ブログ「毎日が日曜日」内の検索

畑の作業2010年11月21日 16時41分

[堆肥] ブログ村キーワード

***** ブロッコリー *****
 ブロッコリーが、そろそろ収穫出来そうです。茎ブロッコリー(下の写真左)は茎が短くて、茎ブロッコリーのようではありません。脇枝ではないので短いのか、よく分かりません。なにしろ、茎ブロッコリーは始めての栽培ですので...。
画像8(ブロッコリー) 画像9(ブロッコリー)

***** コンポストの堆肥 *****
 昨日、石灰などを入れて畑を耕しましたが、堆肥がないので困っていました。コンポストの生ゴミが堆肥になっているのではと思い、コンポストを開けてみることにしました。夏の間、ハエなどの虫が飛び交ったり、秋には小動物がコンポストの蓋を開けて中を漁ったりしていたので、生ゴミを入れる度に土を入れていました。そのため、コンポストを掘り出して中の堆肥を取り出すのに苦労しました。
画像1(コンポスト) 画像2(コンポストの堆肥)
 昨日の畑にコンポストの堆肥を撒いて、耕耘機で何度耕しておきました。堆肥の中に虫がいると考えられるので、数日、堆肥が乾くまで放置してから耕した方が良かったのですが、明日以降天気が崩れそうなので、今日のウチに耕すことにしました。
 耕した後、畝立てをして畝を作りました。この場所は、手前が広く、奥に行くに従って狭くなっているので、手前側を畝幅60センチ、奥が40センチにしてあります。
 手前側は、畑として使わず、大根やニンジンを貯蔵する穴を掘る予定です。
 この畝には大根「三太郎」、ホウレン草「オーライ」の種を蒔いてみようかと考えています。
画像3(堆肥を入れた畑) 画像4(畝立て)
コンポストの堆肥(左) 耕耘後に畝作り(右)

 コンポストの堆肥は畑に撒くだけでは無くならなかったので、残った堆肥を、堆肥作りをしている落ち葉の間に入れて、上から多量の水を撒いておきました。昨日、石灰や鶏糞などを入れてあったので、コンポストの堆肥を入れたことによって落ち葉が堆肥になりやすいかと思います。
画像5(落ち葉の堆肥作り)

***** 夜のビニールハウス *****
 ビニールハウスは、夜から朝の冷え込みを防ぐため、ロウソクを灯しています。点火するのは午後、日が陰ってきてからですが、昨日は午後5時を過ぎていました。大きなロウソクの他に、小さなロウソクも灯しています。そのため、ビニールハウスは暗闇の中に浮き出て見えます。暖かいオレンジ色の柔らかな明るさで、幻想的です。く
画像6(夜のビニールハウス) 画像7(ハウス内のロウソク)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ