ブログ「毎日が日曜日」内の検索

トマトのピン接ぎ2012年03月27日 18時14分

[トマト] ブログ村キーワード

***** トマトのピン接ぎを試す *****
 トマト台木用「Bバリア」がピン接ぎに適した太さになっています。穂木のトマトの方は台木に比べると細いのでピン接ぎは難しいと思われましたが、1株だけ試しにやってみました。
 台木の「Bバリア」の胚軸を斜めに切断し、軸の中心部にピンを半分差し込みました。
画像2(トマトの接ぎ木)

画像1(トマトの接ぎ木)

 穂木の方も胚軸部を斜めに切断し、台木のピンに差し込みました。切断面が密着するように差し込み、念のため、クリップで押さえてあります。
***** 庭の芝生張り作業 *****
 朝、起きて庭を見ると霜柱が立っていました。本日の作業は、まず、整地をして凹凸がないようにします。元々、道路から玄関までが上りの傾斜になっているので、この部分は傾斜をつけています。道路からすぐのところに雨水の排水のマンホールや止水栓があります。これまで、この上にも芝生を張っていましたが、芝の生育が良くなく、また、いつ何時、止水栓や排水溝を開けるひつようがあるか分かりません。そのため、この上には、玉砂利かバークチップを敷き詰めるようにしたいと考えています。
 庭は東西に長く、西から東へ向かって上がっています。新築したときに、庭師の方に芝生を張って頂きましたが、その時、庭の排水を考慮して、傾斜をつけてくれました。そのため、庭がいつも傾いているようで落ち着きませんでした。今回は、出来るだけ傾斜を緩くして平らに近くする予定です。
画像3(庭の整地)

 昼前にホームセンターへ行って芝生のターフを買ってきました。目見当で、30センチ四方のターフが200枚必要だろうと決め、20束(1束10枚)買ってきました。
 芝のターフを仮置きしてみると、予想通り、ピッタリ200枚でした。若干、間隔を広げたり、狭めたりしたところもありますが、買い足す必要もなくすみました。
 午後からは、土の凹凸を調節しながら一枚ずつ張り、ターフの間に目土を入れて行きました。目土は芝を剥がしたときに出来た残土です。2時間ほど、黙々と作業を続けましたが、しゃがんでする手作業なので腰や背中が痛くなってきました。40枚ほど張り終えたところで、本日の作業を打ち切りました。
 本来なら、目土を入れて張り終えた後に、みずをたっぷりとかけて芝を落ち着かせるのですが、今朝の霜柱を見て水やりはしないことにしました。明日は、残りの芝を張り終えて、完成させたいと思います。
画像4(目土入れ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ