ブログ「毎日が日曜日」内の検索

日本ホウレン草の初収穫2010年02月05日 16時17分

[ほうれん草] ブログ村キーワード

 ここ数日、寒い日が続いています。
 日中でも太陽が出ていないと風が肌を突き刺すような寒さです。
 太陽が出ているときとの差がかなり大きいです。
 今朝10時の気温は8℃で風が無く陽も当たっていて暖かく感じます。
 今朝の最低気温-7℃でした。
画像1(最近の気温)
最近の気温

 ポットに種蒔きをしたレタスの苗20個を室内で育てていましたが、次々に発芽し植え替えを行っている夏野菜のポットが増えてきましたので、レタスをキャベツのビニールトンネル内に定植しました。この時期だと加温が必要なようですが、家の中には置き場所がなくなってきたのでやむを得ず畑に植えつけました。2重のビニールトンネルなので、ある程度は寒さを防ぐことが出来ますが、最低気温がマイナスの寒い状況なので昼間と夜間の温度差が気掛かりです。
画像2(レタスの定植)
レタスの定植

 時期をずらせて計4回種蒔きをしたホウレン草の一つ、日本ホウレン草は一向に大きくなってくれません。寒いためかとも思いますが、藁を敷き詰めたり、半分ビニールシートを掛けたりしています。
画像3(日本ホウレン草)
日本ホウレン草

 先日、縮みホウレン草の間引きをしました。その前にはわさび菜を収穫しました。最近、緑の野菜が少ないので重宝しています。畝で購入した水掛菜も、まだ、少し田んぼに残っていますが、取りに行くのが億劫なのでそのままになっています。
 小さな葉の日本ホウレン草を収穫しました。保温には努めていましたが、根株に付いた土が凍っていました。大きそうなのを選んで取り、ようやく1回茹でて食べるくらいの量の収穫が出来ました。
画像4(日本ホウレン草の初収穫)
日本ホウレン草の初収穫




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

強風が吹き荒れています。2010年02月06日 15時12分

[野菜] ブログ村キーワード

 立春を過ぎましたが相変わらず寒い日が続いています。
 今日は風が強く、晴れていても風が吹くと寒さが身にしみます。
 昨日、日本ホウレン草を収穫して、茹でて食べました。寒さに当たっているため甘みが増して美味しいです。
 ホウレン草は昨日の夕食で食べきってしまったので、今日は雪の中から顔を出している冬菜の収穫をしました。
画像1(雪に埋もれた冬菜)
雪に埋もれていた冬菜

 一部顔を出している冬菜ですが、周りの雪が溶けた後に凍り付いています。根元を切って取ろうとしますが、葉に凍り付いた雪のため、なかなかうまく行きません。
 周期的に強風が吹いている中なので指先の感覚が全くなくなっていました。枯れた葉を取り除いている余裕が無く、早々に引き上げてきました。
画像2(収穫した冬菜)
収穫した冬菜

 先月下旬に種を蒔いたスイートバジルが昨日から今日にかけて発芽しています。まだ、数は少ないですが、自家採種したスイートバジルですので嬉しいですね。
画像3(スイートバジルの発芽)
スイート葉実の発芽(播種後1週間)

 ピーマンとシシトウも自家採種したものですが、昨夜、1ポットに3~4本出ていた幼苗を一回り大きな9cmポットに1本ずつ植え替えをしました。夕方、種蒔き用培養土を入れたポットを準備しておいて、夜にパソコンに向かいながら植え替えをしています。この時期、外は寒いので、戸外での作業は最小限にして家の中での作業が多くなっています。
 ペットボトルに入れた水をかけて土がバラバラにならないようにして、菜箸で1本ずつ根を傷めないように取り出します。新しいポットの土も水で湿らせ、菜箸で穴を開けて、その中に苗を入れ、周りを菜箸で押さえて行きます。室内で作業しているので、土がこぼれないように注意しながらやっています。
 植え替えが終わったポットに水をやり終えた後、しばらくの間、電気スタンドの下に置いて加温をしています。
画像4(ピーマンとシシトウ)
植え替えをしたピーマンとシシトウの苗




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

種蒔き苗の成長2010年02月07日 16時07分

[種まき] ブログ村キーワード

 夕方まで風が強く吹いていましたが、午後3時頃から風も弱まってきました。相変わらず寒いので、1週間経っても畑の雪が溶け切れません。寒冷紗の上に積もった雪は凍り付いていて、無理に剥がそうとすると寒冷紗が破れてしまいます。
 風が収まってきているので、明日以降は暖かくなって雪が溶けてくれるだろうと思います。
画像1(雪の畑)
溶けない畑の雪

 室内では、スクスクと野菜の苗が育っています。
 最初に種を蒔いたキュウリは本葉の2枚目が出てきました。草丈も伸びていますので、夜間に入れている簡易ビニール温室での保温が難しくなってきました。新しく、大きめの温室を作らなければと考えていますが、作業を始めるのが延び延びになっています。
画像2(キュウリの苗)
大きくなってきたキュウリの苗

 下の写真は、キュウリと同じ日に種を蒔いたカボチャの苗です。
 本葉が出る前の双葉が異常に大きくなっています。1枚目の本葉が出始めていますが、どちらが本葉なのか葉の大きさだけでは区別が付きません。

 今週後半は雨になる予想で寒さも緩んでくるようなので、畑の野菜達も元気を取り戻してくれるとイイと思っています。
画像3(カボチャの苗)
双葉が大きなカボチャ




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ

トマト苗の挿し芽と胚軸切断2010年02月08日 17時12分

[トマト] ブログ村キーワード

 昨夜、トマトの幼苗を胚軸切断してポットに挿しておきました。
 前回(1月24日)行ったトマト苗が全て根付いているので、今回はミニトマトのイエローアイコの胚軸切断を行いました。
 播種したのは1月23日、発芽日は1月29日ですので、まだ、双葉が出そろったところで苗自体は小さいです。
画像1(イエローアイコの胚軸切断)
胚軸切断したミニトマト「イエローアイコ」

 双葉の下で切断し、水に1時間ほど浸けてから、ポットに植えました。
 前回と比べると早過ぎるように思いますので、発根してくれるか心配です。
画像2(イエローアイコの胚軸切断)
切断した苗を1時間水に浸ける

 セルポットには、まだ、植え替えをしていないトマトの苗があります。1月24日に胚軸切断した苗が失敗したときの予備の苗でしたが、全て発根しているようなので、捨てるのも勿体なく、こちらの苗も軸切断して植えることにしました。
 下の写真のように本葉も幾つも出てきていて軸も太くなっています。
画像3(セルポットのトマトの挿し芽)
セルポットの植え替え前のトマト苗

 胚軸切断したときと同じように、水に1時間ほど浸しておきます。
 本葉が多く出ているのと、双葉の下で切断したのでは地中に入る軸の部分が短くなってしまうので、双葉を切り落としてしまいました。

 最初の本葉が出ている下まで地中に挿しています。
 始めて試みるのでシッカリ根付いてくれるのか分かりません。
 畑に定植した苗が成長して脇芽がでると、わき芽を欠いて挿し芽にしますので、それと同じではないかなと思っています。
画像4(セルポットのトマトの挿し芽)
ポットに植えたトマト苗、草丈が低くなっている。




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ