ブログ「毎日が日曜日」内の検索

畑の準備2012年03月13日 17時04分

[大根] ブログ村キーワード

***** 地中保存の大根と里芋 *****
 昨年12月11日に畑の隅に穴を掘って埋めた大根と里芋を掘り出しました。1,2月中、少しずつ掘り出していましたが、今週に入って晴天の日が続き、今後、気温の上昇がありそうなので全て掘り出すことにしました。埋める前に、埋めた位置を知るために写真を撮っておいたのですが、いざ、掘り出してみると、場所がはっきりせず、あちこち掘り返してしまいました。1mの深さだったので掘り返すのも大変でした。
画像1(保存大根、里芋の掘り出し)

 大根は「冬取り聖護院」2個と「総武採り」1本です。
 1mの深さでも寒さが厳しかったのか、聖護院はヒビが入っていました。ひび割れは深く、中の方まで土が入り込んだためか、少し黒ずんでいるところがありました。
 「総太り」の方は、縦に入れていたので地表付近は溶けていました。
 3ヶ月間の地中保存でしたが、その間、寒い日が続き、土が深いところまで凍ってしまったのではないかと思います。低温で温度変化が少ない状態に保つために地中保存が向いています。今月に入り降雨と、ここ数日の晴天で地中の状態が変わってきていると思われます。
画像2(掘り出した大根)

 同じ時期に里芋も地中に埋めました。こちらは籾殻を敷き詰めて、その中に里芋を入れ、上から土をかけておきました。そのことが災いしたのか、少し溶けいる里芋がありました。里芋は土に触れていた方が良かったのではないかと思います。掘り出した里芋のうち5つだけは籾殻の中に入れて物置に仕舞い込みました。この5個は4月下旬頃に植え付けをする種芋にします。
画像3(掘り出した里芋)

***** 鶏糞の投入 *****
 昨日、有機石灰を入れて耕した畑に鶏糞を入れました。鶏糞はにおいが強烈なので、暖かい時期には不向きです。この時期なら近所の家でも窓を開ける機会が少ないので、大丈夫だろうと思います。ペレット状の完熟鶏糞なので、例え臭ったとしてもそれほどでもないのではと思っています。
 鶏糞を入れた後、畑を均して平らにしておきました。
画像4(鶏糞を投入した畑)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ