ブログ「毎日が日曜日」内の検索

水掛菜の収穫2010年12月28日 16時00分

[収穫] ブログ村キーワード

 毎年、暮れになると、水掛菜を収穫して知人に送ったりしています。注文してある蕎麦が届き、その蕎麦と一緒に送るので、28、29日あたりで水掛菜を収穫しています。今朝、注文しておいた、富士山の麓の忍野の蕎麦が届きましたので、午前中に、オーナーになっている水掛菜の田圃へ行って来ました。
画像2(水掛菜の収穫)

 20束ほど作る予定なので、水掛菜を取るのも大変です。水が入っているので歩きづらく、腰を下ろすことも出来ないので、時々、休んでは腰を伸ばしています。
画像1(水掛菜の収穫)

 水掛菜の株を抜いて、畝の左右の水で泥を落とし、枯れている葉を取り除きます。根の部分をそろえるようにして束ねて行きますが、最初のうちは上手に出来ず、束ねるのに手間取っていましたが、今年は慣れてきたのか素早く束ねることが出来ました。それでも20束作るのに1時間半ほど掛かっています。
画像3(水掛菜の収穫)

 一畝の半分くらいまで収穫してしまいました。水掛菜は暮れから正月にかけて需要があり、今日の新聞広告には1束150円で販売されていました。まだ、畝の半分が残っているので、年内にもう一度、収穫しようかと考えています。
画像4(水掛菜の収穫)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック