ブログ「毎日が日曜日」内の検索

白菜の収穫2回目2010年12月05日 15時32分

[白菜] ブログ村キーワード

***** 今朝の畑 *****
 今朝、畑に霜柱が出来ていました。日中の暖かさに比べると、朝晩は随分冷え込んでいるようです。玉ねぎが霜柱で押し上げられないようにしなければなりません。そのため植えるときに、土を押さえてシッカリ植えています。来週末には追肥を行うので、その際に浮き上がった土は押さえて固めておきます。
画像1(霜柱)

***** 早生白菜「きらぼし65」 *****
 先月24日に初収穫した白菜「きらぼし65」の漬け物は、そろそろ無くなってきましたので、今日、2回目の収穫をしました。前回は塩が薄かったためか、なかなか水が上がってこなかったので、今回は少し多めに塩を入れて漬け込んでみようと思います。
 今日、収穫したので、畑には収穫出来る早生の白菜が5株残っています。今月末に、残りの白菜を収穫して漬ければ正月用になりそうです。その他にも小さな株が8個あるので、1ヶ月後には、これらも収穫出来るまでに育ってくれているものと期待しています。
画像2(白菜の収穫) 画像3(白菜の収穫)

***** 中晩生白菜「きらぼし90」 *****
 中晩生の白菜「きらぼし90」も収穫出来るほどの大きさになっています。中晩生ですので、年を越して1月になってからの収穫を考えています。そのため、寒さ避けに葉を藁で縛っておきました。藁で縛った白菜は11個です。早生白菜同様、中晩生の方も、これ以外に10個ほど小さな白菜があります。これらの中には結球しかけているものももありますが、大半が結球前で葉が広がっています。毎日霜が下り続けると葉の中の水分が凍結して葉がダメになってしまう恐れがあります。寒冷紗を掛けて置いた方が良さそうですので、明日にでも寒冷紗トンネルにしようかと思います。
画像4(中晩生白菜きらぼし90)

***** 水掛菜 *****
 十日市場・夏狩湧水群にある田圃で、冬の間、水掛菜を育てています。今年も、その一つの畝のオーナーになるため、水掛菜の畑に行って来ました。畑の持ち主は不在でしたが、作業小屋に数人のおじさん達がいました。どのおじさんとも顔見知りなので、今年も一畝頼んでおいてくれるようにお願いしてきました。
 オーナーになる田圃には未だ、水が引いてなく畑の状態でした。水掛菜は順調に大きく育っているようです。おじさん達の話では、来週末の10日頃に水を入れる予定だそうです。
 案内してくれたおじさんは、自分の田圃には水を入れていました。畔には長ネギが植えてあり、水掛菜の外側には冬菜やホウレン草が植えてありました。田圃に入る水は富士山の地下水の湧き水で一年中水温が変わらず、そのため冬には暖かく感じます。田圃にこの湧き水が入ると、冷え込みが厳しい冬でも霜が下りることはありません。
画像5(水掛菜) 画像6(水掛菜)
毎年オーナになっている畑(左) 水が入っていた畑(右)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ