画像2(畑)
湿った雪でビニールトンネルがつぶされています

 戸外の気温は午前10時に4℃でした。その後も気温は上がらず、ほぼ横ばいです。夜間に雪が降ったり、曇り空だったりするので、明け方の冷え込みはそれほどでもな、最低気温はく0℃でした。夕方5時半に雨戸を閉めに外に出た時には2℃に下がっていました。真冬並の寒さです。
画像1(温度計)
午前10時、気温4℃(今朝の最低気温0℃)

***** 接木したキュウリの苗 その後 *****
 先月27日に接木したキュウリ苗は、その後、見た目はしっかりと育っていました。今日で2週間弱になるので、寄せ接ぎした苗はキュウリ側の茎を潰してみようかとクリップを外してみました。切れ込みを入れたところが全くつながっていなくて台木と穂木に分かれてしまいました。
 斜め接ぎをした苗の方はクリップを外しても外れることなく台木につながっていました。クリップ止めが少し大きかったので、ティッシュペーパーを小さく切って巻き付けてからクリップで留めていました。そのため、ティッシュペーパーが水を含んでいたので根が伸びてきました。昨年も同じようなことがあり、伸びた根を切って台木から養分が行くようにしました。
画像3(キュウリの接ぎ木)
接合部からキュウリの根が伸びています

 失敗した寄せ接ぎ苗は、台木と穂木の茎をそれぞれ斜めに切って、切断面を合わせてクリップで留めておきました。今年も寄せ接ぎは全て失敗してしまいましたが、斜め接ぎをしている苗は何とか活着しそうです。
画像4(キュウリの接ぎ木)
根を切ってクリップで留める
 その他の苗は、毎日、数本ずつ萎れ始めています。昨年までにはなかったことです。はっきりしたことはいえませんが、多分、日照不足と寒さのためかと思われます。今年は自前の苗を定植させることが難しくなりそうです。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ