ブログ「毎日が日曜日」内の検索

謹賀新年2012年01月02日 17時11分


謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします。

***** 元日の畑 *****
 昨日の朝、畑は朝陽を受けて、霜がキラキラ光っていました。
 昨年は、年明けからトマトや茄子、キュウリの種を蒔き、接ぎ木苗を作り上げました。
 毎年、新しいことを試みようと考えていますが、さて、今年は何をしようか。まだ、やるべきことが決まっていません。これまで育てたことがない野菜を栽培してみたいと思ってはいるのですが、何にするかが定まりません。
画像1(元日の畑)

 先月11日に地中に埋めた大根を掘り出しました。写真では、上が根首になっていますが、保存してあるときは根首が下になっています。それでも根首のところには新しい葉が出てきていました。
画像2(地中貯蔵の大根)

***** お節 *****
 昨年末は、29日に義父が再々入院となり、家の中の片づけや正月の準備が出来そうにありませんでした。
 30日の午後に義妹夫婦がやって来て、義父の病院へ出かけ、義妹だけは夜になって我が家に戻ってきました。
 10月に結婚した、仙台に住む次男夫婦も30日の夕方にやって来ました。
 翌31日は、午前中に、お節を作りました。私や次男を含め、総勢5人がかりで、一気に作り上げました。
 我が家では、お節作りは、毎年恒例となっていて、年々、手際が良くなっています。一の重から三の重までで、それほど豪華というわけでもありません。新聞に手作りのお節料理は20%の家庭で行われているとありました。
 金糸タマゴの裏ごしや田作りなどは、私や次男の役割になっています。
画像4(お節)

 我が家の分と同時に、近所のAさんちや河口湖の叔母宅へ届けるものも作ります。下の写真は夫婦二人だけの、河口湖の叔母宅用のお節です。
画像3(お節)
 午後、次男夫婦を連れて、入院中の義父のところへ行き、その後、お節を届けるために叔母の家へ行ってきました。

 先月30日から来ていた次男夫婦は、昨日、午前中に仙台へ戻って行きました。夜になって義妹も東京に帰って行きました。入れ替わりに長男が夕方やって来ました。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

ニンニク、玉ねぎの寒さ避け2012年01月03日 20時50分

[ニンニク] ブログ村キーワード

***** ニンニクの葉が寒さで萎れています *****
 元気だったニンニクの葉が萎れています。寒さが厳しいので、寒冷地向けのニンニクでも耐えられないようです。玉ねぎも、一時期のピンッと伸びた葉が無く、どれも倒れてしまっていました。どちらも黒マルチを敷いていますが、茎が出ている部分の土は凍っています。
 ニンニクも玉ねぎも、寒さに強く、冬を越すことが出来るので、このまま放っておいても大丈夫だろうと思います。それでも念のため、畝の北側から上にビニールシートを掛けておきました。南側は開いているので、南側から風が吹けばシートが飛ばされてしまうだろうと思います。冬の時期なので南風は吹かないだろうと思いますが...。
画像2(玉ねぎニンニクの防寒)

***** キャベツ、ほうれん草にも防寒対策 *****
 京水菜、春菊、ほうれん草、キャベツには半ビニールトンネルにしてあります。畝の両端は開放してあるので横からの風が中に入りシートを吹き上げていました。寒さを防ぐ意味でも畝の両端を閉じておいた方が良さそうです。ビニールシートの長さが足りないので、ワラ束を積み重ねて塞いでみました。
画像3(キャベツとほうれん草の防寒)

 我が家の畑は、ビニールシートや寒冷紗でトンネルがあちこちにあって、菜園らしく見えません。
 2月下旬頃までは、畑は休眠状態です。
画像4(ビニールトンネルだらけの畑)

***** いつもの生活に戻りました *****
 先月30日から今日まで、次男夫婦や長男が帰省し、お正月らしい賑やかさがありました。
 長男が、午後、帰っていったので、夕方から、再び、家内と二人だけの生活に戻りました。子供達がやってくるのは、それなりに嬉しいものですが、いつもの家内と二人だけの静かな生活もイイものです。
画像1(雲)

 昨年暮れに家内の従兄弟が亡くなりました。正月に入ってしまったのですが、今日夕方、通夜があり、行ってきました。3人兄弟の従兄弟達で、その長男の通夜でした。両親も既に他界し、独身の3兄弟だったので、通夜も残された次男、三男と私たち夫婦、それに叔母の息子が県外から駆けつけ、計5人での通夜でした。明日の告別式にも参列する予定です。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

昼前に突風が吹きました2012年01月05日 16時53分

[ユズ] ブログ村キーワード

 朝から季節風が強く吹いていました。西風が吹き始めると、こちらでは晴天が続きます。子供の頃住んでいた日本海側では曇り空で行きが振ることが多かったように思います。寒さはどちらも同じかも知れませんが、湿気を伴った日本海側の空気の方が、私には合っているように思います。乾燥した太平洋側の冷たい空気は、肌を刺すような冷たさです。

 昨日、家内の従兄弟の葬式があり、家内と二人で参列しました。正午から約1時間、お寺での葬儀で、従兄弟の兄弟と河口湖の叔父、それに私たち夫婦だけのひっそりとした葬儀でした。
 帰宅後、家内は義父の待つ病院へ出かけ、夜になって帰ってきました。家内の話だと、「明日(5日)にチューブを腸まで入れる」とのこと。今朝、病院から電話があり、「外科担当の医師が話しをしたいので、12時に来院してほしい」との内容でした。病院からの電話を受ける度に「ドキッ」とすることが多いですが、内容を聞いて、少し安堵しました。
 私と家内は、それぞれの車で、相前後して11時10分頃に家を出て病院へ向かいました。私の方が先に出発しました。自宅から国道へ出る頃に、突然、強い風が吹き、土埃が舞い上がっていました。冬型の気圧配置が強まっているのではないかと思われます。

***** 富士見バイパスから見た富士山 *****
 富士吉田の富士見バイパスに入ると、急に視界が開け、前方に富士山が見えます。病院までは富士山に向かって走行することになります。
 デジカメの「LUMIX DMC-FX35」は、朝起きてから夕方、パソコンの前に座るまでの間、いつもベルトに付けて携行しています。車を走らせながら、カメラを取りだし、信号で停車したときに電源を入れ、素早く撮影します。
 西風が強いときには、富士山の東側に、山頂から稜線に沿って雲が張り付きます。
画像1(富士山)

***** 市立病院前から見たから見た富士山 *****
 病院の駐車場に車を入れ、坂道を上ると病院の正面玄関に出ます。病院前からの富士山は、その前に薬局があるため、遠景の富士山が大きく見えます。
画像2(病院前から見た富士山)

***** 院内4階ディルームから見た富士山 *****
 4階に病室に着きました。義父は口を開けて寝ていました。以前に比べると、やつれてきています。腸の動きが悪くなっていて、鼻からチューブを胃まで入れています。今日は、このチューブを外して、もう少し太いチューブを小腸まで入れることになっています。
 胃までチューブを入れるのは内科的な処置ですが、小腸までは外科の担当医が処置することになっています。
 外科医の話を聞くために来たのですが、12時を過ぎても医師が来なくて、午後1時前になってようやく話を聞くことが出来ました。医師の話だと、小腸までチューブを入れても腸閉塞の症状が改善されないかも知れないとのこと。その処置について家族が判断してほしいということでした。このまま放っておけば、より悪化するだけであるので、改善の見込みが少しでもあるならば処置してほしい旨を伝えました。
画像3(デイルームから見た富士山)
 病棟の4階にはデイルームがあり、入院患者の家族などが、電話を掛けたり、食事をしたり、手術中に待っている場所として使えます。外科医が来るまでの間、義父の病室やこのデイルームに居て待っていました。デイルームの窓からも富士山が見えます。4階なので遮るものがなく、正面に見えます。下の写真の右側には山頂から下ろした富士山ドームがあるのですが、画像が切れてしまいました。
画像4(デイルームから見た富士山)

***** 水を張った田圃 *****
 午後1時25分、義父は1階のX線テレビのある処置室に入りました。30分程度の処置になると聞いていましたが、入室して10分経過したところで、医師が出てきて、廊下で待っていた私たちに「若干時間がかかりそうだ」と話しました。鼻から入れるチューブが上手く誘導できない場合もあるので、そのときは、チューブと同時に胃カメラを入れるとのこと。胃カメラ用のモニターを内視鏡検査室から持ち出し、処置室に運び入れていました。内視鏡検査室前には、外来患者の方が椅子に座って待っていましたが、義父の処置の方が先になってしまったため、義父の処置が終わるまで待たされていました。
 時折、義父の嗚咽が、待っている廊下まで聞こえてきました。喉をチューブが通るときに発しているようで、苦しそうでした。
 待っている間、病院の外に出てみました。病院東側は一面田圃が広がっています。どの田圃も乾燥した土が風邪で舞い上がっていましたが、所々、水が張られていました。何のために水が張られているのか分かりません。寒いところなので、昔は田圃に水を張って凍らせ、スケートをしたという話を聞いたことがあります。近頃は水を張っても凍ることはなく、スケートも出来なくなったようです。
画像5(水を張った田圃)

***** 黄色く色付いたユズ *****
 30分の予定が50分になりました。午後2時15分に、義父が処置室から出てきました。病室の戻っても、目を閉じたままで、ウツラウツラと眠っています。時々、足先をビクッと動かす程度で、眉間にしわを寄せて、少し疲れた様子でした。
 今回入れたチューブは、前回のチューブのように自然にまかせて内液を外に出すのではなく、吸引器を使って強制的に排出します。病室に戻り、暫く経って、看護士が吸引器を運んできました。小型の温風ヒーターほどの大きさで、鼻から出ているチューブを吸引器側から伸びているチューブにつなぎセットされました。吸引設定圧は-10hPa(ヘクトパスカル)となっていました。
 ほどなくして、チューブを伝って液が流れ出てきましたが、つながれているチューブの途中に2本、別のチューブの端子が付いていて、その一つから液がこぼれ出ていました。それが床に落ちているので、心配になり、ナースコールを押して看護士を呼びました。漏れているのを確かめているようでしたが、来た看護士もよく分からないようで、別の看護士を呼びに行き二人で調べているようでした。しばらく調べていましたが、そのまま病室から出て行ってしまいました。チューブの端子を見ると、まだ、液が漏れ出ています。床を濡らさないようにティッシュペーパを何枚か敷いて様子を見ることにしました。

 義父が落ち着いて寝ていたので、午後3時頃になって、家内と交代で、遅い昼食をディルームで取りました。家内は、引き続き、病室に残り、私は自宅に戻ってきました。
画像6(黄色くなってきたユズ)
 今年に入り、ゆっくりと畑や庭を見ていることがなく、今年の夏野菜の種は何にするか決めるまでになっていません。昨年は、この時期、すでに種を購入し、ポット蒔きの準備をしていました。今年は3月に入ってから蒔く予定ですが、種の準備は、そろそろしておいた方が良さそうです。
 庭に植えたユズの木に、実が生っています。年が明けて一段と黄色くなってきています。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

畑の天地返し2012年01月06日 17時54分

[ニンジン] ブログ村キーワード

***** 大根の跡地 *****
 先月11日に大根の収穫を終え(聖護院大根だけは畑に残してある)、跡地に石灰を撒いて、そのままになっていました。寒さが厳しくなってきているので、土を掘り返して(天地返しと云います)、天日に当てておきました。深さ約30センチほどの掘り返しです。地中にいる害虫などを寒さに当てて駆除します。
 地表から15センチほどは凍っていて、掘り返すと板状の土の塊になりました。
画像1(大根の跡地の天地返し)

***** ニンジンの収穫 *****
 今季はニンジンも畑に残しています。地表に出ている葉は萎れて小さくなっていました。収穫しようとすると、この場所も土が凍っていて、スコップを当てて掘り出すと、土に突き刺さったような状態でニンジンが出てきました。
画像2(ニンジン)

 ニンジンの収穫と一緒に、カブも取りました。ずいぶん大きくなっています。こちらはビニールシートを風よけにしてあるので、葉はしっかりしています。
画像4(カブと」ニンジン)

***** ほうれん草の収穫 *****
 午前中、天地返しとニンジンなどの収穫を終え、家に戻りました。収穫した野菜を見て、家内が「緑の葉物の野菜が欲しい」と云うので、片づけ終えて戻ってきたのに、再び、長靴に履き替えて畑に行き、ほうれん草を取ってきました。
 このほうれん草は昨年10月18日に種を蒔き、2重ビニールトンネルで育てている「春秋2号」という品種です。4回、時期をずらせて種を蒔いていますが、「春秋2号」は2回目に蒔いたほうれん草です。ビニールトンネルの中が暖かいので、成長が他のほうれん草に比べると早いようです。本来なら、もう少し大きくなってから収穫すべきですが、緑の葉物野菜が欲しいとのことなので、比較的大きそうなものを収穫しました。
画像3(ほうれん草)

***** 義父の病状 *****
 義父の病状は、日に日に悪化しています。日中、眠っていることが多くなっています。鼻からチューブを入れているので、しゃべりづらいようです。今日も、午後から家内が付き添ってきました。帰り際に、「明日は何時に来るか?」と、たずねるようです。昨日も云っていました。以前入院したときにも、同じことを何度か聞いたことがありますが、今回は少し様子が違うようです。薄々何かを感じ取っているのかと思います。一人でいることに不安があるのでしょう。日中だけでも切れ目なく付き添ってやれれば良いのですが...。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ