ブログ「毎日が日曜日」内の検索

2週間振りに見る富士山2012年02月12日 16時48分

[富士山] ブログ村キーワード

***** 七七忌法要の案内状配り *****
 午前中、親戚関係のお宅に案内状を届けに行ってきました。家内が一人で行くつもりだったようですが、私の運転で行くことにしました。
 最初、義父が入院していた病院がある近くを通り、忍野村の親戚の家に行きました。新しくできた道を通り、トンネルを抜けると、富士山が見えました。前に遮るものがないので、すそ野から山頂まで眺めることが出来ます。案内状を届けた帰りに、道路脇に車を止めて写真を撮りました。
画像1(富士山)

 忍野村は山中湖の隣にあり、冬の寒さが厳しいところです。富士山の湧き水でできた忍野八海などで有名で、夏は涼しいので観光客がやって来ます。
 所々に残雪があり、踏み込むとサクサクと音がします。ここ数日は寒さが緩んでいるため、雪が溶けて凍りシャーベット状態になっているためかと思います。
 富士山を見るのは、1月29日に義父が亡くなったときに病室の窓から見て以来です。遙か昔のように感じますが、まだ、2週間しか経っていないです。
画像2(富士山)

 忍野の親戚宅のあと、富士吉田市内の親戚に寄り、最後に、亡くなった義父の妹が住む富士河口湖町の親戚宅に行ってきました。義父の妹夫婦には子供がいなく、叔母は脳梗塞で左半身が不自由です。叔父が身の回りの世話をしています。叔母の世話で苦労が多いのか、めっきり年を取ってきました。義父の葬儀には会葬してくれましたが、叔父の身なりが気に掛かり、義妹や家内が心配していました。今日は、七七忌法要の案内状と共に、義父の礼服一式を持って行きました。叔父は義父に比べると体型が細身なのですが、試着させてみると何とか着ることが出来そうなので着て頂くことにしました。叔父は、普段ネクタイを絞める機会がなく、上手に絞められません。結び目をあらかじめ作っておいて背中側の部分にゴムを通して首にはめられる(高校生の制服のネクタイ)ように作る約束をして帰ってきました。
 帰路の途中、うどん屋さん(吉田のうどん)に寄って昼食をすませてきました。

***** トウガラシ *****
 家に着くなり、家内が腹痛を訴え、ベッドに横になってしまいました。暫く寝かせておくことにし、私は庭へ出てクリスマスローズの手入れや昨年、収穫して軒下につり下げてあったトウガラシの実を取って、ザルに広げ、天日干しをしたりしていました。
 暫くして、家内が庭に出てきて、「今、電話があり、弔問の来客がこちらに向かっている」と、あわてた様子で話しました。義父の家の玄関には「ご用の方は××-××××まで電話をしてください」と、張り紙がしてあるので、そちらへ行った方から電話がかかってきたようです。家内に来客の準備をするように伝え、私は国道まで出て来客の車がやってくるのを待つことにしました。程なくして、2台の車がやってきたので、自宅への案内をして、家に戻りました。
画像3(トウガラシ)
 来客は、義父が退職後3年間、特別養護老人ホームの事務をしていた頃の同僚の方4人です。義父の思い出話を聞かせて頂いたり、こちらからは義父の闘病生活の様子などをお話ししました。
 来客が帰った後、家内と「家を空けることが出来ないね」という話しになり、夕方、私が家に残り、家内が一人で、七七忌法要の案内状を届けに、残っている市内のお宅へ出かけて行きました。



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ