ブログ「毎日が日曜日」内の検索

ジャガイモの植え付け準備2012年03月22日 17時29分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

***** 耕耘作業 *****
 9日前の先週13日(火)に畑を耕し鶏糞を入れてありました。今日は堆肥を少し入れて耕耘し、ジャガイモの畝作りをしました。堆肥は完熟牛糞堆肥で、20リットル×3袋を9m、6m、3mの計18m長の畝に入れました。途中、堆肥が足りなくなったので、ホームセンターへ行き、買ってきました。ここのところ毎日、ホームセンターへ出かけています。
画像1(耕耘)

***** 畝作りの図 *****
 ジャガイモの畝作りは、『家庭菜園大百科』(家の光協会著)を参考にしています。畝間70cmと書いてあったので、畝幅として若干広めですが60cm幅にしました。畝立てをした後、畝の中央部分をくわ幅で溝を掘ります。溝の深さは15cm、その溝に元肥、化成肥料を入れて、上から土を7~8cmもどして、その上に種芋を置きます。種芋を置いたら、その上に更に7~8cm土をかけます。
 こちらでは、元肥は土に鍬込んで耕します。溝を掘って元肥を入れないで、種芋と種芋の間に化成肥料を置いている畑が多いです。
画像4(ジャガイモ畝作りの図)

***** 元肥を入れる *****
 堆肥を少し鍬込んであるので、溝に入れる元肥も少なめです。化成肥料は入れていません。種芋を植え付けるときに、種芋間に一握りずつ化成肥料を置くことにします。溝に入れた堆肥の上から土を載せ、平らな畝にしました。
画像2(溝に堆肥をれる)

***** 3つの畝 *****
 午後3時過ぎまでかかって、ようやく3つの畝を作りました。各畝の長さは9m、6m、3mです。ナス科のジャガイモは、4月下旬に植え付けるトマトやナス等との植え付け場所を考えなければなりません。そのため、ジャガイモを植え付ける場所が制限されます。種芋は、ダンシャク15個、メークイン28個、キタアカリ24個、シンシア12個あります。ダンシャクは大きな種芋なので、すくなくとも3つに切り分けることになりそうです。他の種芋は2つに切り分けたとしても、計186箇所に植え付けることになります。植え付け間隔(種芋の間隔)を25cmとすると、合計18mある畝には74個ほどしか植え付けられません。もう少し間隔を狭めて植え付けたとしても、準備した畝だけでは植え付けれれない種芋が出てきそうです。間隔を狭めすぎると、イモが小さくなってしまうので、ある程度の広さが必要です。
 明日は天気が下り坂で、日曜日にならないと晴れないようです。来週に、もう一畝作っておこうかと思っています。明日からの2日間、場所探しをしてみます。
画像4(3つの畝)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック