ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キャベツとレタスを撤収しました。2010年05月18日 20時44分

[レタス] ブログ村キーワード
 畑にはキャベツが2個とレタスが10個ほど残っていました。
 キャベツを取るために畑に行ったのですが、畑には2個しか残っていません。レタスは小さいですが、幾つかは溶け始めていました。
 少しだけ残しておくのは面倒なので、今日、全部取って撤収しました。
画像1(キャベツとレタスの撤収)
キャベツとレタスの畝

 キャベツはトンネル栽培でしたので青虫が付いていません。大きな球になっているので、雨が降れば球割れしてしまいそうです。
 レタスは小さいですがずっしりと重く、中まで葉が詰まっています。家内から聞いた話では、義妹はレタスを買うときは軽いものを買うそうです。重くて中まで葉が詰まっているレタスは中の方が食べられないと云ってたそうです。
画像2(収穫したキャベツとレタス)
収穫したキャベツとレタス

 定植した夏野菜のトマト、キュウリ、ピーマン、茄子などはアンドン状に肥料のビニール袋が掛けてあります。丈が伸び、葉が大きくなってきたので、ビニール袋を外しました。支柱に伸びた茎を結わえて風で倒れないようにしておきました。袋を外したのでキュウリにウリハムシがやって来ると思われます。アブラムシの飛来もあるかも知れません。いよいよ、我が家の夏野菜の苗も、自然の試練に耐えて行かねばならなくなります。

アンドンを外したトマト

 そら豆は頻繁にアブラムシ対策をしてきたので、現在は目立った被害はありません。鞘が一段と大きくなってきました。収穫する時期も近づいて来たようです。

 義母は無事、短期入所を果たしました。これから1ケ月間、老健にお世話になります。送り届けた家内と義妹が入所中の説明を係の方から聞いている間、横に座っていた義母は居眠りをしていたそうです。別れ際には家内と義妹に手を振っていたと云っていました。根が明るい義母で良かったと思います。
 午後になって、私と家内で、義父の入院している病院に行って来ました。今後の治療について、担当医からの説明を受けるためです。これまでに3つの化学治療を受けていますが、最初に実施した治療が最も効果があったので、その治療を今回は行うとのことでした。担当医から話を聞きながら、義父には治療中の歯があることを告げたところ、明日から行う予定になっている化学治療を延期して、歯の治療を先に行うようにとのことでした。化学治療を実施すると体の抵抗力(免疫力)が落ちてくるので、歯が炎症を起こし化膿しているような場合には治療を行うことは出来ないとの話でした。入院して5日間経っていて、治療のための事前検査が終わっている段階での延期でした。この間、義父が医者に話す機会は何度もあっただろうと思うのですが、本人は全く意に介せず他人事のように考えているようです。
 担当医が歯科医に手紙を書いてくれましたので、その手紙を明日、歯医者さんのところへ持って行きます。
画像4(大きな鞘になったそら豆)
大きな鞘になったそら豆

ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ