ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キャベツの畝作り2010年12月23日 15時29分

[キャベツ] ブログ村キーワード

 昨日、石灰を撒いたところを耕耘機で耕しました。まだ、一昨日の雨のため、土が湿っています。念入りに、何度も耕してから、バークチップの堆肥を入れました。堆肥と一緒に化成肥料を撒いて、土と良く混ざるように再び、耕耘機で耕しました。
画像1(バーク堆肥)

 土をかき混ぜた後、畝を作ります。狭い場所ですが、一応、2畝にしました。畝の長さ3メートル、畝幅60センチ、畝間40センチです。畝高は10センチほどです。
画像2(畝立て)

 畝立てが終わったので、黒マルチを張りました。風が強く吹いていたので、マルチが風に煽られてしまい、張るのに一苦労でした。張り終えた後はマルチの穴開け作業です。キャベツとレタスを定植します。株間は40センチと、少し狭くしました。1畝に8個の穴を開けましたので、合計16株の苗を植えることが出来ます。
 ポットの苗は、キャベツが12、レタスが8ですので、20ポットの苗があります。キャベツを優先的に植えて、レタスは空いている場所に植えようかと考えています。
画像3(黒マルチ張り)

 トンネル用のビニールシートを買ってきました。幅1.8メートル、長さ5メートルのシートです。今日は、定植前に1畝だけトンネルを作ってみました。このビニールトンネルだけでは夜間の冷え込み、日中の温度上昇には対応出来ません。もう一枚、ビニールシートか、寒冷紗を掛けて、2重のトンネルにするつもりです。昨年はビニールシートの2重トンネルでした。今年は、この時期としては暖かな気候なので、上から寒冷紗のトンネルを作った方がよさそうです。
画像4(ビニールトンネル)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ