ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キュウリの種採り2010年08月01日 20時58分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** キュウリ「シャキット」の採種 *****
 ミニトマト、シシトウ、唐辛子、茄子などの収穫をしました。
 キュウリのシャキット種取り用も、今日、採ってきました。はじめて実が出来たキュウリで大きくなっています。色も黄色くなっていますので、採種出来そうです。
画像1(本日の収穫)

 カボチャやスイカ同様、ウリ科のキュウリにも雌花と雄花があります。キュウリも子房がある雌花のほうが果実になりますが、花粉が全く付かなくても実が付きます。そのため、キュウリの中には種が出来ていないものがあります。また、種が出来ていても交配が十分でなかった場合には種が少ない場合があります。
 今回採種用にしておいたシャキットの果実は、人工交配していませんので、種が無いかも知れません。有っても少ないのではないかと思います。
 大きくて曲がっていたので半分に切って、更に、縦に割ってみました。補足なんている果尻のところには種がなさそうですが、果頭付近の太くなっているところには種がありました。。
画像2(シャキットの切断)

 種を取り出し、種の周りに付いているゼリー状のものを除くため、金網の小ざるに入れて上から水を流します。米を研ぐ要領でかき混ぜていると、簡単に種だけを取り出すことが出来ます。
 この後、種の選別をしなければなりませんが、取り敢えず、今日はこの状態で天日に当てて乾かしておきました。

 作った野菜の種を取って、翌年、その種を播いて野菜を作ろうとしているのには、幾つか理由があります。
 毎年、数種類の新しい種を購入しています。そのほとんどがF1種(一代交配種)です。より作りやすく、美味しい野菜を提供しようと、種やさんは研究開発をしているのだろうと思います。こうしたF1種で同じ品質の野菜を、毎年作りたいと考えるなら、毎年、種を購入しなければなりません。私は、野菜作りで生計を立てているわけではなく、趣味で野菜作りをして楽しんでいるだけですので、少々、味や形が悪かろうと、一向に困りません。むしろ、無農薬栽培に近く、栽培方法も自身で納得してやっていますので、安全で、安心して口にすることが出来ます。子供の頃、祖母が作っていた野菜は、そんな野菜でした。スーパーに並んでいるキュウリを見ると、形はスマートで真っ直ぐです。大きさも揃っています。野菜を作っていると、こんな綺麗なキュウリばかりが出来るはずはないと思います。スーパーに並んでいるキュウリの方が異常ではないかとさえ思えてくるのです。曲がったキュウリや先細りや先太りのキュウリなどがあるのが自然です。消費者が好まないから店頭に並ばないのかも知れませんが、形が様々なキュウリを、真っ直ぐで形の整ったキュウリの横に並べて、値段を真っ直ぐなキュウリの半額くらいで売れば、果たして、消費者はどちらを選ぶだろうか。私なら曲がったキュウリを選ぶだろうと思います。
 もう一つの理由は、F1種から出来た野菜の種から、どんな野菜が出来るだろうかということに興味があるからです。もし、この種から育てた野菜が病虫害に弱く上手に育てられなかったり、味が極端に悪かったりするようなら、翌年は新しい種を購入しようと考えています。それと、種採りが難しい野菜もありますので、そのような野菜は、毎年、種を購入します。何が何でも自家採種して野菜作りをしようとは考えていません。臨機応変に出来るのも家庭菜園の良いところではないでしょうか。
 自分で作った野菜から種を取って、更にその種から野菜を作ることは、私にとっては、最も楽しいことでもあります。
画像3(シャキットの採種水洗い) 画像4(シャキットの種)
水を流しながらゼリー状部分を取り除く(左) 採種したシャキットの種(右)

***** ニンジンの発芽 *****
 一週間前に播いたニンジン「本紅金時」が発芽していました。
 3日前に播いたブロッコリーも発芽しています。天候の条件が揃うと発芽も早いようです。ニンジンの「Dr.カロテン」が2週間後に発芽したのに比べてみると、水と気温が発芽には絶対条件であることがよく分かります。「Dr.カロテン」を播種した後、晴天が続き、雨が降りませんでした。朝夕の水遣りはしていましたが、十分ではなかったようです。今回の「本紅金時」の場合には、毎日、夕立があり、日中は晴れて気温が高く、発芽条件を満たしていたのではないかと思います。
画像5(本紅金時の発芽)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

夏野菜、チョット一休みかな?2010年08月02日 20時58分

[キュウリ] ブログ村キーワード

***** 発根(?)したトマトの茎 *****
 温室内のミニトマト「イエローアイコ」は草丈が伸びすぎて、温室の天井に達しています。気温が上がり、上の方では50℃を越える温度になっているものと思われます。この付近の実は赤くならずに成長が止まってしまいました。
 茎が凸凹していましたが、やがて根のようなものを出しはじめました。気温が上昇し過ぎたことによるストレスや水分が不足しているためなのかも知れません。
画像1(温室内のイエローアイコ) 画像2(温室内のイエローアイコ)

***** 温室内のミニカボチャとキュウリ *****
 温室内のミニカボチャ「栗坊」は、アブラムシとうどん粉病、それに、高温による葉枯れがあって、花が咲かない状態が続いていました。蔓を下の方へ誘引したことが良かったのか、雌花が一つ咲いたので、早速、外の畑から雄花を持ってきて交配させました。これが結実すれば、温室内のミニカボチャは3個目になります。
 ミニカボチャの隣にキュウリ「シャキット」の苗を1本植えてあります。ミニカボチャの葉が日陰となり、アブラムシも付いて、草勢が極端に弱っていました。最近になって、ようやく蔓が伸び始め、花も咲いていました。形は悪いですが、実が一つ付いています。
画像4(温室内のミニカボチャ) 画像5(温室内のキュウリ)

***** 本日の収穫 *****
 ミニトマトの収穫が落ちてきました。ミニカボチャは、行灯仕立てのの蔓に4~5個実が生っています。1株だけですが、今日も2個収穫出来ました。結実したばかりの小さな実も幾つかあります。多く生りすぎると味が落ちるそうですが、一体、幾つ収穫出来るか試してみようと思います。
画像3(本日の収穫)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

ニンジンの間引き2010年08月03日 21時31分

[ニンジン] ブログ村キーワード

***** ニンジンの間引き *****
 今月1日に発芽したニンジン「本紅金時」の一回目の間引きをしました。「Dr.カロテン」は種子にコーティングが施されていたので、一粒一粒播くことが出来ましたが、「本紅金時」の種には、それがしてないので適当に1筋になるようにばらまきました。そのため、1ヶ所に何本も芽が出てきています。一条蒔きのようにはなりませんが、密集しているところを重点に間引きをしておきました。
画像1(ニンジンの間引き)

***** セロリーの採種 *****
 ニンジンを間引きした後、畑の草取りを少ししました。セロリーも完全に枯れてしまったので片付けました。そのまま捨てようかと考えたのですが、花が咲いていたのを思い出し、種を取ることにしました。
 セロリーの採種は初めてなので、種がどれなのかはよく分かりません。取り敢えず花殻を集めれば分かるのではないかと、花殻積みをしました。
画像3(枯れてしまったセロリー)

 ゴミを飛ばしながら極小の種のようなものを残しました。殻を被っているのか、これが種そのものなのかは分かりませんが、一度、試しに播いてみて発芽するかどうかを確かめておきたいと思います。
画像4(セロリーの種)

 トマトを定植したときに、トマトの根の下にニラを植えておきました。そのニラから花が咲きました。我が家の庭にはハナニラがありますが、花の形や色は、よく似ています。ニラの方が花茎が長く、固いです。
画像5(ニラの花)

***** 本日の収穫 *****
 キュウリは細々と収穫しています。毎日採ることは出来ませんが、1日おきに1~2本の収穫です。今日はシャキットが採れました。夏すずみに比べると歯触りが、名前の通りシャキッとしています。表面が凸凹していて、最初採ったときはキュウリではないように見えましたが、今では、夏すずみよりも好んで食べています。
 糠床が作ってあるので、茄子、キュウリの各1本は糠漬けようになります。
 ピーマンは一代交配種の実から採種したものです。沢山生っていますが、実が大きくなるのが遅いので、小さいうちから収穫しています。大きくなるまで待つと中に虫が入り込んでくることがあるので、早めの収穫です。
 オクラ、トウガラシ「甘とう美人」、シシトウ、トマトなど、毎日、少しずつですが収穫出来ています。
 今日のニュースでは、キャベツやレタス、トマト、ジャガイモなどが高値になっているようです。野菜を買わずに済むので助かります。
画像2(本日の収穫)

 ミニカボチャ「栗坊」が沢山採れているので、1個まるごと調理してみることにしました。今年の春先に、この種を買ったときにカタログを頂いたのですが、そのカタログに電子レンジで1個まるごと調理するレシピが載っていました。その後、カタログを近所のAさんに差し上げてしまったので、作り方がよく分かりません。家内には電子レンジでまるごと調理出来ることを伝えていたので、一昨日、スーパーへ行ったときに、カボチャの中に入れる肉などを買ってきてありました。
 午後、私は公園の草刈りをして、夕方、疲れて眠くなったので少し居眠りをしてしまいました。その間に、家内がミニカボチャを調理して電子レンジにかけてしまっていました。左手の3本の指をカボチャを切るときに怪我していますので、調理するときには私がやるつもりでいました。
 中に入れた具は、挽肉、玉ねぎ、ニンジンなどをフードプロセッサーでミンチにして、塩、コショウ、みりん、醤油で味を調えて、種を取ったミニカボチャの中に入れ、電子レンジにかけたようです。15分くらい経って、一度出して、カボチャが柔らかくなっているか確かめましたが、まだまだのようでした。更に、150Wで15分間、かけて、ようやく柔らかくなってきました。
 しかし、出来上がったカボチャは、中の具だけが固まり、カボチャの方は肉厚が薄くて、出来としてはイマイチでした。私が考えていたイメージでは、洋風に中の具はクリームソースで味付けをしてトロッとした感じに仕上げることでした。次回には、試してみようと思います。
 出来映えはあまり良くなかったですが、カボチャ、中の具は美味しくて、家内と二人で1個、食べてしまいました。後の2個は、それぞれAさんちと義父のところに届けました。
画像6(ミニカボチャの調理)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

カボチャのベッド2010年08月04日 21時20分

[カボチャ] ブログ村キーワード

***** 黒豆 *****
 黒豆の草丈が伸びてきました。一時は隣のカボチャに押しつぶされそうになっていましたが、ネットで垣根を作ったおかげで順調に大きくなっているようです。
 その黒豆に花が咲きはじめました。小さな白い花です。花が咲くのにあわせて、マルカメムシがやって来ています。黒豆の花が受粉出来るために薬剤散布は避けなければなりません。花が咲き終わったあたりから、マルカメムシ退治をしなければなりません。
画像3(黒豆) 画像4(黒豆の花)

***** カボチャのベッド *****
 先日、最初の1個を収穫して、家内が包丁で切ろうとして指を怪我させてしまいました。半分に切るところまでは良かったようですが、土に触れていたカボチャの表面が凸凹になっていたので、それをそぎ落とそうとして怪我をしたようです。
 カボチャは地面に接しているところには陽が当たりにくいのと同時に、表面が凸凹して汚くなってしまします。そこで、今日はカボチャの下に、植木鉢の水受け皿を逆さにして置いてみました。
 白い大きなカボチャは、一体幾つ生っているのか把握出来ていませんでした。水受け皿を置きながら、カボチャの数を数えてみたところ、大きくなっているカボチャが5個、こぶし大の小さなものが1個あることが分かりました。最初に収穫したのを入れると、合計7個になります。カボチャは2株でしたので、1株あたり3.5個です。1株あたりの収穫個数としては、これくらいかなと思います。収穫出来る数を増やすと、味が落ちると聞いています。
画像2(カボチャのお皿)

***** キャベツの苗に虫除けネット *****
 ポット蒔きしたキャベツとブロッコリーは子葉が出てきています。この後、本葉が出始めると、モンシロチョウがやってきて、葉に卵を産み付けて行きます。これに気付かずに、畑に定植すると、我が家の場合、ほとんど内側の葉まで食べられて、虫食い状態のキャベツになってしまいました。昨年から、幼苗の時には、写真のような簡易温室のビニールを外して、代わりにネットを掛けることにしました。網目が大きいので小さな虫は入り込めますが、モンシロチョウなどの大きな虫には効果があります。
 縦、奥行き、高さが約60センチの小さな箱状の手作りの温室です。ビニールシートとネットのどちらでも使えるように作ってあります。冬場は、夏野菜の種まき、苗育成用にも使っています。
画像1(虫除けネット)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ