ブログ「毎日が日曜日」内の検索

早生白菜の定植2010年09月11日 20時54分

[白菜] ブログ村キーワード

***** 早生白菜の定植 *****
 予定通り、本日、白菜の定植をしました。
 昨年は9月2日に植え付けをしていますので、9日遅い定植です。今年の天候からすると、まだ、植えつけるには早いかも(?)と、思っています。近所の畑では例年通りの時期に植え付けをしていますが、今月に入っても35℃前後の暑い日が続いています。朝夕は涼しくなりましたが、植え付けは10日から半月、遅くて良いのではないかと考えています。ただ、気温だけでの判断は禁物で、日照時間も考慮しなければなりません。8月下旬頃に比べると、随分陽が沈むのが早くなりました。午後6時を過ぎると辺りが暗くなっています。
画像1(白菜きらぼし65のポット苗) 画像2(定植位置)
白菜「きらぼし65」のポット苗(左)  45cm間隔の定植位置(右)

 株間は45~50センチと、種袋には書いてありました。植える場所が狭いので45センチ間隔にしました。穴を掘って、水をタップリ注ぎ、水が引いたところで苗を植えつけて行きます。
 長い方の畝に9本、短い方の畝に6本の計15本を植えました。ポットの苗は24ありましたので、9ポットが余ってしまいました。去年、定植後の生育が悪くて余っていた苗と入れ替えたことがあったので、9ポットの苗は植え替え用にとっておきます。
 今日、植えた白菜は早生65日型です。中晩生の「きらぼし90」は本葉が2枚出ていて、3枚目が出かかっているところですので、本葉が3、4枚になったら定植しようと思います。
画像3(白菜きらぼし65の定植)
植え付けが終わったきらぼし65

画像4(白菜きらぼし65の定植)

***** ビニール雨避けのトマトの完全撤収 *****
 ビニールで屋根を作った雨避けのトマトは、株を3本残してありました。大玉トマトの1個が赤くなったら撤収しようと考えていましたので、本日、片付けることにしました。
 四隅に杭を打って頑丈な作りにしてあったので、それらを片付けて、被っていたビニールシートや支柱などを外しました。
 トマトの根元にはニラを植えていましたが、トマトの株を引き抜くと、トマトの根にニラの根が絡み合っていました。今年、トマトにアブラムシが付くことが無かったのはニラを混植したためかと思っています。トマトの中に入り込む虫が多かったように思います。オオタバコガの幼虫かと思っていますが定かではありません。

 被っていた黒マルチも取り除き、有機石灰、油粕、堆肥を入れて耕し、新たに畝を作りました。本来なら石灰を撒いて2週間後に堆肥などを入れ、更に1週間後に植え付けとなるのですが、それだけの時間的余裕がありません。有機石灰の袋には、撒いて直ぐに植え付けが出来ると書いてありました。石灰や油粕を入れると熱が発生するので、それが収まり、堆肥などが土に馴染むようになってからの方が植え付けにはイイんだろうとと思います。
 2日ほど前にタキイのメールマガジンを読んで、耐寒性の聖護院大根と蕪の種を注文してしまいました。それが今日、届きました。トマトの跡地は蕪の種を播く予定です。
画像5(雨避けトマトの完全撤収) 画像6(雨避けトマト跡の畝作り)
雨避けを片付けた後(左) 新しい畝(右)
 本日の収穫で、今年最後の赤いトマトを採りました。大玉のホーム桃太郎なのですが、型が小さいです。シシトウや唐辛子、ピーマンも、ここにきて赤く色づき始めました。そろそろ収穫も終わりに近づいてきているのかとみています。
画像7(本日の収穫)
本日の収穫



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ